安房直子朗読館

ワークショップのあとは荻窪へ。
東西線で1本でした。
(帰りはまだ8時なのに直通はなくなっていました)

9月の公演で共演する越前屋加代さんがゲスト出演するということでかけつけました。

そもそも作者の安房直子さんを「あわなおこ」さんとお読みするのも覚束なかったのですが、アットホームな会場にシンプルな舞台装置。

「ねこじゃらしの野原」はなつかしい風景が目の前に広がるような
ユーモラスで心あたたまるお話でした。

「小さいやさしい右手」
は子どもの魔物の心の波が聞こえるような
不思議な味のストーリーに
アコーディオンの生演奏がよく合って
素敵なコラボでした。

サイトはこちら


ここでもまた演劇(的)なさまざまな表現、
さまざまな関わりを感じたのでした。





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/8864459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kenji at 2008-06-23 20:12 x
忙しくも充実した毎日を送っていらっしゃるんですね。
うらやましいです。僕も負けていられませんね!!頑張らなければ。応援ドン!!
Commented by sk_miyuki at 2008-06-23 22:32
kenjiさん
いつも応援ありがとうございます。
お陰様で変化に富んだ毎日です。
by sk_miyuki | 2008-06-23 12:50 | 観劇 | Trackback | Comments(2)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る