観劇メモ「気づかいルーシー」

松尾スズキさんの原作絵本をノゾエ征爾さんが演出ということで初演の時も気にはなっていたのですが、2年前には行けず今回早くも再演!ということで。
よし、行こう!となった時に「子どもセット券」というチケットの種類を発見して娘とまごを招待して行って来ました。
劇場には親子連れがいっぱいでしたが、小さな子たちもとても熱心に前のめりになって舞台を見つめストーリーが進むにつれて笑ったり真剣な目になったりしていて微笑ましくなりました。
と言ってもこちらもすっかり引き込まれましたのでそうそう周りを見ている余裕もありませんでしたが。
松尾さんの絵本も数日前に購入して、このシュールなお話が舞台でどうなるのか楽しみでした。
ノゾエさんの演出ももちろん楽しみでしたが、はえぎわの友里ちゃん、航太さんの出演もうれしく、お二人の大活躍が楽しかった。山中崇さんはここ数年よくお見かけする俳優さんだなぁと思っていて、この作品の「馬」っぷりはすごかったです。
ルーシーの岸井ゆきのさんは今回初めて拝見しましたが、絵本のルーシーを超えるパワフルな女の子で元気いっぱいに飛び跳ねていました。すばらしい身体能力と魅力的な声と演技。
おじいさんの小野寺修二さんも良かったなぁ。
そして王子様の栗原類さん。類さんの本も前日に娘から借りて読んでいて思い当たることも多々ありました。
舞台ではとても個性的で本当に絵本の中の王子様が飛び出したらこうなのかもと思いました。
音楽家さんたちは優しくて気づかいいっぱい。
ノゾエさんの出演シーンにはびっくりでした。
舞台装置のジェンガがストーリーに合わせて様々に形を変えます。ルーシーや王子様がその高く積まれたジェンガに上っている時はくずれはしないかとドキドキしてしまいました。
歌やダンスも楽しく、開演前にはロビーで振付の事前練習タイムもありました。
次々と驚くべき展開がありそのたびに一瞬耳を疑うツッコミどころ満載のストーリーなのですが、そのすべてを「気づかい」で包み込み「ハッピー」へと変換します。
最後に馬が言うように「いろいろあるけど、それが人生」とつい思ってしまうのでした。

東京公演は今日まで。

b0131968_11010070.jpg
b0131968_11014173.jpg
b0131968_11015823.jpg








にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/27019289
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2017-07-30 11:39 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る