カテゴリ:DVD( 69 )

Call me Call you  ー 上演DVD

劇団6番シード第28回公演上演DVD
2006年3月30日ー4月2日
東京芸術劇場小ホール2
脚本・演出  松本陽一

ワークショップでお世話になっている劇団6番シードのDVD
今では顔なじみになった役者さんたちが大活躍。

こちらの
Call me Call you公式サイト
もとってもかっこいいです。

立てこもり現場を包囲する警察隊とそれを中継するテレビレポーター、
司令塔・交渉ブースとなるトレーラーを舞台に犯人との息詰まるノンストップ交渉劇。
これだけの緊張と混乱ぶりを息もつかせぬアップテンポと無理なく挟み込まれるコミカルとシリアスのミックス味。交渉は2転3転4転(?!)し、最後はもちろんジーンと胸に迫るエンディング。
うまいわ、すごいわ、おもしろいわ、こんなの創ってきたみなさんに教えていただけるのはラッキー! です。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-05-26 13:42 | DVD | Trackback | Comments(0)

邯鄲ー雪の蝋燭能

雪の蝋燭能 邯鄲
観世喜正 / / ビクターエンタテインメント

引用
「雪の蝋燭能 邯鄲
2006年1月26日に札幌STVスピカで披露された能「邯鄲」の模様を収録するDVD。仏道の教えを受けるべく旅立った蜀の国の若者が、旅の途中に邯鄲の里で見た一夜の夢と、その夢によって得た悟りについて描く。観世善正と野村萬斎による舞台挨拶のほか、解説など特典も満載。
廬生という若者が仏道の教えを受けようと楚国の羊飛山に住む高僧を訪ねる途中、邯鄲の里で宿を借りた際に、楚王の勅使が迎えに現れ宮殿へいざなわれ、王となって栄耀栄華の限りを尽くす。そして、50年後に旅宿の女主人に粟飯が出来たと起こされ廬生は呆然とする・・・。
<特典映像>
舞台挨拶/難解ワード解説/装束展/インタビュー」

能なんてまともに見たことはなかったのですが、
特典映像の観世喜正さんの舞台挨拶や解説がとても親しみやすくてわかりやすかったです。
三島由紀夫の「邯鄲」を読んでからでしたので、ストーリーもわかりますし、字幕もついていますしね。
観世喜正さんはとても楽しげに能のおもしろさをていねいに説明しています。
装束着付けの映像も貴重で興味深かったです。
野村萬斎さんも現代劇では観ていても能で1曲まるまる観たのはそういえば初めてという不勉強ぶりでした。

インタビューなどでの
「600年続く能を保存するためにやっているわけではないのです。現代にどう生かしていくかをわれわれはやっているのです。」
という言葉が印象に残ります。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-05-24 22:52 | DVD | Trackback | Comments(0)

震度0

震度0
/ ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
【2007/08/12放送、WOWOW】
監督:水谷俊之
原作:横山秀夫 『震度0』(朝日新聞社刊)
出演:上川隆也、國村隼、渡辺いっけい、升毅、斉藤暁、矢島健一、石井正則、田中哲司、松重豊、平山あや、戸田菜穂、西村雅彦、余貴美子

こんな映画あったの?!
と思ったらWOWOWのドラマだったんですね。
映画だったら、あんまり売れなかっただろうなぁ、と。

出演はベテランのうまい役者さんばかりで、好きな役者さんも多く、演技はとてもよかったです。
一応シリアス、サスペンス仕立てですが、これ、どうみてもコメディ?!

