<   2008年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

2008年6月(7)

今月は上旬はドイツ旅行に出かけ、
楽塾の新人ワークショップが始まり、
合間に熱を出して寝込んだりしてあまり出かけられず、
家にもいないからDVDも見られず・・・でした。


ローテンブルグの人形劇場
「ジェントルマンズキッチン」劇団6番シード
安房直子朗読館
「A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM - THEじゃなくてAなのが素敵 」翻訳・演出 G2
「楽塾版☆十二夜」 2006年上演DVD
「ふるあめりかに袖はぬらさじ」シネマ歌舞伎
「ザ・マジックアワー」


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-30 22:38 | 観劇・映画月間メモ | Trackback | Comments(0)

楽塾3回目

今日は(って日付が替わってるけど)楽塾新人ワークショップ3回目。
飲み会もあって今帰ったところです。

ワークショップに流山児さん初登場。
今まで自分たちでつくったものを見るなり、
「まったく何やってんだかわからない。」
「だれに話しているのかわからせろ。」
「相手を聞け。」
「とにかく1秒でも待たないことを考えろ。」
と次々と提案されました。

目からウロコがボロっと落ちた気がしました。
こうすれば否応なく相手を聞くし、そうすると自分の中に感情も生まれてくる。
「演劇で遊ぶ」ってこういうことかぁ。
とんでもないことに見えるアイデアも出され、
そのまま宿題になりました。
もちろん次までに台詞は全部入れること。
歌も踊りもあるしなぁ。
大変だけどなんだか楽しいぞ。ワクワク。

今日はそのまま稽古場で飲み会。
メンバーたちはすでにすっかりうちとけています。
みんな芝居に熱いったら。
一応中高年向けの劇団ということですが、みんな少年少女です。
お出かけしていた流山児さんも戻って来られてさらに盛り上がりいつ終わるともつかず。
油断していたらあやうく終電になるところでした。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-30 00:52 | 楽塾 | Trackback | Comments(2)

上演DVD

楽塾創立9周年記念公演 Space早稲田開場10周年記念公演VOL.1
『楽塾版☆十二夜』

2006年4月28日(金)〜5月6日(土)  
【原作】 ウィリアム・シェイクスピア(松岡和子訳ちくま文庫より)   
【翻案・台本・演出】流山児祥
【出演】 
いそちゆき/伊藤しずよ/川本かず子/桐原三枝/菊池磨菜/小森雅子/杉山智子/関口有子
高野あっこ/内藤美津枝/二階堂まり/西川みち子/めぐろあや/冨澤力/柏倉太郎/木暮拓矢
【音楽】Sky Walkers 【照明】ROMI 【舞台美術】小林岳郎 【振付】竹村絵美
【衣裳】鈴木真紀子 【舞台監督】冨澤力 【音響操作】堀之内啓太 【美粧】木内尚                       
【宣伝美術】山中桃子 サワダミユキ 【制作】流山児★事務所 
【助成】芸術文化振興基金

なんとも元気いっぱいに歌い踊り、走り回っています。
舞台を日本に置き換えていますが、違和感なし。シェイクスピアはほんとに懐が深いわ。
私は残念ながら舞台を観ていないのですが、この上演DVDは楽塾メンバーさんからお借りしたものです。

この6月から楽塾に入団し、現在新人ワークショップに参加中です。この作品に出演されている先輩メンバーさんや新人メンバーといっしょです。
明日はワークショップの3回目。レンタル屋でCDを探しに行って秘かに歌ってみたり、台詞をぶつぶつ言ってみたり。明日は流山児さんもいらっしゃるとのこと。どうなるのかなぁ、ドキドキ。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-28 23:32 | 楽塾 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎

シネマ歌舞伎「ふるあめりかに袖はぬらさじ」
を観てきました。

すごすぎる、玉三郎さん・・・

映像なので髪の毛のほつれから息づかいまで
おそろしいほどよく見えます。
観客の反応も入っているので臨場感も十分。

それにしても、ゾクゾクするほどの巧さ。
ほんのわずかな手の動き、一瞬の表情、身のこなし、
目配せ、脚さばき、すべてが完璧に美しい。
神懸かり的な絶妙な間、台詞まわし・・・・・・
あまりにうまくて手の動きにすら感動してしまう。
もう目がくぎづけ。
複雑なお園の心情も手に取るように余さず伝わってきます。
うますぎて観ているこちらがドキドキするという希有な時間でございました。
至福だわ。

