「眠狂四郎悪女狩り」

眠狂四郎悪女狩り
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B0001Z30QA

市川雷蔵の名前と柴田錬三郎原作の「眠狂四郎」のことは聞いたことはあっても、観たのは初めてでした。ひょっとしたら子どもの頃見ていたかもしれませんが。
でも、子どもだったら「見ちゃダメ」って言われてたでしょうね。

大人のエンターティメントって感じですもんね。
いきなり大奥の女どうしの拷問シーンだし。
人斬りにレイプにレズに毒殺にだましうちに裏切りに毒殺に色仕掛けだもん。

私が子どもの頃も「必殺シリーズ」とか「木枯らし紋次郎」とか「子連れ狼」とかエンターティメント性の高い時代劇がいろいろあって大人たちと一緒に観ていました。
うんと小さい時は「早く寝なさい」って追い払われていましたが。
こうしてみると少年マンガの原作ものが多いなあ。

この「眠狂四郎」もなんか少年マンガっぽいなあと感じました。
今はこれくらいのお色気やグロ(ってほどではないけど)ではびっくりされないけど当時はどうだったんでしょうね。

お侍たちや大奥の女たちが様になっていますねぇ。特に女たちの悪女っぷりが小気味いいです。お色気たっぷりだったり、清楚だったり。

主演の市川雷蔵さんは伝説の名優、ニヒルで色っぽい異色のヒーローに胸ときめかせた女性たちがたくさんいたことでしょうね。
この作品は第12話、最終話だったようで、正直眠狂四郎の活躍シーンが少なくて拍子抜けしてしまいました。1話からじゃないとわからなかったかな。
1969年の公開なのですが、見終わってからちょっと調べてみたら1969年に37歳で亡くなっているんですね。とするとこの作品を撮影中はもう体調がよくなかったのかもしれません。
ちょっと浮世離れしたような涼しげな品のいい役者さんだなと思いました。
機会があればまた別の作品を観てみたいと思います。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/8437917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2008-04-20 23:00 | DVD | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。次回出演2017年6月24日~25日YSG大14回公演『間違いの喜劇』@山手ゲーテ座


by sk_miyuki
プロフィールを見る