だって、そのシリアスぶりがお間抜けなんです。
それでみんな演技がうまいから、もう笑うしかない。
途中、これ、どうやって見るの?
と困っちゃったのですが、それでよかったみたいです。

特典のキャストインタビューで上川さんが
「監督からコメディーだと思って演じてくれ、と言われました。」
と話しているのを聞いてニヤリとしてしまいました。
だって、この状況でそれはないでしょう?
って設定ですし。

上川さんはもちろん、みなさん濃いキャラクターで楽しめました。

原作は読んでいませんが。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-05-23 23:52 | DVD | Trackback | Comments(0)

「理由」 DVD

理由 特別版
/ 角川エンタテインメント
ISBN : B0007URZAG

これは「『理由』が映画になった理由」というメイキングもおもしろいですね。
大林監督自らがこの「映画化不可能」と言われた宮部みゆきの原作に挑戦したことについて
「誰も見たことがないもの、実験的、冒険的なもの、って
実は僕たちが見たいんだよね。」
「宮部さんはミステリーで
僕はファンタジーで
日本の良さを残そう、ってわけさ。」
と語っています。

撮影に関わるスタッフさんへの目が優しいのね、
それに応える若いスタッフさんたちの夢を語る顔がいいよね。
それに対する監督の
「夢を持ち続けるといつか実現するんだよね。
いい夢を見ようね。」
って応援する言葉もいいよね。

もちろん107人の超豪華俳優陣が貴重な映画です。
それも全員ノーメークだって。
「50年60年生きてきてせっかく出来たシワやシミなんだからさ。」と監督。
それに南田洋子さんが
「監督にノーメークって言われて、あー、よかった、って思ったの。」
なんてね。

とにかくものすごい数の俳優さんが出てるんだけど、どの人どのシーンもリアリティ、存在感があって、ちゃんとそこで生きてるんだよね。で、それぞれの役者さんたちはそれがどう映像化されるか出来上がるまでわからない、っていう撮り方。

それについて監督は
「俳優はただその場を一生懸命生きてるんだよ。
与えられた場だけを生きる、前後のことはわからない、
生きてるってそんなもんでしょ。」

そしてそのリアリティを創るためにスタッフさんたちの映像にはならないところでのものすごい尽力がある。

「俳優はただ与えられた場だけを一生懸命に生きる」
っていろいろと通じるところがあるなぁ、と感じました。

役者さんたちの個性あふれる競演にニヤリとするところが多いです。

でも、ぶっちゃけこの「ドキュメンタリータッチ」の映画、
私は俳優さんたちの演技や映画や原作に興味があったからかなり楽しめましたが、
(懐かしい日本の下町の「絵」や「空」や「明かり」もよかったしね)
ちょっと長いと感じる人もいるかもなぁ、とは思いました。

でも、主な出演者でこれだもん、たまりませんよ。ぜいたくだなぁ。
《出演》 村田雄浩、寺島咲(新人)、岸部一徳、大和田伸也、久本雅美、宝生舞、松田美由紀、赤座美代子、風吹ジュン、山田辰夫、渡辺裕之、柄本明、渡辺えり子、菅井きん、小林聡美、古手川祐子、加瀬亮、厚木拓郎、左時枝、細山田隆人、ベンガル、伊藤歩、立川談志、南田洋子、石橋蓮司、麿赤兒、小林稔侍、宮崎将、宮崎あおい、永六輔、勝野洋、片岡鶴太郎、根岸季衣、入江若葉、嶋田久作、峰岸徹、裕木奈江、中江有里 (※登場順 他カメオ出演多数)




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-04-27 15:42 | DVD | Trackback | Comments(0)

「時効警察」

時効警察 1巻
/ 角川エンタテインメント
ISBN : B000EXZO1S

オダギリジョーさんはクセのあるワルキャラよりこういうほのぼのゆるい系キャラのほうがいいような気がします。まあ、私は好みです。

このドラマ、テレビで放映中はあまり見ていなかったのですが、レンタルで何気なく手にしました。
一応ミステリー(?)で謎解きの体ですが、ストーリーや犯人捜しは割とどうでもよくて(?)時効課の面々(オダギリジョー, 麻生久美子, 豊原功補, ふせえり, 光石研、岩松了など)の濃いキャラクターと各話の犯人役のメインゲスト以外にもサブゲスト(こんなことばあるの?)の役者さんたち(佐藤蛾次郎、田山涼成、根岸季衣、麿赤児、笹野高史、岡本信人、 犬山イヌコ、片桐はいりなど)がもう豪華でたまりません。
ほんの短いシーンなのにバッチリ印象に残るキャラクター創り、インパクトのある登場。
勉強になるわぁ。

