mother ~特攻の母 鳥濱トメ物語~

去年ヘルプマン!で共演した亜古ちゃんが出演する舞台を新国立劇場に観に行きました。

戦後66年を飛び越えて  mother ~特攻の母 鳥濱トメ物語~


「特攻の母」と特攻隊の青年たちに慕われ、戦後は進駐軍の米軍兵士たちにも「マミー」と親しまれた「富屋食堂」の鳥濱トメさんと出撃前夜の特攻隊員との交流と彼らひとりひとりの思いをていねいにすくいあげたすばらしい舞台でした。

押しつけがましくなく、誰かを責めるでなく、卑屈になるでなく、ただその時代を懸命に生きて死んでいった人たちを優しく大切に舞台の上にのせていました。

演じている若い役者さんたちの彼らの生きた証を伝えたいという強い思いが見えました。
公演は明日(31日)までですが、今日が楽日になる役者さんのあいさつがカーテンコールでありました。
「その時の特攻の人たちの気持ちが今の平和な時代に生きているぼくらにわかるわけはないんですけど、わかろうとしなきゃ知ろうとしなきゃと思いました。それを伝えていくのが自分の仕事なんだと思いました。」
という趣旨の話をされました。
きっと役者さんたちもものすごく勉強していろいろなことを思ったんだろうなと感じました。
ひとりひとりの描き方がていねいで、ひとつひとつのシーンが大切に演じられていて好感がもてました。これからも上演され続けることを願います。

b0131968_0265494.jpg
終演後亜古ちゃんと萌夏ちゃんと。

b0131968_028666.jpg
若くてさわやかな男優さんがたくさん出演してらしたので終演後はみなさんファンらしき女の子たちに囲まれていました。


 

CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/16033380
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2011-07-31 00:29 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る