ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

劇団だるま座相鉄本多劇場

2006年と2008年にも観ています。

1945年5月29日の横浜大空襲のあった日に横浜で上演されています。
今日は作者の篠原久美子さんもいらしていて終演後にごあいさつがあり、劇中の演劇青年はご自身の知人の方がモデルであり、実際に起こったことがかなり織り込まれているとのお話がありました。この作品は戦争の悲惨さ愚かさもさることながら、本当に芝居をしたくてたまらなかった、ただただ芝居がしたいのだ、身体が勝手に動くのだ、という役者たちの叫びが、声高でなく一層平和のたいせつさを訴えかけてきます。同時に極限状態の時にこそ、つらい時だからこそ笑いたい、泣きたい、芝居を見たい、そしてひとりでもそんなお客さまが居る限り幕を開けたいという演劇にとりつかれた面々のコトバが今演劇をこころざしている人たちへの応援歌にも聞こえます。
 


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-30 23:37 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

お元気でなにより・・・

先日ちょっとした親戚筋の集まりがありましてお姉さま方と会食したのですが、
まぁ、お元気で私などの若輩者は口をはさむスキもございません。
次々と話題が変わり、話題に応じて喜怒哀楽もハッキリ。
特に“怒”という感情はエネルギーがみなぎるもののようです。
「ようです」ってかくいう私も自慢じゃありませんがキレやすいのでよくわかります。
でもねぇ、これきっと血圧によくないよね。でも、さすがに最近は少しまるくなりました。(多分・・・)
で、そのお姉さま方、きれいにお化粧なさってもちろん身だしなみもスキはなく、
食事が終わるとみなさんそそくさとコンパクトを出し、口紅を塗り直し・・・
私がぼさ~っとしていたら、口紅を差しだされてしまいました。いえ、あの、私も持ってます、一応。
ゴルフに旅行に若いボーイフレンドに・・・
人生の荒波を乗り越えていらしたお姉さま方のパワーに圧倒されたのでありました。
20年後、こんなに元気でいられたらいいなぁ。
お姉さま方のさらなるご壮健をお祈りします。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-29 22:42 | 日記 | Trackback | Comments(2)

子宮は・・・

ないです。

5月25日付けで森昌子さんが子宮全摘手術を受けていた、とのニュースがあり、その見出しが気になってクリックしました。

私も同じ手術を受けたから。
いつだっけとひもとくと2004年、もうそんなにたったんですねぇ。
何回か書いているようにワタシ自分の健康にとんと鈍感なものですから、なんか近頃息切れがするなぁ、とかいつものように階段登れないなぁ、とか、疲れやすいなぁ、とか思っても「年のせいか」ですませたり、なにしろものすごい不正出血だったのに異常と思わなかったというのんきさで、普通に職場の健康診断(人間ドック)でちらっと言ってみたら「すごい貧血です」と言われてすぐに病院で精密検査を、と言われ、行ってみたら「すぐ手術」てな、とんとん拍子(こんな時には使わないか・・・)に話が進み、とは言え3年の担任だったからそうもいかずに卒業式まで待ってとお願いして結局1年近く延ばしてから手術しました。
さすがにまぁ、人並みに悩みました。でもこれ、ちょっと女同士で話してみると「私も」「私も」と軽い重いの差こそあれ多いんですねぇ。日本女性の4人にひとりとも5人にひとりとも言われているようです。みんながみんな手術しているわけでもないのでしょうが、そりゃあいろいろ悩みますわなぁ、「女は子宮で考える」なんてアホな言い回しもありますしね。
当時もそれなりに悩みましてネットで探しまくりました。同じ病気で同じ手術の人のHPやブログにずいぶん励まされたり安心させられたりしました。自分もいつかお返ししたいと入院中の記録なんぞもつけていたのですが・・・

長いこと(私なんぞまだまだですが)生きているとほんとにいろいろなことがあるものでわが身に起きてみないとわからないことも多く、起きてみてもなんだか人ごとのように思えたりするものですが、そのたびに家族や周りのひとに心配かけちゃって感謝しとります。

でもまぁ、喉元過ぎると熱さを忘れる、ってぇのもいけないところでして、これはちっとは真面目に生活習慣を改善せねばと思う今日この頃でございます。




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-28 13:02 | 健康 | Trackback | Comments(2)

心臓が大きい?!