2巻も借りたつもりが1巻を2本借りていたという間抜けぶりでした。
また借りてこよう。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-04-27 14:44 | DVD | Trackback | Comments(0)

「D.ミリガンの客」

2006年オイルサーティズ第1回公演「D.ミリガンの客」のDVDを見ました。
サイトはこちら
今年レッスンを受けている講師のみなさんが演出・出演なさっています。

「アブラぎった、アブラののった、引火しそうな演劇界30代が集結!」
のキャッチの通り、各劇団選りすぐりの元気な30代の役者さんたちが実力をいかんなく発揮し、楽しく創っている舞台です。

脚本・演出の松本さんの台本はレッスンでも使っていますが、飛び抜けたヒーローは出てこなくて出演者みんなに見せ場があって、それぞれのキャラクターにいいところがある、というあたたかい作品が多いように思います。

この作品もキャラクターそれぞれに魅力があり、サスペンスタッチでストーリーに興味をつなぎ、幾重にももつれていた糸がじょじょに繋がっていく、最後の最後までその興味を観客からそらさず、すべてが語りつくされたあとにはなんだかあったかいものが残る・・・。
役者さんたちもそれに応えてひとりひとりが力を出し切り、でも力みがなく、嫌味もなく、なんか、いいんじゃない、生きてるって、と思わせてくれます。
このシリーズの第2回公演は今年の1月に生で見ましたが、エネルギーあふれる元気な舞台でした。


レッスンでもキャラクター造形やテンポについて様々な台本を使って稽古をしていますが、その大切さがよくわかります。
長い台詞の語りのお手本もたくさんありました。

生の台本で、実際にそれを創ってきた演出家や役者さんたちから直接教えていただけるのはぜいたくなことだと思います。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-04-23 12:44 | DVD | Trackback | Comments(0)

「眠狂四郎悪女狩り」

眠狂四郎悪女狩り
/ ジェネオン エンタテインメント
ISBN : B0001Z30QA

市川雷蔵の名前と柴田錬三郎原作の「眠狂四郎」のことは聞いたことはあっても、観たのは初めてでした。ひょっとしたら子どもの頃見ていたかもしれませんが。
でも、子どもだったら「見ちゃダメ」って言われてたでしょうね。

大人のエンターティメントって感じですもんね。
いきなり大奥の女どうしの拷問シーンだし。
人斬りにレイプにレズに毒殺にだましうちに裏切りに毒殺に色仕掛けだもん。

私が子どもの頃も「必殺シリーズ」とか「木枯らし紋次郎」とか「子連れ狼」とかエンターティメント性の高い時代劇がいろいろあって大人たちと一緒に観ていました。
うんと小さい時は「早く寝なさい」って追い払われていましたが。
こうしてみると少年マンガの原作ものが多いなあ。

この「眠狂四郎」もなんか少年マンガっぽいなあと感じました。
今はこれくらいのお色気やグロ(ってほどではないけど)ではびっくりされないけど当時はどうだったんでしょうね。

お侍たちや大奥の女たちが様になっていますねぇ。特に女たちの悪女っぷりが小気味いいです。お色気たっぷりだったり、清楚だったり。

主演の市川雷蔵さんは伝説の名優、ニヒルで色っぽい異色のヒーローに胸ときめかせた女性たちがたくさんいたことでしょうね。
この作品は第12話、最終話だったようで、正直眠狂四郎の活躍シーンが少なくて拍子抜けしてしまいました。1話からじゃないとわからなかったかな。
1969年の公開なのですが、見終わってからちょっと調べてみたら1969年に37歳で亡くなっているんですね。とするとこの作品を撮影中はもう体調がよくなかったのかもしれません。
ちょっと浮世離れしたような涼しげな品のいい役者さんだなと思いました。
機会があればまた別の作品を観てみたいと思います。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-04-20 23:00 | DVD | Trackback | Comments(0)

