カテゴリ:観劇( 149 )

張ち切れパンダ「三十と十五の私」

「張ち切れパンダ」
という少々変わった名前の劇団で
流山児★事務所の山Pこと山下直哉さんが出演していたのと
「十五の私は、三十の私が、もっと大人だと、もっと幸せだと、思っていた」
ってキャッチに魅かれたから、かな。


面白い舞台でした。
十五と三十の行ったり来たりと
もうひとつの十五
の絡ませ具合が絶妙で
すごいホン(梨澤慧以子なしざわえいこ)だなと思いました。
あ、演出もだ。うまいわぁ。
出演者もみんなよかった。
「こういう人」いるなぁ、と誰かのことを思い出したりしながら観ました。
なんとも不思議な、
登場人物の背中に声をかけてあげたいような
「うんうん、いろいろあるよね」
「そうなんだよねぇ」


実は近々高校の同窓会があるんです。
最近のことはすぐ忘れるのに十代の記憶って妙にいつまでも鮮やか、ってことありませんか?

当日パンフの「ご挨拶」に
「(三十になっても)何も大人になっていない」
「只々、色んなことを忘れていくだけなんだな」
云々とありましたが
いやいや、五十になっても六十になっても七十になっても
「お子様」なまんまかもなぁ
と思いながら、十五の自分を思い出しながら
楽しませていただきました。

長く生きればそれだけ大人になるんじゃないか
というのは幻想だったんだと今は思います。
ま、「大人」って何?ってこともあるけどね。
十五の時は大人になんかなりたくない、と思ってたかもなぁ。

こんなに幸せになってるとは思っていなかったかもなぁ。



b0131968_1502163.jpg





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2015-10-07 02:02 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの「鹿殺し」観劇:「ツチノコの嫁入り」

この間マクベスを見に来てくれたさなえちゃんに誘われて観劇に行きました。
渋谷のCBGKシブゲキという劇場も初でした。
それが「劇団鹿殺し」の舞台で、私はかなり久しぶりです。

実は私、劇団鹿殺しがまだ無名の時に新宿で路上パフォーマンスを見ていまして、その奇抜なネーミングと奇抜なパフォーマンスが強く印象に残っていたのですが、それからほどなくしてあっと言う間にメジャーになりました。
今回は「漫画&映画の劇中劇超拡大解釈演劇」とかいうなんだかよくわからないキャッチでしたが
このところの暗雲を跳ね返すような清々しいくらいハチャメチャな舞台でした。この際内容はどうでもよくて舞台上に躍動する役者の身体を楽しみました。文字通りそろいもそろって腹筋の割れた美しい筋肉で目の保養になりました。露出度の高い衣装で惜しげもなく見せてくれました。
人間のカラダって美しいわねぇ、と堪能したのでした。
あ、身体だけじゃなくて全体も面白かったですよ。
主演の山本裕典さんがよかった。美しいだけでなく繊細な演技。
だれもかれも全力投球で気持ち良かった。
かのA氏がさりげなくつるされていたのも「イマ」ですかね。
きったりはったりなぐったりうったり、は舞台の上やスクリーンの中だけでいいですよね。

さなえちゃんといっぱい話せたのも楽しかった。
ありがとう。
b0131968_041879.jpg

ipadでスクエアで撮ったら縦横をいろいろいじって変更しても直らない。
もうあきらめて、これで失礼します。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2015-09-19 23:58 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

NTL:二十日鼠と人間

National Theatre Live:『二十日鼠と人間: Of Mice and Men』

を観ました。
今回はどうしようかと思ったのですが、この記事を読んでやっぱり観たくなりました。
「英国を観よう」


行って良かった!

「確かな演技力」
・・・演技力だけで感動できるんだと実感。
俳優たちの演技力がもう言葉にできないほど素晴らしい。
主演の二人のかけ合いを見て(聞いて)いるだけで泣けてきます。

クレジットで演出が女性と知り興味がわいたのですが
彼女のコメントがまた良かった。
「彼らの関係が理解できたのは私が母親だからかもしれません」

上映時間:2時間30分/演出:アンナ・D・シャピロ/作:ジョン・スタインベック/ 出演:ジェームズ・フランコ、 レイトン・ミースター、クリス・オダウド

b0131968_23491678.jpg

冒頭のこの二人のシーンだけで悲劇が予感できて、ここだけですでに涙腺が・・・。

英語ブログにインタビューなどの動画を載せました。


追記:DVDも借りちゃいました。

Of Mice and Men [DVD] [Import]

MGM






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2015-05-19 23:41 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

この10日間の演劇生活メモ

観劇 4本
ダンス公演 4本
(ダンスと劇の区別も出来ないものもありましたが)
プレゼンテーション、アフタートーク 5本
稽古 2日間
ゲネ見学 1本
エクスチェンジ(スタッフ) 2日間

