ワンツーワークス&StoneCrabs共同制作公演​『アスファルト・キス』


初日観劇しました。
まさに衝撃作。
今の世界にも怖いほど通じる作品です。
21日(日)まで。

演出のフランコとは「シェイクスピア探求ワークショップ」で出会いました。

b0131968_22203582.jpg


フランコのインタビューです。

終演後に遅くなっても会ってくればよかったなぁ。







ワンツーワークス&StoneCrabs共同制作公演​『アスファルト・キス』

■日時:2018年1月18日(金)~21日(日)
■会場:あうるすぽっと

■作:ネルソン・ロドリゲス
■翻訳:白坂恵都子+フランコ・フィギュレド
■演出:フランコ・フィギュレド+古城十忍
■出演:畑中智行(キャラメルボックス)、井上裕朗、大家仁志(青年座)、尾身美詞(青年座)、奥村洋治(ワンツーワークス)、永嶋柊吾(青年座映画放送)、穴田有里、関谷美香子(ワンツーワークス)、小林春世(キャラメルボックス)、近藤一輝(劇団民藝)、小結湊仁

■問い合わせ:ワンツーワークス TEL:03-5929-9130
■当日券は開演の1時間前より会場受付にて発売。
一般前売4,500円、当日4,800円/学生:3,000円(要学生証提示) 
豊島区民割引:4,000円(在住・在勤の要証明書提示)





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-01-19 17:26 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

映画『オリエント急行殺人事件』

b0131968_12370853.jpg


アガサ・クリスティは中高生の時に翻訳で読み漁り、大学生の時は英語で読み、映画やドラマも見ていますが、これだけ名優を並べられるとやっぱり観ちゃいますよね。
映像は隔世の感ですね。高いところからのカメラワークには酔いそうです。ジェットコースターは苦手なもので。
今回は名優たちのさまざまなアクセントが聞けて面白かった。


Behind The Scenes On Murder on the Orient Express - Movie B-Roll & Bloopers






「ポアロ」と言えば、この方はかなり原作のイメージに近いですよね。



25 Facts About Murder On The Orient Express

いろいろな裏話も聞けて楽しい。







にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-01-14 12:49 | 映画 | Trackback | Comments(0)

「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」

2016年12月に蜷川幸雄さん最後のプロジェクト
『一万人のゴールドシアター』
というのがありまして、60歳以上のシニアを対象に最終的に出演者1600人、さいたまスーパーアリーナで1回きりの公演でした。
演目は『ロミオとジュリエット』でした。


で、今年は「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」
が始まっています。


演目はモリエールの『病は気から』

私は稽古2回目に参加してきました。


久しぶりに行ったらやっぱり遠いわ、さいたま。

b0131968_01330189.jpg
で、やっぱすごいわ、シニアが一堂に会すると。
まだグループ稽古だからほんの一部なんだけど。

b0131968_01321220.jpg
全体では750人以上の参加者がいるらしい。
「舞台芸術のプログラムにより、老年ライフの充実を目指す。」
ということらしい。



「老人」「高齢者」「老年」という言葉には少し慣れてはきたものの、なんかまだ面映ゆく、
スタッフの皆さんの優しく手厚いアシストに、ありがたく思いながらもむずがゆいような・・・
まだまだ「老人初心者」だね、あはは。

ノゾエさんの笑顔を見るだけでなごんでしまうし、はえぎわのトミーや龍茶さんが居るだけでうれしくなってしまいます。

またちょっと変わった演劇体験が出来そうです。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-01-14 01:38 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

ダイエットもなぁ

先週の日曜日に『ロミオとジュリエット』の日英語朗読劇が終わって、ずいぶん前のような気がするけどまだ1週間もたってなかった。
毎回公演後に感想を書くのですがそれも書き終えて送りました。
その翌日に「シェイクスピアを原語で読む会」(『リチャード三世』)があって、あ、まだ今週のことなんだね。
留学生サポートに行って、映画『オリエント急行殺人事件』見て、ゴールド・アーツ・クラブの稽古にさいたま行って、今日はゆうびさんご出演の舞台を観に行って、久しぶりに英会話カフェ行って、合間に久しぶりに本屋に行って、孫のお迎えもしたり。
まぁ、次々と違うことをいっぺんにしてるから時間がずいぶん経ってる気がするのかな?
でも昔のことはつい昨日のような気がするんだよね。

