カテゴリ:DVD( 70 )

ガス人間第1号

ガス人間第一号 [DVD]

東宝ビデオ



2010年に舞台化された「ガス人間第1号」
について書いているのですが、その舞台化の原作がこの映画。

この間昭和テイストの喫茶店に行ったらなんとこの映画のポスターが貼ってあって
思わずamazonでクリックしちゃいました。

で、見てみたのですが
おもしろかったですよ。

オープニングがウルトラQなのは円谷英二さんの特撮だから?
背景は当然昭和の雰囲気。
俳優さんたちもみんなうまくて引き込まれちゃいます。

昔の刑事もののドラマを思い出しました。



特技監督:円谷英二
監督:本多猪四郎

キャスト
岡本賢治警部補:三橋達也
春日藤千代:八千草薫
甲野京子(東都新報記者):佐多契子
ガス人間・水野:土屋嘉男
田宮博士:伊藤久哉
田端警部:田島義文
稲尾刑事:小杉義男
佐野久伍博士:村上冬樹
猫背の老鼓師:左卜全
警視庁幹部:佐々木孝丸
葉山(東都新報重役):山田巳之助
池田デスク:松村達雄
銀行の支配人:宮田羊容
藤田刑事:三島耕
川崎(東都新報記者):野村浩三
西山(強盗殺人犯):山本廉
紋太夫:松本染升
相見巡査:堤康久
図書館の男:山田彰
看守:広瀬正一
戸部編集局長:中村哲
里代:塩沢とき
梶本(東都新報重役):熊谷二良
大崎刑事:坪野鎌之
中谷巡査:緒方燐作
看守:榊田敬二
観客の男:岡豊
警視庁幹部:山田圭介
堀田刑事:権藤幸彦
警視庁幹部:草間璋夫
鎌田(検死官):松本光男
観客の男:佐藤功一
図書館員:安芸津広
銀行員:澁谷英男(渋谷英男)
東都新報記者:橘正晃
観客の男:黒田忠彦
留置所の女:藤野珠美
記者:伊藤実、大前亘
藤千代の車の運転手:速水洸




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-07 17:19 | DVD | Trackback | Comments(0)

なつかしの「ヘルプマン!」DVD予告編

わ~い!なつかしいなぁ。
もう2年近く前なんだなぁ。

なるせさんとこのオフィスインベーダーが、YouTubeにアップしたみたいです。

私も0:45から数秒出ています。
右側にメガネかけてちょこんと座ってるおばぁさん。

あの時は若い人たちに優しく介護される幸せな役でした。


その後初舞台初主演だった平方元其くんはじめ、みなさん大活躍なさっていますね。
なるせゆうせいさんも大活躍中。
多分今も舞台中。



「講談社イブニングで連載中の大注目介護漫画「ヘルプマン!」(著:くさか里樹)を原作に、脚本・演出のなるせゆうせいが完全舞台化! 2010年9月に吉祥寺シアターにて上演。
戦国鍋やロミジュリなど出演作が続く平方元其が初舞台、初主演をつとめた異色作。・・・」








CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-05-10 13:58 | DVD | Trackback | Comments(0)

告白

告白 【DVD特別価格版】 [DVD]

東宝



原作は去年の6月に読んで、映画のことも気にはなっていましたが、あまり愉快なものではないことは予測できたので映画館では見ずにDVDになってからレンタルで観ました。

この監督の作品は「下妻物語」はよかったのですが「嫌われ松子の一生」は最後まで観終われないくらい苦手だったもので微妙だったのですが、俳優陣の演技に興味があって見ることにしました。

予想通り、観ている間も観終わってからもなんとなく嫌~な感じがあって、そこは原作の雰囲気が出ていると思いました。原作同様好みが分かれるでしょうね。私は「嫌いじゃないけど・・・」もう一度見たいとは思いませんね。
自分の中学時代のことや、今までに知っている多くの中学生のことや、教師として、や、親として、などなど現実と引き比べるとあまりにいろいろなことが浮かんで来て混乱しますが、ひとつの映画としては、おもしろい、と書きかけて「?」が浮かぶかなぁ。
松たか子さんの淡々とした演技がかえってこわかったり、その割にわが子に対する愛情はそれほど描かれていなかったり、冒頭のHRシーンから、教師としてもあまり熱心なほうじゃなかったんだろうなと思わせ、そもそも復讐方法の陰湿さがすごいですよね。ありえない登場だったけど最後の最後の表情はさすがでした。後任の教師の勘違いぶりがまた空恐ろしく、少年の一人の母親の愚かぶりも空恐ろしく、でも現実にもこれに近い母親はいそうです。中学生たちもそうですが、とにかくだれもかれもがどこかズレていてどこか行き過ぎている。お互いもかみあわない。
現実は云々と考えずにゲームのような感覚で見るのがいいのかも。
それがまた薄気味わるいけど。もしかしてこの後味の悪さが魅力なの?
だれにも共感できないというのも後味の悪さの一員かな。
結局登場人物のだれもが自分のことしか考えていないしね。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2011-04-19 01:47 | DVD | Trackback | Comments(0)

