ダッハウ強制収容所ードイツ旅行(2)

ミュンヘンに着いた翌日にダッハウ強制収容所に行きました。ミュンヘンから電車とバスで40分ほどです。
ドイツで最初の強制収容所でその後のナチスの収容所の基本形になったということです。
観光客や見学授業らしい学生がたくさんいました。

b0131968_891531.jpg
ダッハウ強制収容所入り口。バス停。
b0131968_894479.jpg

この長く続く並木の左右に収容施設が並んでいた。その広さに驚く。
b0131968_8104275.jpg

すっかりきれいになっているが、むき出しのコンクリートの床やロープをつり下げていた天井の梁などが残っているガス室。実際には使われなかったそうだが。
b0131968_811833.jpg

火葬場の内部。終盤には焼ききれなくなり穴を掘って埋めた。
b0131968_8112871.jpg

収容されていたベッド。この中にどれほどの人が入れられていたことか。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://misakichi4.exblog.jp/tb/8939866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by デュエット at 2008-07-02 21:56 x
狂気がすべてを覆い尽くすことがあるんだよね・・・
日本もそうだったけれど。

とても清潔な感じがします、きちんと整備をしているんでしょう、きっと。
Commented by sk_miyuki at 2008-07-02 22:25
デュエットさん
どこもかしこもあまりにも清潔できれいに整えられていて違和感を覚えるほどでしたが、当時の写真や説明から想像を絶することが行われていたと窺い知ることができます。

この「狂気」は私たちが考えるよりずっと日常に近いのではないかと思い、さらに薄ら寒くなります。
by sk_miyuki | 2008-07-02 08:29 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る