実際、演劇的なダンスパフォームもあるし、コンテンポラリーダンスはかなり演劇的な部分もあるので分けられないし分ける必要もないのかもしれない。メッセージ性の高いものが多かった。


それぞれの国で様々な問題を抱えながら自由な表現を追及している。それぞれの方法で。
抑圧されていればその中で、あるいは潜り抜けながら表現することはあきらめない。
今回は異国間のコラボレーション作品も多かった。
「異なった文化背景を持ちながらその異質さを理解しようとし、異質さを面白がり、そこから共通のものを求めて一緒に新しい表現を見つけて行こう」
という姿勢が随所にあって清々しい、希望がわいてくるような気持ちになったことが多かった。

この間政治のレベルではこれと逆のことが次々と起こっていて、こっちが仲良くなろうとしているのに、なんでそっちはアホなことばっかりしてんだよと思った。戦争なんてほんとやめてよね。
舞台芸術の世界では危機感を抱いている人が多いと思う。だって平和じゃないとできないじゃない。


たくさんの人と出会えて話せて刺激的だった。
毎日のように顔を合わせるのであいさつを交わす人も増えた。
なつかしい顔にも会えた。

海外に友人が増えると、本当に平和であってほしいと思う。何かを創る作業で意見をたたかわせるけんかならステキだけど。観たばかりのパフォーマンスについて激論かわすなら楽しいけど。

気に入った作品を自分の国に呼びたい、一緒に作品創りたい、という出会いがあちこちにあるのを目撃した。

考えさせられることが多くていい経験になった。
「客席で見ているオマエは誰だ?何をしたいんだ?」
とつきつけられた。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2015-02-18 00:53 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

観劇・観劇・稽古・観ショー

例によって週末は演劇三昧です。

まずはロッテンメイトの友子さん出演の『青ひげ公の城』を新宿で
b0131968_1235163.jpg

メンバーとの芝居談義も楽しかった。
b0131968_124198.jpg


柿喰う客の女体シェイクスピア007『完熟リチャード三世』を吉祥寺で
b0131968_12124149.jpg

食べごろの女体が魅せるシェイクスピア、楽しかったです。
感想はシェイクスピアブログ(いいのか、こんなタイトルつけちゃって)

週末は楽塾『くるみ割り人形』の稽古
チャンバラと鼠小僧の合間を縫ってのボスの演出稽古
例によってボコボコにされています。
無理難題の数々・・・。
「こんな演出家なんだからしょうがないだろ。やれよ。」
はぁい!(泣笑)






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2015-02-10 12:23 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

うずめ劇場『喜劇だらけ』@両国シアターX

今回楽塾の映像をお願いしている浜嶋さんが役者でデビューなさるということで。
浜嶋さんと言えば天野天街さんの少年王者館の素晴らしい映像でおなじみ。
実は『田園に死す』の初演の時にお会いしているのですが、覚えてはいらっしゃらないでしょうね。
この画像は楽塾ブログにも載せたのですがこちらにも。

シアターXではいつも一味違った舞台を観に行くことが多いのですが、今回も・・・。
オーストリアの150年前の戯曲なんて珍しい。
しかも2本目は日本初の上演だとか。
なんともブラックでユーモラスでした。

演出のペーター・ゲスナーさんのアフタートークもありました。
選挙のことにも言及なさって
「日本は地球を壊す国になってはいけない。
自分の生活に責任をとっていかなければ」
とおっしゃっていたのが印象的でした。


ああ、それなのに・・・。
この結果は・・・。
これは冗談ではないの?
『喜劇』と言っちゃあ喜劇に申し訳ない。
『茶番』?
この戯曲は150年前に書かれたそうですが、
ペーターさんの言うように
「人間は2000年前の伝統と演劇をやっている」
一体150年後にこの国はどうなっちゃっているの?
そんなに待たなくても数年先のことすら心配だわ。
いや、もっと早くか。

b0131968_133251.jpg


b0131968_1334829.jpg


以下シアターXのサイトより

うずめ劇場
『喜劇だらけ』
2014年12月11日(木)~14日(日)

うずめ劇場第27回公演

【1本目】
「昔の関係 あるいは知られたくない過去」
♪ややこしく絡み合った男女4人が織りなす、きったはったのドタバタ喜劇!

 <休憩> ドリンクサービス有!

【2本目】
「酋長"夜風" あるいは世にもおぞましき宴」
♪未開の島に住む人食い人種(!)の国に、文明社会から若者が流れ着く。
島の娘と恋に落ちるが、はたして!?