ロミオとジュリエット3本


ジェニーさんのワークショップ参加を機会に手元の3本を観直しました。

ロミオとジュリエット [DVD]

パラマウント ジャパン


出演: オリビア・ハッセー, レナード・ホワイティング, ミロ・オーシャ, マイケル・ヨーク
監督: フランコ・ゼフィレッリ

これが記憶に残っている最初に映画館で観た映画じゃないかしら。
北海道の小さな町のひとつしかない映画館で。
今観ても美しいですねぇ。
ナレーションはローレンス・オリヴィエだったのね。
1968年の作品。
当時は中学生でジュニア向けの「ロミオとジュリエット」を読んで、なんてシェイクスピアってつまらないのかしらって思った覚えがあります。それが後からこんなにはまるなんて知るよしもなく。


ロミオ&ジュリエット [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


出演: レオナルド・ディカプリオ, クレア・デーンズ, ジョン・レグイザモ
監督: バズ・ラーマン


これはレオナルド・ディカプリオが美しいですねぇ。
シェイクスピアはなんでもありなところが魅力ですが、このド派手な現代劇も許しちゃうところが寛大なところ。ま、彼はもうどうすることもできませんが。ロミオが追放されるところで携帯もってるじゃん、とつっこみたく(いや、もっと前からつっこみどころ満載)なるのですが、マキューシオとかジュリエットのママとかのぶっとび方も楽しいですね。


もう1本は
BBCのThe Shakespeare COLLECTION の中のもの。
1978年にNHKで放映していた「シェイクスピア劇場」のものです。
その時のテキストもたまたま持っていたんですよ。
今回気づいたのですが(遅っ!)な、なんとコーラスをあの名優ジョン・ギルグッドが演じているんです!
ジュリエットはレベッカ・セイアーですが、300人の中からずぶの素人の彼女が選ばれたんだそうです。ジュリエットと同年齢。なんとまぁ初々しい。
このBBCのコレクションはどれも原作に忠実で勉強になります。



今回改めて「ロミオとジュリエット」を観直したり読み直したりする機会が持ててジェニーさんに感謝です。たまたま応募締切日にみつけた幸運にも。

主役2人の純愛一直線はもちろんなのですが、今回は脇の人物たちのおもしろさとか(シェイクスピアはそこがいいです)子どものこと思っているのに空回りしちゃう親の愛情の描きかたにもあらためて感心しちゃいました。


と、ここしばらく久々にシェイクスピアと遊んでもらっていたら放置していた自分のブログのことを思い出しました。2005年あたりに自分のシェイクスピア関連のことをまとめていたブログがあってDoblogがなくなってからは取り急ぎ引っ越してめったに更新もしていなかったのですがたまに行くとやっぱり捨てがたいんですよね。
今と変わらずトンチンカンなこと書いてるかもしれませんがご興味がありましたらのぞいてくださいませ。
こちらです。


 


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2011-01-28 09:57 | DVD | Trackback | Comments(0)

昔はよかった?!

のかどうかわかりませんが・・・

「もーれつア太郎」のDVDを見ていますが・・・

ニャロメってこんなにいじめられキャラだったんですね。
でも、めげない。
こどもどうしのケンカも満載だけど後腐れなくカラッとしてます。
テーマはもちろん義理と人情と男の友情。
イジワルしたりイジメたりもしょっちゅうしてるけど
面と向かって直接言い合ったり殴り合ったり。
まぁ、殴るのはともかくニンゲンとニンゲン(いや、ネコとかタヌキとかブタとか毛虫とかカエルとかもいるけど)こんなに近くで対峙するって今は少なくなったんじゃないかな。
ケータイとかネットとか空気読めとか、ヒトとヒトが直接やりあうことに憶病になってるよなぁ、なんて思ったのでした。




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2011-01-16 00:43 | DVD | Trackback | Comments(0)

蒲田行進曲

蒲田行進曲 [DVD]

松竹ホームビデオ




いやいや、これもほんとにいまさらですが、久しぶりに見なおしてもやっぱりぼろぼろですがな。だれがいいとか何がいいとかうまいこと言えまへん。そりゃあもう主役の3人はめちゃめちゃええんですが、主役とか脇役とか、そんなもん関係ありまへんね、ホンマにええもんは。見たもんがおもろい思たらそれがすべてやおまへんか?ぐっと来たところはぎょうさんありますが、小夏に「あんた顔映らんのよ」と言われた大部屋役者のヤスが「こんな顔みたい人おりますか?映画がよくなりゃいいんです」に役者の心意気を感じます。メインの3人のからまり具合が絶妙でそこがもちろんメインストーリーなのですが、原作のつかさんや深作監督やスタッフさんはじめ映画を作っている、関わっているすべての人々、演じているひとびとすべてが愛おしくなっちゃうような映画ですなぁ。ほんまにつくってはる方がたと映画の中で演じているひとたちがごちゃまぜになったような感覚も味わえるのがさらによろしいわ。おかげさんで初泣きさせてもらいました、おおきに。(なんでなんちゃって関西弁?)