そしてまた豪華すぎる、キャスト陣・・・
あ、あんな大物さんがごろごろ(失礼!)と惜しげもなく・・・
いいのか、あの人が脇役で。でもやっぱりすごいインパクト。
実を言うと新感線やシェイクスピアでお見かけするほうが多いのですが、
これも全然「歌舞伎」という感じはしなくて
とにかくすばらしい芸術をみせていただきました。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ




b0131968_23441832.jpg
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-27 23:16 | 映画 | Trackback | Comments(2)

夏の夜の夢

東京芸術劇場
中ホール
A MIDSUMMER NIGHT'S DREAMーTHEじゃなくてAなのが素敵
翻訳・演出 G2
出演
山内圭哉 / 竹下宏太郎 / 神田沙也加 / 樹里咲穂
菜月チョビ / 藤田記子 / 小松利昌
出口結美子 / 権藤昌弘 / 新谷真弓
植本潤 / コング桑田 / 陰山泰

そういえば最近シェイクスピアを観ていないなぁ、と思っていたのですが、これはG2さんのシェイクスピア初翻訳・演出ということで。役者さんも植本潤さんと鹿殺しの菜月チョビさんしか知らないし、神田沙也加さんが出ているのも今朝気づいたくらい。

「真夏の夜の夢」は芝居だけで10本以上は観ています。
今回はチラシのキャッチに「G2が遂にシェイクスピア喜劇に手を出した!」
とあるのですが、シェイクスピアってどんなに「奇抜」にやっても奇抜にならないんですよね。この真夏ももう、なんでもありなんですよね。この「そんなのあり?!」って話を「あるかもねぇ」にするのは大変なエネルギーです。今回の公演ではシェイクスピアの多弁ぶりに突っこみを入れたり、関西弁を多く入れたり、歌や踊りを入れたりしていますが、どうも空気(舞台上も客席も)が熱くはなりきっていなかったように思います。多分役者さんたちはもっと濃いキャラの方たちなのかもしれません。
榎本さんはシェイクスピアにはたくさん出ていらして、特に「子どものためのシェイクスピア」でのオリビア姫などは印象が強いのですが、今日はパックで楽しませていただきました。
意外と言っては失礼なのですが、神田沙也加さんがパンツ丸見えで髪振り乱して熱演していたのはうれしいびっくりでした。

ちょっと劇場が大きすぎるような気もしました。もっと客席と近くて一緒に楽しめるほうがよかったのかなぁ。

恋人たちの魔法が醒める場面の「なんかわけわからんけど、まぁいいか。」的なところにリアルを感じました。実際わけわからんけど、人を好きになったり、突然嫌いになったりしますものね。
このあたりは、「んな、あほな。」とつっこみを入れたくなるところですが、妙にこの公演では「そんなもんだよね。」と納得できました。全体的にはもっとおもしろくなりそうなのに、もっと笑いたいのに、あれれ?という感じでした。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-27 00:17 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

ザ・マジックアワー

昨日観たザ・マジックアワー

平日なのにレディスデーということもあり、劇場は女性でいっぱいでした。
上映前から客席はなんだか楽しげでおしゃべりも予告編が始まっても続きます。
これ、始まったらやめてくれるかなぁ、とちょっと心配でしたが、なんとか大丈夫でした。ま、数回途中で解説する声は聞こえましたが。

終わって帰る時後ろのほうで楽しげな会話が聞こえてきました。
「おもしろかったわねぇ。」
「俳優たちみんなよかったわねぇ。楽しそう。」
「俳優になりたくなっちゃった。」


佐藤浩一さんが売れない俳優を楽しげに演じていて、売れなさぶりのシーンがせつなく、だまされているときの熱演がうまくて笑わせてくれます。
三谷作品の常連さんたちや大物俳優さんたち、それに市川監督ががところどころに出演されていて楽しませてくれます。短いシーンに存在感を見せてくれる役者さんたちを見るのが好きです。その一瞬で、いいなぁ、と思わせてくれます。
中盤の銃撃戦で6Cの小沢さんがタクシー運転手役でアップで登場していました。今日のレッスンでお会いしたときにストレッチをしながら吹き出さないように気をつけないと。
ラストに向かってスタッフたちが集結するところがすてき。
セットがすごくて、ラストのクレジットでその制作過程を早送りで見せてくれるのがいいサービスです。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-26 08:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

