「にもかかわらずの笑い」

某鉄道会社のフリーペーパーに日本笑い学会理事の伊藤一輔さんのエッセイがありました。
そこには笑いが健康に良いことが医学的に実証されていることが具体例とともに紹介されています。
笑いが免疫力を高めて病気の治癒力を高めることは明らかで、面白いのは「つくり笑い」でも免疫機能が高まり、ガンの予防になるそうです。
また脳をリセットして自然治癒力を増強し、「笑い」のほか「自分の好きなことに熱中」、笑えないなら「泣く」ことも有効だといいます。
また脳が活性化するだけでなく、やる気が出て、運動効果もあり、20秒笑うと3〜5分運動するのと同じだとか。
―笑いは苦しみ悩む人間に与えられた贈りもの―

「にもかかわらずのスマイル」はドイツのユーモアの定義で、笑いが最も辛い時、絶望的な時にこそ私たちに力を与えてくれるということ。人間は「生老病死」の色々なことで悩み苦しむけれど、笑いは自分への応援歌、心の武器、笑いはこの世唯一苦しみ悩む人間に与えられた天からの贈り物だと結んでいます。



去年の3月から「にもかかわらず」笑ってしまえ、という強さが私たちに必要とされていると感じます。
大きなことに対してだけでなく身の回りに起こる私的な災いに対しても、憤りも怒りも苦々しさも不安も全部ひっくるめて笑ってしまえ、という強さが。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/17573071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2012-01-09 17:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る