DVD:人生に乾杯!(2007年ハンガリー映画)邦題はなんだかなぁ、だけど

人生に乾杯! [DVD]

東宝



この映画が上映されていたとき、少しだけ話題になった時があってその時になぁんとなく気にかかっていたんですよね。

ちょっとこちらから引用させていただきます。


1950年代後半、ハンガリー。労働者階級出身で、共産党の要人付きの運転手エミル・キシュ(エミル・ケレシュ)は、摘発のために城館に乗り込む。すると天井から、身を潜めていた伯爵令嬢ヘディ・フェレギ(テリ・フェルディ)が落ちてくる。ヘディはダイヤのイヤリングと引き換えにその場を助けてもらい、2人は恋に落ちる。それから50年後、2人は年金受給もままならず、苦しい生活を送っていた。エミルの愛車チャイカと本のコレクションの代わりに、思い出のイヤリングも借金のカタとして取られてしまう。自分の亭主関白を反省し、高齢者に冷たい世の中へ怒りを感じたエミルは、郵便局で紳士的な強盗を働く。続いてガソリンスタンドを襲うが、その姿が防犯カメラに映ってしまう。夫が犯人だとは信じられないヘディは、警察の捜査に協力する。警察と一緒に自宅でエミルからの連絡を待っていたヘディの元に、1本の電話が入る。奮闘する夫の姿にかつての愛情を取り戻したヘディは、一緒に逃げる決心をする。2人は紳士的な強盗を繰り返しながら、チャイカで警察の手をかいくぐっていく。自分たちの正義のために行動する彼らに共感した老人たちは立ち上がり、町には模倣犯が溢れ出す。2人は、エミルのかつての友人で、キューバからの移住者であるホアンの家に身をひそめるが、警察に居場所を知られてしまう。そこで、バスで家の塀を破って強行突破しようとして、女刑事のアギ(ユディト・シェル)を轢いてしまう。エミルたちは動揺し、アギを連れて逃走する。アギの恋人で刑事のアンドル(ゾルターン・シュミエド)は、彼女を救うため捜査に加わる。自分を看病するヘディの優しさに触れたアギは、次第に夫妻との距離を縮めていき、なぜ彼らが強盗を働いたのかを知ろうとする。30年前、夫妻の息子アティラが自転車旅行に出かけようとして、軍用トラックにはねられるという事件があった。そして一行は、息子が眠るパイオニアキャンプ場に向かう。 【キネマ旬報データベースより】



つっこみどころはいろいろあるし、物足りないところもありますが、

十分な年金をもらえず、社会からも冷遇されている老夫婦が強盗をしながら逃避行。
この二人の運命の出会いやら息子の死など伏線らしきものもあるのですが
追い詰める警官のカップルやらなにやら

正直前半はちょっとゆるすぎて居眠りしそうにjもなりましたが
二人で逃避行を始めて
ニュースで取り上げられて
高齢者から支持されるようにさえなって
模倣犯まで出ちゃう・・・。

この二人がですね、どんどん輝いて行くんですよね。
夫はカッコ良くなり
妻はかわいくなり
愛を取り戻し・・・

そりゃあ、犯罪はいけませんよ、いけませんけど
この老夫婦をついつい応援したくなっちゃうんですよね。
年寄りをナメちゃあかんぜよ! っていう

この手の高齢者映画(?!)にはついほのぼのしてしまいます。
ま、現実はほのぼのしてる状況じゃないからなんですけど。

ラストは賛否両論のようですが
私は追跡していて人質にもなった女性警官と一緒に
ニヤリとしてしまいました。
この警官役の女優さんもよかったなぁ。

少子高齢化だなんだって、少子化対策には手帳配りとか高齢化は迷惑、というような、そういうの違うよね。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/20562449
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2013-06-07 17:20 | DVD | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る