初ベール

日曜日のベリーダンスのクラスに通えなくなったので
今日から違うクラスに行ける時は行くことにした。
少人数でひとりずつコメントしてくれる。
でも前のクラスより進んでいるみたい。
ベールも初めて使った。
上体を大きく使わないとからまっちゃうのよね。
ベリーダンスでは身体を部分的にパーツで分けて使うみたいだから
(肩や胸を動かさずにお腹や腰だけ使う、とか)
芝居の身体作りにもいいんじゃないかと勝手に思ってます。
「身体に芯を持つ」っていうのも共通しているような。
まあ無理せず楽しんで続けてみよう。
稽古が始まるのですぐ通えなくなるんだけど。
そういうの自由なクラスみたいだから。

ベリーダンスのあとは
お気に入りのインドネシアレストランでナシゴレンのランチ、
女性限定でデザート付き。
同じくレディースデイで「マジックアワー」も見た。

そのあと9月公演の衣裳探し。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-25 22:58 | Trackback | Comments(0)

まずは、続けること、かな。

昨日はスタジオレッスンの前に個人レッスンを受けるので
久しぶりにラッシュ時に電車に乗ったら、
相変わらずすごいですねぇ。
ホームからは人があふれんばかり
やっとの思いで乗り込むと
そのままぎゅうぎゅう押し込まれ身動きできず、
身体とはるかにはなれたバッグを必死でつかむ、
もちろん足の置き場もあるかなきか。
最もひどい時間は30分くらいなのですが
その長いこと。

こりゃあ朝から命がけだわ。
気もすさむわ。
よくこれで本が読めるなぁ。
ちょっとページが当たるじゃないの。
なんとかなんないの、この状況。
修行僧のようにじっと耐えて押し黙る人、人、人・・・
みなさまお疲れさまでございます。


午前、午後とレッスン。

以下自分メモ
なかなか背中が使えるようにならないなぁ。
深い呼吸のために背中を柔らかく使えるようになりたい。
呼吸が多少できるようになっても台詞を言う段になるといかせてないし。
もっとストン、と息を入れたい。
響きのある声を手に入れたい。
身体の深いところで感情を作り、声を出すときには余計なところに力を入れない、って難しい。
台詞まわしの悪いクセを直したい。etc.etc.・・・
課題は山積み。



夜は芝居で知り合ったNさんと久しぶりにデート
芝居の話がいっぱいできて楽しかった!
今、演劇を続けることについて、とか。
自分をしっかり持っている人と話すのは気持ちがいいです。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-25 07:38 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(2)

安房直子朗読館

ワークショップのあとは荻窪へ。
東西線で1本でした。
(帰りはまだ8時なのに直通はなくなっていました)

9月の公演で共演する越前屋加代さんがゲスト出演するということでかけつけました。

そもそも作者の安房直子さんを「あわなおこ」さんとお読みするのも覚束なかったのですが、アットホームな会場にシンプルな舞台装置。

「ねこじゃらしの野原」はなつかしい風景が目の前に広がるような
ユーモラスで心あたたまるお話でした。

「小さいやさしい右手」
は子どもの魔物の心の波が聞こえるような
不思議な味のストーリーに
アコーディオンの生演奏がよく合って
素敵なコラボでした。

サイトはこちら


ここでもまた演劇(的)なさまざまな表現、
さまざまな関わりを感じたのでした。





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-23 12:50 | 観劇 | Trackback | Comments(2)

楽塾と朗読と

楽塾新人ワークショップ2回目。
早速立ってみました。
とにかくやってみましょう、と
いうことで、みんなでワイワイ。ああでもない、こうでもない。
しかも歌と踊りを入れるように、との流山児さんの指示。
もっとも流山児さんは今回はなるべくタッチしないから
自分たちで好きなようにやってみろ、とのこと。

演出家がいて、公演に向けて厳しいダメ出し、
というのとはまったく違っていて妙な感じ。
これが楽塾流なのかしらん?
緊張した空気、というよりはみんな否応なく仲良くなっちゃって
和気あいあい。
これって、高校演劇部的なノリ?
「遊べばいいのよ。」
とは先輩メンバーのお言葉。
なんだかんだ言って
オープニングの歌と踊りもなんとなく出来あがり・・・
ひょっとして、楽塾にタブーはないのかも。

またしてもまったく違う世界だわ。
ここでは頭も身体も心も柔らかくして
芝居で遊んでしまうのがいいのかも。

終わってからは荻窪へ直行。
9月公演の共演者がゲスト出演する朗読の会へ。
公演の代表も来ていて、
「ちょっと頼みがあるんだけど。」
と仕事のお話でございました。
なんでもやらせていただきますです。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2008-06-22 22:49 | 楽塾 | Trackback | Comments(2)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。次回出演2017年6月24日~25日YSG大14回公演『間違いの喜劇』@山手ゲーテ座


by sk_miyuki
プロフィールを見る