150年前、ウィーンで一世を風靡し、現在もヨーロッパ各地でフェスティバルが開催されるほどの人気を博す喜劇王ネストロイの痛快な喜劇2本を一挙上演、笑いと皮肉のパワーを、現代日本にぶっかける! 五感をくすぐる舞台、ぜひ、ご体験ください。

●音楽もたっぷり
「酋長"夜風"」では、ジャック・オッフェンバックの歌曲が堪能できます。
総勢20名のコーラス隊(原住民たち)も、聴きごたえあり!

キャスト
真那胡敬二 大月秀幸
見上裕昭 松尾容子
後藤まなみ 荒牧大道
御所園幸枝 里奈
大桃千佳子 神尾勇志
小寺悠介 鈴音彩子
笹野茂之 荒井孝彦
地曵宏之 ジョディ
大橋あをい 奥田晃平
浜嶋将裕 印田彩希子
近藤那美 井山順子

ホーメイチーム
尾引浩志 詩優子
アイケイイチ 青山利恵子
島田未来

原作:ヨハン・ネストロイ
翻訳:ウィーン民衆劇研究会
潤色:うずめ劇場(協力:林周一)
演出:ペーター・ゲスナー
舞台美術:石原敬
特殊美術:長峰麻貴
製作指導:高橋知子
照明:桜井真澄
音響:富田健治
音楽:林絵里
衣装:桜井久美
メイク:エイミー前田
宣伝美術:郡司龍彦
チラシイラスト:アマノテンガイ
振付:スズキ拓郎
舞台監督:伊東龍彦
文芸担当:藤澤友
演出助手:大桃千佳子
制作:RealHeaven


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-12-15 01:53 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

『青ひげ公の城』日替わりゲスト

流山児★事務所ミュージカル『青ひげ公の城』
は開演10分前から公会堂前の中池袋での公開オーディションから始まりますが

実は毎回豪華な日替わりゲストが登場します。
21(金) 三ツ矢雄二
22(土) 野口和彦(青蛾館)
23(日) 中屋敷法仁(柿喰う客)
24(月) 深沢敦
26(水) 天野天街(少年王者舘)
27(木) 森崎偏陸
28(金) 村井雄(開幕ペナントレース)
29(土) 高野之夫(豊島区長)/ 19:00 ラサール石井
30(日) 渡邉浩司(豊島区副区長)、野口和彦(青蛾館)

昨日は中屋敷さん
それはそれは素敵な女優さん(?!)っぷりでした。

アフタートークもありまして
流山児さん、中屋敷さん、河原崎國太郎さん、毬谷友子さん
という豪華さ。
中屋敷さんがいみじくもおっしゃったように
このトークすらも芝居の一部のような
贅沢な時間でした。
b0131968_1159488.jpg
  

30日までですよ!
お見逃しなく!


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-11-24 12:00 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

渋さ知らズ25周年企画『十二夜より十三夜』:あうるすぽっとシェイクスピアフェスティバル2014

渋さ知らズとシェイクスピアなんてのがせないでしょ!
b0131968_940253.jpg


何度か書いていますが
2013年に渋さのダンスワークショップに参加して
またまたいろいろなところに目を開かせていただきました。

ダンスも音楽もコミュニケーションだ!

というのを体感できたのもこのWSのおかげです。

その渋さの演劇をシェイクスピアで楽しめるなんて
なんてシアワセ。
自由席でしたので、オーケストラのすぐ後ろに座れました。

わ~い、不破さんだ~。
こんな近くで生の演奏が見える聞こえる、なんてラッキーだわ。
演奏してるところが見えるのも楽しい。

思った以上に
「シェイクスピア」で
意外なくらい「十二夜」でした。
主軸となる登場人物、特に恋に翻弄される男女の役は女優さんたちによって演じらました。
この女優さんたちが
見目麗しいだけでなく
声がまたお美しい・・・
玉井さん(ビオラ)と南波さん(オリービア)・・・
玉を転がしたような声とはこのような声なのでしょうか。
涼やかで透明

えっとぉ、オーシーノも女優さんなんだ・・・。
え?和田さん?え、え?まさか?
そして、高いところからど~んとご登場の公爵・・・
え?ほんとに!!
あのバナナダンス(?)のペロさんだ~。
ほとんど身体は動かさない中でのその首の動きはまさしくペロさん。
面白かった~。
ほんとはダンスも見たかったけど満足です。

男優さんたちももう怪優さん(ほめ言葉になってます?)ぞろいですから面白くないわけがありません。

メインの恋のもつれぐあいがあくまでも「十二夜」で、単純なコメディではない哀愁のあるシェイクスピアの戯曲をそこなっていないのが流石でシェイクスピアファンとしてもうれしいことでした。

ラストパートでは渋さの魅力も全開でおなじみの巨大人形や空飛ぶ龍の登場にはワクワクドキドキヘラヘラ(アホみたいに見上げて笑いたくなっちゃうんですよ)フライングももちろんしてるしね。
美術もすごいわぁ、いつもながら。

そして、全編を通して舞踏のみなさんが泳いで(?)いらっしゃる。
東洋さん、かわい~!
宝子さん、美しい~!
若林さん、霜村さん、セクシ~!
(ワークショップで初めて知った舞踏の魅力。その後東洋さんと宝子さんのワークショップにも何回かおじゃましました)

ミーハーな感想ですみません。
でも、渋さ知らズって、ミーハー心を満足させてくれる、
「オレたちと一緒に楽しもうぜ~!」
って心意気が伝わってくるんですよね。
「いろいろあるけど、生きていこうぜ~!」
というような。

行けてよかった!