「砂の器」

砂の器 デジタルリマスター版
/ 松竹

1974年の松竹映画。松本清張原作、丹波哲郎主演のサスペンス。
芥川也寸志 さんの全編を流れる音楽がいい。特に後半の謎解き場面での親子の回想シーンとぴったりで感動的です。
その回想シーンで出てくる日本の昔の田園風景が美しく郷愁を誘います。

出演の役者さんたちがとにかく豪華でなつかしいったらありません。
1シーンか2シーン出てくるだけでもその独特の台詞まわしや物腰に個性があって強い印象が残ります。すごいわぁ。
加藤嘉さんの放浪中と病気療養中との変化が生々しく、ラストの号泣が哀しい。
重いテーマなのですが、様々に胸に迫る見応えのある作品でした。
今の映画よりゆったりとした時間が流れてじんわり沁みてくるようでした。

丹波哲郎 タンバテツロウ (今西栄太郎)
森田健作 モリタケンサク (吉村正)
加藤剛 カトウゴウ (和賀英良)
加藤嘉 カトウヨシ (本浦千代吉)
春田和秀 ハルタカズヒデ (本浦秀夫)
島田楊子(陽子) シマダヨウコ (高木理恵子)
佐分利信 サブリシン (田所重喜)
山口果林 ヤマグチカリン (田所佐知子)
緒形拳 オガタケン (三木謙一)
松山省二 マツヤマセイジ (三木彰吉)
内藤武敏 ナイトウタケトシ (捜査一課長)
稲葉義男 イナバヨシオ (捜査一課係長)
穂積隆信 ホヅミタカノブ (新聞記者・松崎)
夏純子 ナツジュンコ (女給・明子)
松本克平 マツモトカッペイ (三森署々長)
花澤徳衛 ハナザワトクエ花沢徳衛 (安本)
笠智衆 リュウチシュウ (桐原小十郎)
春川ますみ ハルカワマスミ (女中・澄江)
渥美清 アツミキヨシ (ひかり座・支配人)
菅井きん スガイキン (山下お妙)
殿山泰司 トノヤマタイジ (のみ屋・主人)
野村昭子 ノムラアキコ (若葉荘の小母さん)
浜村純 ハマムラジュン (巡査)


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-04-19 22:03 | DVD | Trackback | Comments(2)

「阿修羅城の瞳」

阿修羅城の瞳
2005年
監督 : 滝田洋二郎
原作 : 中島かずき
出演 : 市川染五郎 、 宮沢りえ 、 樋口可南子 、 小日向文世 、 渡部篤郎 、 内藤剛志

言わずと知れた「劇団☆新感線」の舞台「阿修羅城の瞳」の映画化。
前半のつかみがなかなかよいです。

江戸の町に鬼が人間に紛れて暮らしていて、
その鬼を狩る一団がいて鬼征伐するシーンは緑の血(?)が飛び散ったりしてちょっとゲッだし、
鬼がどったら、鬼の王・阿修羅が転生するだの全編ほとんどマンガなのですが、
内藤剛志さん、樋口可南子さん、渡部篤郎さんの悪役ぶりは楽しいし、
市川染五郎さんはこれが映画初主演だそうですが、激しい殺陣シーンも決まってるし歌舞伎役者役としてのサービスシーンもあります。
恋をすると鬼になる宮沢りえさんはかわいらしくこの二人の濡れ場は切なくてセクシーです。(短いけど)
まぁ、女盗賊だったりする必然性もあんまりないかな、とか5年でそうはならんだろう、とかいうつっこみはおいといて。

後半はCGこってりで好みではないのですが、まぁいいか。

キャラクターの中では、四世鶴屋南北の 小日向文世さんがよかったです。
「おれは見たものしか書かねぇんだ。」
と言って地獄の果てまで見ようとする劇作家魂。
すべてが消え去ったラストでも
「おめぇのすべてを芝居にして後世に残してやる」
と書き続ける・・・

渡部篤郎さんのイッチャテる悪役ぶりはよかった。中途半端でないワルっておもしろいですよね。
樋口可南子さんの鬼も怖くて悪くて色っぽい。

これ、舞台だとどうだったのかなぁ。
新感線の舞台もきらいじゃないな。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-04-19 01:11 | DVD | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る