あ、それでブログ検索で「ダイエット」って入れたらなんと最後に気にしたのは半年前だった。
その後すっかり忘れたと見えて、というか故意に忘れようとして、見て見ぬふりをしてずっと続けていた毎日体重計に乗って記録するというのもサボった結果、その結果が如実に表れている今日この頃。
「もういいじゃん、トシだし」という悪魔の声に負けて2017年を過ごした結果・・・
「骨折してたからしょうがないじゃん」と自分を甘やかした結果・・・
まずい、まず過ぎる。いくらなんでもダメだろ、なレベル。
若い時はなんとなくカンレキにもなったらダイエットなんて考えもしないだろうと思っていたような気がするが、
ヤバいものはヤバいのだ、んが!だって、重いんだもん、身体が。ジャマなんだもん、ゼイニクが。ストレッチすらサボってるな。トレーニングはなおさらだな。ウォーキングから始めるか?とりあえずまたぞろアプリに記録を再開してみた。ちっとはカロリー気にしてみる。てか、夕食後は何も食べない。甘いものは減らす。姿勢に気をつける。エレベーターやエスカレーターをなるべく使わない。万歩計を引っぱり出してみた。2016年にがんばってトレーニングし過ぎて心身ともにちと疲れたから今年はゆるいなりになんとか修正しよう。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-01-14 01:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日英語朗読劇『ロミオとジュリエット』終幕しました。

SAYNK第5回レクチャー&日英語朗読劇『ロミオとジュリエット』
お出かけ日和の7日(日)にたくさんのお客様に観て(聴いて?)いただいて無事に終幕しました。
ご来場くださいましたみなさま、本当にありがとうございます。

b0131968_16555815.jpg

SAYNKというのは「シェイクスピアを愛する愉快な仲間たちの会」の略称です。
この日英語朗読劇シリーズは昨年の1月に始まってこの回でちょうど1年になります。
私は第3回の『ヴェニスの商人』からゲストとして出演し、昨年10月の『ウィンザーの陽気な女房たち』に続いて今回で3回目の出演になります。
代表で演出・出演の瀬沼達也さんは関東学院大学で年に1回上演されているシェイクスピア劇の演出を長年務めていらして、大学卒業後もシェイクスピア劇を上演したいという卒業生とYSG(Yokohama Shakespeare Group)というグループを立ち上げその座長でもあります。
私は2017年の『間違いの喜劇』に出演しました。それが全部英語による上演での初舞台です。
瀬沼さんは関東大学内外でシェイクスピア劇の講演や公演出演をなさっていますが、そのシェイクスピア愛はとどまるところを知らず、最近はどうやらシェイクスピアご本人と夢の中で会話もかわしているようで風貌もなんだか似て来ました。
その瀬沼さんはなんとかして「シェイクスピア全戯曲を上演したい」という夢をずっと温めていらしたそうですが、ついに昨年横浜山手読書会のみなさんの協賛を得て、朗読劇ならば可能なのではとSAYNKを発足させたのです。
私は関東学院大学のシェイクスピア劇やYSGの作品は在職中に何度か観劇していて瀬沼さんのこともすごい人がいるものだと遠くから感嘆の目で見ていました。
それが昨年楽塾を離れてからにわかに私の中でシェイクスピア熱が高くなり、日本語では『オセロー』『十二夜』『マクベス』『ハムレット』『ロミオとジュリエット』などに様々な劇団で出演したことがあるのですが、英語はもともと好きですし、「原語でシェイクスピアを読みたい」という思いが大きくなりました。
YSGメンバーに知人がいたこともあり、しばらくお会いすることもなかったのですがSNSでまた交流するようになってあれよあれよとそれからシェイクスピアの英語上演にハマっています。
日本人が原語でシェイクスピアって?
っていろいろ(自分でも)ツッコミどころが満載だと思いますが、これがやってみると楽しいんですよね。
発音だってたいへんだし、現代英語とは違うし。
これは一体なんなんだろう?って自分でも思いながらしばらくは続けようと思います。

「シェイクスピアはよく知らないけど」
「英語はわからないけど」
「あなたが出てるなら行ってみようかしら?」と言って来てくださって
「意外と面白かった。」
と終演後に言っていただくことも増えました。
シェイクスピアがもともと好きな方はもちろん、新たにシェイクスピアと出会って好きになってくれる人が増えるのはとてもうれしいことです。



高木登さんが早々に劇評をアップしてくださいました。











にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-01-09 17:39 | Shakespeare | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る