◆主催:渋さ知らズ / あうるすぽっと(公益財団法人としま未来文化財団) / 豊島区
◆協力:発見の会、風煉ダンス、地底レコード
◆キャスト:
渡部真一、玉井夕海、反町鬼郎、若林淳、松原東洋、吉成淳一、霜村佳広、伊郷俊行、南波トモコ、ペロ、
横沢紅太郎、河内哲二郎、笠原真志、長谷川宝子、他
◆演奏:
渋さ知らズ
不破大輔、北陽一郎、松本卓也、立花秀輝、広沢リマ哲、鬼頭哲、ファンテイル、山口コーイチ、関根真理、
山本直樹、広田清子、板垣あすか

◆演出:有馬則純、青山健一、若林淳
◆脚本:戌井昭人 三角みづ紀 上杉清文
◆音楽:不破大輔
◆美術:深川信也
◆照明:辻井太郎
◆音響:田中篤史
◆衣装:西岡七歩子
◆舞台監督:横沢紅太郎
◆制作:馬渕仁彦、吉田五輪生、田中暢人、渋さ知らズ




b0131968_9394020.jpg


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-11-17 10:08 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

創作集団マブリ『WAIT』終幕しました。

そして2本目は声の出演をした。

創作集団マブリの第1回公演『WAIT』

開演ギリギリになってしまい、かぶりつきの座布団席でした。
正直これで2時間強は少々しんどかったですが
満席のお客様で反応も上々で
役者さんたちもノッていました。

オットの音響もなんとか。
本人は「カンペキだろ」と言っていますが・・・。

「中年男優による二人芝居コメディ三部作」
なんとも切ない中高年には身につまされる3作品です。

作・演出は今回初演出のモーリオックさん

オットからこの公演の話を聞いて少なからず驚いたのですが
還暦を過ぎてからの初公演に文字通りゼロ(?)から取り組まれ
劇場選びから俳優選びスタッフ探しとひとつひとつクリアし
ついに毎回満席の大成功の公演まで
そのエネルギーと情熱に感服します。
ご本人はいたって穏やかで物静かな方ですが。


終演後のごあいさつでもおっしゃっていましたが
この3作品中の最後の作品「同窓会」は
数年前にご病気で入院された時に
「死んだら同窓会でもやるか」
と、着想されたとのこと。

そして、その「同窓会」を最初に書きあげたそうです。

それをこうして実際に生きた生の舞台にあげる

す・て・き

少しでも関わらせていただけてうれしいです。

ご来場くださいましたみなさま、ありがとうございました。

それから、こうもおっしゃっていました。
「私は何をやってもうまくいかないダメなヤツにしか興味がない」

願わくば愛すべき「ダメなヤツ」らにまた会えますように。

b0131968_91225100.jpg









CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-11-17 09:16 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

Mole★Mole:演劇ユニットLine over S @APOCシアター

9月に出演した『本物の名探偵ハウンドこと犬飼警部補』
で共演した守富龍人さんの作・演出作品。
守富さんことトミーさんが所属する
Mutsuエンターティメント企画Presents

ハウンドの時は、台本上ではからみがないと思われたトミーさんと本番近くなってラストでからみができてとっても楽しかったんですよね。トミーさんには本当にいろいろ助けていただいたり教えていただいたりしました。

それで、ぜひ行きたかったのですが『WAIT』と日程がまるかぶりであきらめかけていたところ、
なんと追加公演があるとのことで
午前中の観劇。

この劇場が面白かったですね。
Cafeも併設されていて(今回は時間がありませんでしたが)
天井が高くて穴あり階段ありでいろいろ遊べそうな空間でした。
b0131968_732750.jpg


こんななつかしげな黒板も。
b0131968_7331332.jpg


トミーさんと逃避行(?!)
なんちゃって。
カフェにあった本物の飛行機の座席です。
b0131968_7341940.jpg


遊び心いっぱいで楽しかった。
登場人物ひとりひとりを大切にした、トミーさんのお人柄がにじみ出ている作品でした。

ダンスシーンが多かったのはうれしいびっくりでした。
振付けもかっこよくて
中でも目立ってかっこいいダンサーさんがいるなぁと思ったら
その方が主宰で振付の神睦高さんでした。




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-11-17 07:38 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る