キャスト
銀四郎 - 風間杜夫
小夏 - 松坂慶子
ヤス - 平田満
朋子 - 高見知佳
橘 - 原田大二郎
監督 - 蟹江敬三
助監督 - 清水昭博
トクさん - 岡本麗
山田 - 汐路章
トメ - 榎木兵衛
ヤスの母 - 清川虹子
千葉真一 - 千葉真一 (友情出演・本人役)
真田広之 - 真田広之 (友情出演・本人役)
志穂美悦子 - 志穂美悦子 (友情出演・本人役)
勇二 - 萩原流行
大部屋A - 石丸謙二郎
マコト - 酒井敏也

スタッフ
監督:深作欣二
製作:角川春樹
原作・脚本:つかこうへい
音楽:甲斐正人
プロデューサー:佐藤雅夫、斎藤一重、小坂一雄

受賞
キネマ旬報ベスト・テン
キネマ旬報ベスト・テン1位
読者選出ベスト・テン1位
日本映画監督賞
脚本賞
主演女優賞
助演男優賞
読者選出日本映画監督賞
毎日映画コンクール
日本映画大賞
監督賞
女優演技賞
美術賞
日本映画ファン賞
ブルーリボン賞
日本アカデミー賞
最優秀作品賞
最優秀監督賞
最優秀脚本賞
最優秀主演男優賞
最優秀主演女優賞
最優秀助演男優賞
最優秀音楽賞






CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2011-01-07 12:51 | DVD | Trackback | Comments(0)

家族ゲーム

家族ゲーム [DVD]

ジェネオン エンタテインメント




いや、これ、いまさらでしたが
おもしろい!!
気にはなりつつ今日まで見ていませんでしたが、間に合ってよかったって感じ(←何に?)
オープニングから目が離せません。
80年代のいろんなものがいっぱい詰まっています。
松田優作も伊丹十三ももういないなんて残念です。
すごいわ、松田優作。
この距離、しゃべりかた、ちょっとした動き、なにより存在感。
宮川一朗太くんはオーディションで選ばれたそうですが、この年頃の小憎たらしい中学生をリアルに演じています。なにしろ俳優陣が豪華だわ。

学校や教室や職員室が妙にリアルでなつかしいと言うよりは落ち着かない気分になりました。

あちこちにちりばめられたコミュニケーションのギャップが、こう言っちゃなんだけど、なんだか楽しい、ブラックで。

テレビドラマは見ていなかったけどね。

このDVDは見てよかったと思えます。



キャスト(役名)
松田優作 (吉本勝)
伊丹十三 (沼田孝助)
由紀さおり (沼田千賀子)
宮川一朗太 (沼田茂之)
辻田順一 (沼田慎一)
松金よね子 (茂之の担任・英語)
岡本かおり (美栄子の姉)
鶴田忍 (慎一の担任・英語)
戸川純 (近所の奥さん)
白川和子 (美栄子の母)
佐々木志郎 (美栄子の父)
伊藤克信 (茂之の担任・国語)
加藤善博 (茂之の担任・体育)
土井浩一郎 (土屋裕)
植村拓也 (三井順)
前川麻子 (田上由利子)
渡辺知美 (樹村雅美)
松野真由子 (浜本道子)
中森いづみ (菊地保子)
佐藤真弓 (山下美栄子)
小川隆宏 (芝田友幸)
清水健太郎 (若い先生)
阿木燿子 (吉本の恋人)

監督 森田芳光




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2011-01-06 23:40 | DVD | Trackback | Comments(2)

インファナル・アフェア

インファナル・アフェア [DVD]

ポニーキャニオン



スパイものとかアクションものって好んでは見ないんですけど、ちょっとはずみで見てみたらあっと言う間に引き込まれました。主役の二人が魅力的なのはもちろんなのですが、オープニングのわけのわからんおっちゃんの前に並んでいる若いオニィさんたちからしてイケメンぞろいだし、このわけのわからんおっちゃんの存在感がまたぐんぐん大きくなるんですね。このおっちゃんは実はマフィアのボスなんですが、俳優の名前はエリック・ツァン。対する警視役がアンソニー・ウォン。この二人のベテラン俳優がいいんですわ。
トニー・レオン は何をやってもなんであんなにかっこいいんだ。初めはしょぼくれたチンピラみたいなのにどんどん男の悲哀をにじませた切ない表情なんてしちゃうんだから。
ストーリーの展開がテンポが良くて2転3転ハラハラドキドキ、飽きさせません。
そんな緊迫するストーリー展開の中にちょこちょこっと恋愛模様らしきシーンが挟まれているのも憎いですね、切なさつのります。
メインの役はもちろん脇役にもいい役者さんが多くて感情移入もしやすいです。
香港映画にイケメン俳優が多いような気がするのは気のせい?あ、えっと、そこだけじゃないですよ。エンターティメント性たっぷりでした。3部作だそうで他の2作も気になるなぁ。



