卒園ありがとう!

孫の保育園の卒園式は
「6年前の昨日私たちが感じたことをこれからも忘れずにいましょう。」という司会の言葉と黙祷から始まった。
小さな子もたくさんいたのに1分間の静寂が生まれた。

お仕着せのハタもウタも印刷された証書もなく
子供たちひとりひとりに保育者たちが一生懸命考えた詩にこの保育園を応援する音楽家たちが曲をつけ、保護者たちや卒園した子供たちが週末に練習した合唱があり、保護者や保育者や協力者たちの生伴奏があり、父親たちが踊るソーランがあり、保育者たちの和太鼓と踊りがあり、保育者が染めた紙に園長さんが1枚1枚手書きした卒園証書がある。
この保育園の子どもたちは世界にひとつしかない卒園証書と自分だけの歌を贈られて卒園する。
ひとりひとりの卒園児が見守るひとたちの前を駆け、劇をし、それぞれの歌と仲間の歌を歌い、踊り、ひとりずつマイクを持って堂々と将来の夢を語る。どの子も誇らしげで見ているこちらが幸せな気持ちになる。
卒園おめでとう!
ありがとう、大きくなってくれて。

子供たちがお世話になった同じ保育園を孫も卒園する。
フルタイムでの子育て時期はどんなにこの保育園に助けられたかわからない。園長さんはじめ保育者のみなさんにはいくら感謝してもたりないほど。
すべての保育園や幼稚園や学校がこんなふうに子供と親たちを支えてくれたらどんなに世の中が変わるだろうかと思う。
ありがとうございました。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/26714720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2017-03-12 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。次回出演2017年6月24日~25日YSG大14回公演『間違いの喜劇』@山手ゲーテ座


by sk_miyuki
プロフィールを見る