一度に全部の道路のことを考えてはいかん。

楽塾が今年の夏ビクトリアフリンジに参加することになって英語関係の仕事も増えてきた。
あれこれ手分けしていますが、なかなかたいへん。
私も字幕作りを手伝うことにしましたが、なにしろ初めてだし英語だしシェイクスピアだし
手はあげちゃったけど大丈夫か、おい!
で、手をつけ始めたら思わずくらっときました・・・

でも、たいていのことはなんとかなるんじゃないかと思えて来ました。
励ましてくれる人も手伝おうかと言ってくれる人もたくさんいるし。
ああでもないこうでもないと、エクセル表の日本語の台詞とサイトにあった英語の台詞をいじくりまわし、台本と訳本と原語の本をあれこれひっくり返して見ながら第一段階は眼鼻がついてきた(ような気がする)。
わけわからんくても自分なりにあれこれやってるうちに必要なことは出来るようになるもので、高度なことは出来なくても試行錯誤でなんとか。気づくのは半分くらい進んでからだったり、知ってみると、今までの手間と時間がアホじゃん、と思えることも多いけど、知ってる人に聞けば、なぁんだ、ってことも、苦労した甲斐はあるんだろうし、ま、少なくともアタマ多少使ったし。シェイクスピアはもともと好きだし、かなりさびてるけど英語も好きだし。お勉強好きなんじゃん、あたし、を実感しています。ま、好きなことを学ぶのは本来楽しいものだよね。

この先果てしなく続くだろう作業のことを思うとくらくらしますが

こんな時は「モモと時間どろぼう」のレンガ掃除のジッポだっけ?
の言葉を思い出します。
実は初めて芝居らしい芝居に出た時の役がこの芝居の狂言回し役的な「男1」でした。
本からの引用です。



「とっても長い道路を受けもつことがよくあるんだ。
おそっろしく長くて、これじゃとてもやりきれない、こう思ってしまう。
そこでせかせか働き出す。
どんどんスピードをあげてゆく。
ときどき目をあげて見るんだか、いつ見ても残りの道路はちっともへっていない。
だからもっとすごい勢いで働きまくる。
そしてしまいには息が切れて、動けなくなってしまう。
こういうやりかたは、いかんのだ。
一度に全部の道路のことを考えてはいかん。
次の一歩のことだけ、次のひと呼吸のことだけ、次のひとはきのことだけを考えるんだ。
いつもただ次のことだけをな。
すると楽しくなってくる。これが大事なんだな。
楽しければ仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。
ひょっと気がついたときには、一歩一歩すすんできた道路がぜんぶおわっとる。
どうやってやりとげたかは、自分でもわからん。
これがだいじなんだ。」



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/19888752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2013-01-24 13:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る