監督 アンドリュー・ラウ
アラン・マック
出演 アンディ・ラウ (Lau Kin Ming)
トニー・レオン (Chan Wing Yan)
アンソニー・ウォン (SP Wong)
エリック・ツァン (Sam)
ケリー・チャン (Doctor Lee Sum Yee)



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2011-01-01 17:34 | DVD | Trackback | Comments(0)

トキワ荘の青春

トキワ荘の青春 [DVD]

VAP,INC(VAP)(D)



言わずと知れた手塚治虫や石ノ森章太郎、赤塚不二夫、寺田ヒロオなど超有名漫画家さんたちが売れっ子になる前に青春を過ごしたアパートのお話。

この時代のこの漫画家さんたちに興味があったのですが・・・
正直私のようなミーハーにはこういうマニアック(ああ、ごめんなさいぃ)な作品を十分に味わう力量がないんですぅ。
もちろん赤塚先生のエピソードとか、食べ物に困るほど貧しくても夢に向かって漫画を描き続ける姿には胸を打たれるし、長屋みたいなアパートでの共同生活にはなつかしいような甘酸っぱいような郷愁のようなものを感じたりしますが。
いかんせん、私こういう画面が全編暗すぎて誰が誰やらわからなかったり、台詞がぼそぼそしてて聴きとりにくかったり、あまりにも淡々と流れる映画というのは苦手なんですよね。
映画の手法として、こういうねらいなんだろうなぁ、とか、好きな人は好きなんだろうなぁ、とかわかるのですが、やっぱりちょっと好みではないかな。

1996年の作品だそうですが、キャストが豪華で楽しみにしていたのであまりの地味さに残念。集団やトキワ荘そのものが主人公と考えればこうなるのかもしれませんけど。阿部さんとか古田さんとか生瀬さんとか今やすっごい個性的な役者さんたちですが当時はまだ無名だったとか。
なんと石森章太郎役は去年の12月の「田園に死す」でご一緒させていただいた、さとうこうじさんではありませんか。
そして手塚治虫役は北村想さん!
他にも、ええ、この人が、という豪華キャストだったのに画面が暗過ぎてよくわからなかったんだもん。

ミーハーでホントにすみません。
お勉強にはなりましたです。


キャスト
寺田ヒロオ:本木雅弘
安孫子素雄:鈴木卓爾
藤本弘:阿部サダヲ
石森章太郎:さとうこうじ
赤塚不二夫:大森嘉之
森安直哉:古田新太
鈴木伸一:生瀬勝久
つのだじろう:翁華栄
水野英子:松梨智子
手塚治虫:北村想
石森の姉:安部聡子
つげ義春:土屋良太
棚下照生:柳ユーレイ
藤本の母:桃井かおり
学童社編集長・加藤謙一:原一男
学童社編集者・本多:向井潤一
学童社事務員:広岡由里子
娼婦:内田春菊
編集者・丸山:きたろう
寺田の兄:時任三郎

監督:市川準
原案:梶井純『トキワ荘の時代―寺田ヒロオのまんが道』





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-12-30 22:44 | DVD | Trackback | Comments(0)

大阪ハムレット

大阪ハムレット デラックス版 [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



特に何の予備知識もなく「ハムレット」の名前で手にとってしまいましたが。

ええんちゃう。

大阪弁の映画や芝居を見るとしばらくうつってしまいます。

なかなかよかったです。

ありえないでしょ!
とツッコミ入れたいところも俳優さんたちがみんなよくて許せてしまいます。
3人の兄弟、お母さん、亡くなったお父さんの弟の不思議な共同生活。
松阪慶子のすべてをあるがままに受け入れる懐の広さがいいですね。何があっても、ってなかなかこうはいかないけど、これなら子どももそれぞれに悩みながらも「生きていればいいか。」って思えそう。



3人の男の子を演じた役者さんたちがそれぞれに良くて

「うんうん、悩んで大きくおなり。」

って応援したくなってしまいます。


特に次男のヤンキーくんのハムレットの大阪弁がよかったなぁ。



これもコミックが原作なんですね。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-11-12 00:09 | DVD | Trackback | Comments(4)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る