Kawai Project:間違いの喜劇

少し前ですが:観劇メモ

河合祥一郎さんの新訳による『間違いの喜劇』をご本人の演出で。
Kawai Projectのサイト
「この公演のために新たに訳出をしますが、脚韻(ライム)をすべて訳出します――ものすごく大変な作業です!!!――ので、台詞の面白さをぜひ味わってください。そのあたりも、これまでのシェイクスピアと一味ちがった味わいになることでしょう。」
とありますが、
シェイクスピアのライムが日本語の中にすっかりはまっています。
河合先生のシェイクスピアへの愛がいっぱい詰まっている舞台でした。
しかもすべての台詞が生身の人間の言葉として伝わってくるのは役者さんたちの並々ならぬお力。
アフタートークは衣装の月岡彩さん、ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者の中山真一さんでしたが、稽古中の裏話やそれぞれのこだわりや工夫のお話が聞けて良かったです。
日本語で素直にシェイクスピアが楽しめる素敵な舞台でした。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/26222047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2016-09-25 00:22 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る