心臓に毛が生えてる・・・
じゃなくて、
ガラスの心臓・・・
ってほどでもないけど

えっと、血圧が高めが続いていてまずいなぁ
と思いつつズルズルしていたら

「さっさと医者に行きなさい!」

と久しぶりに会った親せき筋のお姉さまがたにどやされ、いえ、心配され、
ようやく行ってみたら

レントゲンやら心電図やらをとられ

結局薬を飲んで様子を見ることになり

なんでも心臓が大きくてかつ、形もよくないらしい。
丸くないんだって、心臓が?!


こんなん夜中にやっとったら心臓に悪いわ。はよ寝よ。ほな、おやすみ。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-28 00:28 | 健康 | Trackback | Comments(2)

ピンクの象と五人の紳士

ご存知、別役実 作。
文学座有志による自主企画公演
別役実上演友の会

演出の西本さんはまだ二十代とか。
小雨降る中お出迎えしてくださったり前説なさったり。かなりガチガチが初々しい。

ここはどこ?私はだれ?ワタシって何?アナタ、ほんとにアナタ?
堂々巡りしながら微妙にズレていく言葉たち・・・

楽しく達者な不条理でした。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-26 20:48 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

ベルトルト・ブレヒト
「…子供も芝居のようなものだ。作った人間は、それが自分のものだと思っている。だが、一人の子供が一人前になるには、芝居の初日が開くように沢山の人の手がかかっているのだよ。僕を生んでくれたのは、母親だけど、僕を育ててくれたのは僕の住んでいた社会、僕と一緒に生きてくれた友人たち。たとえば君が僕を育ててくれた。・・・」


ふたつともほんとにそうだなぁと今さらながら思う。

芝居が初日を開けるまで(楽日までとその片づけまで全部だけど)

子供が一人前になるまで(死ぬまで、いや死んだ後もかな、だけど)


たくさんのたくさんのひとの手のおかげなのよねぇ。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-23 18:00 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

せりふの時代 2010年 05月号 [雑誌]

小学館




たまたま本棚をながめていて目に入った「せりふの時代」いつの号かも確かめずに読み始めたらおもしろかったんですね、これが。
あとで見たら1999年秋号。あらま11年も前だわ。
掲載戯曲は
1999年秋号/vol.13
「ブレヒト・オペラ」斎藤憐
「大正四谷怪談」岸田理生
「海よりも長い夜」平田オリザ
「ある朝、10時ごろ」佃典彦

買った時に読んだかどうかはさだかではない。
新連載に筒井康隆氏の「演劇日記」があったり、渡辺えり子さん(この時は子がついてるわ)の対談相手が植木等さんだったり。

時々本屋さんに寄って目に付くとふらっと買っていました。
ああ、仕事してる時は本も買い放題だったなぁ(遠い目・・・)
今じゃあ芝居だってそう簡単には行けないわ、はぁ。

そ、それはともかく

で、今何気なく検索していたら【「せりふの時代」休刊のお知らせ】が!
「諸般の事情」って何だろう?
あんまり売れなくなっちゃったのかなぁ。
戯曲や演劇関連の本って単行本で買うと高いのよね。そもそもあんまり数が出てないし。1000円以内で最低4本の話題の戯曲が読めるなんて貴重だったのになぁ。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-20 23:25 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

