初めましてのドクター

降圧剤がなくなりそうだったのでかかりつけのクリニックへ。
顔なじみの院長は訪問診療なども始めたらしく忙しいようだ。今日はまたちょい若め、さわやか系のドクターで質問やひとりごとの多いなれなれしいおばちゃん患者にも笑顔で対応してくれた。
血圧は142-86 でちょい高め。
今日はジムでエアロ系のレッスンに2つ出てしっかり汗をかいてきた。
運動前の血圧は170-86だったからおっとぉ、と思ったが終わった直後は105-65だった。
なんじゃこりゃ。
そして午後のクリニックではちょい高めで薬はそのまま「ユニシア」で次回は検査をすることにした。
「注意することはもう聞き飽きてますよね?塩分控えめにとか?」
「はい。塩分は控えてるし、運動は十分してるし、たばこは吸わないし、アルコールも控えめだし、コレステロールが高いときは小麦も卵も乳製品も控えてたし、もうあと何すりゃいいの?って感じです。」
「はぁ、できることはみんなしてるんですね。」
「はい。もうあと何すればいいんですかね。でもまぁ、しょうがないですよね、遺伝もあるし」
「ええ、まぁ、しょうがないと言われればそうなんですが。
もう少し薬は続けましょうか。」
と、さわやか笑顔。
「院長はお忙しいんですか?」
「そうですね。ぼくもこの4月から入ったばかりなんです。よろしくお願いします。」
「院長に会いたかったんですけどね」(←なんて失礼なヤツ)
「いる時もあるので受付で聞いてみてくださいね。」
(あくまでもさわやか笑顔)
「あ、別に先生に会いたくなかったということではありませんので。
これからよろしくお願いします。」(←今頃か?)

それはともかく、血圧はなぁ、でも140や150どってことないんちゃう?やっぱダメ?
でも降圧剤飲みながら長生きする人もいるし、わかんないよね。
前に薬局で
「一病息災といいますものね。ひとつくらいあったほうが気をつけるのでいいんですよ。」
って言われたけどそれも言えてるかも。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/25862283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2016-05-31 19:38 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る