「阿修羅城の瞳」

阿修羅城の瞳
2005年
監督 : 滝田洋二郎
原作 : 中島かずき
出演 : 市川染五郎 、 宮沢りえ 、 樋口可南子 、 小日向文世 、 渡部篤郎 、 内藤剛志

言わずと知れた「劇団☆新感線」の舞台「阿修羅城の瞳」の映画化。
前半のつかみがなかなかよいです。

江戸の町に鬼が人間に紛れて暮らしていて、
その鬼を狩る一団がいて鬼征伐するシーンは緑の血(?)が飛び散ったりしてちょっとゲッだし、
鬼がどったら、鬼の王・阿修羅が転生するだの全編ほとんどマンガなのですが、
内藤剛志さん、樋口可南子さん、渡部篤郎さんの悪役ぶりは楽しいし、
市川染五郎さんはこれが映画初主演だそうですが、激しい殺陣シーンも決まってるし歌舞伎役者役としてのサービスシーンもあります。
恋をすると鬼になる宮沢りえさんはかわいらしくこの二人の濡れ場は切なくてセクシーです。(短いけど)
まぁ、女盗賊だったりする必然性もあんまりないかな、とか5年でそうはならんだろう、とかいうつっこみはおいといて。

後半はCGこってりで好みではないのですが、まぁいいか。

キャラクターの中では、四世鶴屋南北の 小日向文世さんがよかったです。
「おれは見たものしか書かねぇんだ。」
と言って地獄の果てまで見ようとする劇作家魂。
すべてが消え去ったラストでも
「おめぇのすべてを芝居にして後世に残してやる」
と書き続ける・・・

渡部篤郎さんのイッチャテる悪役ぶりはよかった。中途半端でないワルっておもしろいですよね。
樋口可南子さんの鬼も怖くて悪くて色っぽい。

これ、舞台だとどうだったのかなぁ。
新感線の舞台もきらいじゃないな。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/8424875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2008-04-19 01:11 | DVD | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。次回出演2017年6月24日~25日YSG大14回公演『間違いの喜劇』@山手ゲーテ座


by sk_miyuki
プロフィールを見る