深浦加奈子さん

昨日ジムでマシンこぎながら「相棒」の再放送を見ていたらお気に入りの水谷・寺脇コンビの時のでゲストさんも上手い人ばかりでエンドロールでお名前を確認してしまった。尾藤イサヲさんとか浅野和之さんとか、そうそうこの女優さんは深浦加奈子さんだった、このひといいよなぁ、なんて思っていたら・・・んん?待てよ、深浦加奈子さん?この方亡くなったのでは?そうだ、亡くなったことは知っていたけど、この女優さんってピンと来てなかったんだ、文字だけの情報だったから。調べてみたらこのシーズンは2004年12月の放映で、深浦さんが亡くなったのは2008年8月・・・してみるとこれは闘病中の撮影だったんだ。
まだ48歳だったとか。ううむ。なんて残念なこと。かなり遅ればせですが。






CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-19 09:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今年はチェーホフ生誕150年なんだそうです。
どうりであちこちでチェーホフの上演が多い気がしていました。←気づくの遅!

9月に流山児★事務所でも千葉哲也さん演出で「桜の園」上演だそうです。
ロシア文学は苦手なんですけど、チェーホフは割と読みやすいんで。←短編が多いからだろ!
舞台も勉強不足であまり好んで観てはいないのですが、この「桜の園」は何回目か読んで今度の舞台は笑えそうな気がしています。
記者発表の記事で主演の安奈淳さんが

「原作を何回か読んだんですけど、何やこの女?っていう感じで(笑)・・・喜劇ですけど、観終わって空気読めないこういう人居るよなっていう感じでやりたい」と語った。

とあるのを読んでまた読む気になりました。
初めから登場人物の話が全然かみ合っていなくてみんなひとの話聞いてないし(笑)
ラネーフスカヤ夫人には「もしも~し!」って突っ込み入れたいところ満載ですよね。
これ流山児★事務所でやったらどうなるのか楽しみです。キャスティングも楽しみ。


桜の園 (岩波文庫)

チェーホフ / 岩波書店



チェーホフ (岩波新書)

浦 雅春 / 岩波書店



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-17 00:34 | | Trackback | Comments(0)

DVD「ヘアスプレー」

ヘアスプレー [DVD]

アスミック



そのうちに観ようと思って今になったんだけど。
ハッピーハッピーなミュージカル映画ってこととジョン・トラヴォルタの女装に興味があってあとの前知識はあまりないままに観始めた。オープニングで登場のヒロイン、トレーシーのぽっちゃり体型はともかくそのめちゃくちゃ明るい笑顔に、なんで学校行くまでそんなに歌いっぱなしでしかもそんなに前向き、とつっこみ入れつつ、学校に着くまでにはキュートな女の子だなぁと好感持たされちゃいました。で、その歌の間に「ボルティモア」が妙に引っ掛かり、1960年代? ああ、そうだった!と気がつくボケぶりだった。そういうメッセージもちゃんと入っていたんだ。夢をあきらめないで、差別はやめましょう、愛に肌の色は関係ない、太っていて何がいけないの、などなどいかにもアメリカ、なメッセージ、ラストも展開も見え見えで典型的な展開なのにやっぱり引き込まれてみてしまった。エンターティメントのつぼ押さえまくり。そしてまた上手いんだねぇ、みんな。どのキャラクターもぴったりで。ジョン・トラヴォルタの母親役もその外見にも(すごい特殊メイク。たいへんだったろうなぁ)もちろんビックリなんだけど可愛くて切ない女ゴコロが伝わってくる。「男の気持ちもわかるのよ。」とかラストのダンスには、往年のダンスシーンを彷彿とさせニヤリとさせられる。父親役のクリストファー・ウォーケンとか敵役のミシェル・ファイファーとかカワイイ男の子たちとかよかったなぁ。お決まりのメッセージになつかしの歌とダンス。なんだかんだ言っても一時観ている間ひとを楽しい気持ちにしてくれたり観終わった後元気が出てくるような映画や舞台ってのはいつだって必要だよなぁと思う。

CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

ブログランキング 演劇/舞台
人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2010-05-16 16:06 | DVD | Trackback | Comments(0)