リチャード三世の復元された顔

シェイクスピアの『リチャード三世』はかなり好きで
なんてことを時々書いていて
つい先日も、と思ったらもう3カ月前ですが
リチャード三世と言えば私のイメージはその時にアップした文庫本の扉の
ロバート・ヘルプマンなのですが、その人物像にはかなり好感を持っていまして
シェイクスピアでは極悪非道に描かれているけれど
実際のリチャード三世は善王だったと何かで読んでなんとなくうれしかった記憶があります。

そんなことで今回のニュースは興味深かったですね。
リチャード3世の顔、発掘した骨から復元 ロンドン2013年02月06日

Richard III: king's face recreated from skull discovered under car park

あらら500年後にようやく骨が?
えっ?ホントに?
なんて思っている間にあれよあれよと顔が復元されて発表・・・びっくり!
あらあら、子孫の方もいらしたのねぇ。

穏やかな優しそうなお顔でなんとなくうれしい。
ま、人間、顔じゃわからないですけどね。
いや、けっこう表れるかな。

動画もアップされていますね。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/19963281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2013-02-08 10:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る