カテゴリ:2009映画( 5 )

シンガポール映画

b0131968_0223093.jpg

シネマート六本木シンガポール映画祭というのをやっていまして、今日は「4:30」という作品を見てきました。
静かな映画なのですが、少年と男の孤独感がひたひたと伝わってきて印象に残ります。
韓国人役の俳優が若いころの桑田さんに似ています。
アジア映画も最近はいろいろ上映されるようになったんですね。
今日はトークショーもありました。

六本木はあまり行きませんがちょっと歩くだけでも多国籍の街ですね。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2009-09-13 00:22 | 2009映画 | Trackback | Comments(0)

「ウィズ」

ウィズ (ユニバーサル・セレクション2008年第8弾) 【初回生産限定】 [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン



これ、マイケル・ジャクソンの初映画出演作だったんですね。1978年かぁ。ドロシーがダイアナ・ロスだったっけ。
マイケルと言えば今度は死因が取りざたされているようですが・・・
映画自体はあまり真面目に見ていなかったこともありますが、オリジナルの1939年のジュディ・ガーランドのほうのインパクトが強すぎてあまりぱっとした印象はなかったなぁ。

オズの魔法使い [DVD] FRT-067

ファーストトレーディング




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2009-08-25 23:29 | 2009映画 | Trackback | Comments(0)

寺山修司映画2本立て

今日は寺山修司の命日で今年は27回忌にあたるそうです。

ユーロスペースの寺山修司@映像詩展で「書を捨てよ町に出よう」と「田園に死す」の2本を見てきました。
8日まで映像作品一挙上映です。

「田園に死す」は見る直前にシナリオをしっかり読んでいたので、見てから読めばよかったかな、と。

DVDで探していたところにちょうどこの企画を知りましたが、やはり家で1人で見るより映画館に出かけて見るのがよかったように思います。暗い映画館で他人がたくさんいる中で見ないと「書を捨てよ町に出よう」のイントロもインパクトが弱かったかも。もっとも今はYouTubeで何でも見られますけどね。それももちろん便利でいいことも多いのですが当時はまったく予備知識なく見られたわけですよね。
2本とも若い女性が多いのにちょっと驚きました。2本連続の人もいました。3本目も考えたのですが、今日はやめておきました。4本なんて人もいるのかも。

b0131968_23123212.jpg



CoRichブログランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

にほんブログ村 演劇ブログへ


人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2009-05-04 23:14 | 2009映画 | Trackback | Comments(0)

幕末太陽傳

1957・日活. 監督:脚本: 川島雄三 脚本:田中啓一 今村昌平 撮影:高村倉太郎 音楽:黛 敏郎
出演:フランキー堺 石原裕次郎 南田洋子 左 幸子 芦川いづみ 小林 旭 小沢昭一 二谷英明 岡田真澄 金子信雄 西村 晃 市村俊幸 ...

とまあ、あまりに豪華なメンバーに茫然・・・
以前から気になっていた映画だったのですが、なんと図書館で見ることが出来ました。
なんて贅沢なこと。

オープニングもよかった。

ものすごく詳しいサイトがありますので興味のあるかたはこちらへどうぞ。

他でも読んだことがあった「幻のラストシーン」の記述も興味深かった。この時代にそのアイデアってすごい。舞台でもラストで突然劇場の外が見える、なんてのもありますよね。


オープニングといいラストのこのアイデアといい当時は画期的だったのでしょうね。
今見てもちっとも古く感じません。すごいわ。


CoRichブログランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ

にほんブログ村 演劇ブログへ


人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2009-04-16 01:49 | 2009映画 | Trackback | Comments(0)

ワールド・オブ・ライズ

観ました。

ディカプリオは大ブレイクする前に「ギルバート・グレイプ」で見てすっごい子役だと思ってたらあっと言う間に(文字通り)大きくなった。

こういう映画はあまり好みではないけれどいろいろと見所はあった。
あまりに複雑な要素が多いのでエンターテイメント映画と言うのははばかられるし。社会派映画と言うにはアメリカ映画だし。でも最後はやっぱり人間的な、人によっては甘いと言われるだろうラストだった。
テロや爆破や追跡劇や銃撃や情報戦や拷問シーンはさすがの迫力だった。ちょっと気持ち悪くなるくらい。
いろいろと考えさせられる映画だった。

ディカプリオとラッセル・クロウ主演なんだけど、マーク・ストロングも良かったなぁ。ロンドン出身の英国俳優だった。

居ながらにして世界中をピンポイントで攻撃できるCIAのコントロールルーム(?)のシーンや携帯とパソコンでなんだってできちゃうのが妙にリアルで空恐ろしい気分になった。

でも結局何て言うかぜ〜んぶ人間がやってるわけで、さ。
ってことかな?←どーいうことだよ!?


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2009-01-10 22:41 | 2009映画 | Trackback | Comments(2)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る