ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

三叉神経痛

先週突然右目が痛くなりまして、
とにかく右目の奥が痛くて涙はボロボロ出るし、朝は眼が覚めても眼が開けられない状態でした。
逆さまつ毛かと思って眼の中をのぞきこんだりしていましたがなかなか治らず。
コンタクトレンズをしている時はよく傷がついたのでそれかなとも思ったり。

かかりつけの眼科医さんが病気療養中なので、やむなく他の眼科医へ。

「ヘルペス性の三叉神経痛です。今日来てよかったよ。失明する可能性もあるコワイ病気です。」

と診断され、一瞬ビビりました。

聞きなれない病名なので
「は?さんさ???」
「もともと人間の身体の中にあるウィルスだけど、過労やストレスで悪さするんだよ。
手遅れになるとたいへんだけど、今日見つけてあげたから大丈夫」

アレルギーの目薬をさしていると言うと
「むだ。ピントはずれ」
さらに質問しようとすると
な、なんと手で払うような仕草をされ、看護師さんに
「説明してやって」
と丸投げ。

その前の診察の時は検査薬をさされてしみるので思わず眼をつぶると

「甘えてないで、開けて。」

と冷たい口調。

はぁ? 何それ? 何さまよ、あんた?
とつっこみそうになりましたが、こちらは治してもらわなきゃならない弱みがありますからね。

お医者さま、とは言え、きょうびまだこんな医者がいるとは。

まぁったく不愉快でしたが
まぁ、治ればいいわけだからね、と自分に言い聞かせ真面目に薬を飲んで目薬差して
翌日も眼底検査に出かけました。

そうしたら今度は別のお医者さんで昨日とは打って変わって話もよく聞いてくれるし、説明もきちんとしてくれました。
昨日のは院長だったらしいのですが、あの尊大な態度はなんとかならんのかいな。


まぁとにかく良くなってきたのでよかったんですけどね。


病院にかかることが多くなるとこうやっていろいろ我慢しなきゃならないことも増えてくるのかしらん。
医者からみれば患者は圧倒的に弱い立場だけど、だからって医者が強者ってこともないしちゃんと診察代は払っているわけだし、医者は治すのが仕事なんだからさぁ。
ま、人間性の問題だよね。
なんて言っても、身体が弱ったり、ココロが弱ったりしているときは怒る気力もわかないよね。
いまのところ他の病院ではあまり不愉快な思いをしていないから久々でちょっと気になりました。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/16715393
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 香苗 at 2011-11-07 08:48 x
具合はいかがですか?目が痛むのは怖いですよね。
ヘルペスって色々なところに影響が出てくるものなんですね。私の夫は疲れがたまると口唇ヘルペスが出ます。たまになんですけどね。

それにしても、その院長様はキツいですね。手で追い払うなんて信じられない!
私も夏に耳鼻科へ行ったとき同じようなことがありました。薬の使い方が分からないから説明を聞こうとすると、『もう一度言わないと分からない?』と言われ、イライラしてるのが伝わってきたのでそれ以上聞けずじまいでした。
都会のお医者さんは怖い!って思ったのを覚えています(笑)

先生、目を使いすぎないよう、無理されずゆったりしてくださいね。
Commented by emilio at 2011-11-07 23:03 x
美由紀様、それは大変でしたね! 確かに、ヘルペスが顔に出ると、それも目の周りとかだと本当に大変だと想います。
しかし、今時そんな尊大な偉そうな医者がいるだなんて驚き!
医者もサービス業だと思うんですが…。
Commented by sk_miyuki at 2011-11-08 11:59
香苗さん、ありがとうございます。
私は今回は眼の奥でした。
やっぱりいろいろなことが重なっている時になるんですよね。
私は自覚が遅いので身体のほうで教えてくれるんでしょうね。
Commented by sk_miyuki at 2011-11-08 12:07
emilioさん
ほんとですよね。
しかも明らかに強い立場の人が弱者にそういう態度を取るのは最低ですよね。
私も自戒しなくては。
by sk_miyuki | 2011-11-07 01:08 | 健康 | Trackback | Comments(4)