英語で演劇ワークショップ

この形式のワークショップは前回に続いて2回目の参加

Nativeの演劇指導者から英語で演劇のレッスンを受けられるなんてかなり貴重だと思う。
しかも講師はとっても気さくでレッスンはただただ楽しい。
英語のほうが声のトーンやピッチやイントネーションに変化がつけやすいので感情表現もしやすいように思う。
コメディのscriptのやりとりなどは特に楽しい。

このワークショップでは前半に状況や場面やstatusに応じた表現を練習するのですが、それも演劇の手法で実際に相手と話すのでまったく堅苦しくなく、初めての人ともすぐ打ち解ける。
学校の文法ではありえない使い方もあったりして面白い。

後半はscriptを使ってacting
「会話練習用」なんかではない本物の台本だからもともとうまく出来てるし、演技もそれぞれに工夫できる。
なにしろ英語と演技がいっぺんに楽しめるのがいいよね。
久しぶりに3時間以上も英語が話せてよかった。
b0131968_353162.jpg




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ


[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/24959744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2015-10-04 03:05 | ACT in 英語 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る