ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

<   2012年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

羽田空港を利用したことはもちろんありますが
今日は見送りでしたので少し探検してきました。

羽田の国際線ターミナルは初めてだったのですが
おもしろいことになっていたんですね。
b0131968_229186.jpg

 
前の記事に画像を載せましたが、4階が江戸小路とやらになっていました。

お腹が空いたのでレストランをのぞいたのですが、案の定どこもお高くてやっと1000円以内のところを探して食べたのがクッパでした。でも、これがあっさり塩味でおいしかったですよ。


しばらく海外旅行もご無沙汰しているなぁ。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-28 22:14 | 日記 | Trackback | Comments(2)

WELCOME to EDO!

b0131968_15334147.jpg

b0131968_15334214.jpg

b0131968_2154078.jpg

さて、ここはどこでしょう?


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-28 21:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

カルビ塩クッパ

b0131968_15535085.jpg

カルビ塩クッパ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-28 15:53 | Trackback | Comments(0)

「イロシマ」仕様

昨日の稽古場はすっかり「イロシマ」仕様になっていました。

楽塾ブログにアップしたのですが
ここにも載せちゃおう。
b0131968_2336024.jpg


でもって、この背景を描いたさぼさんこと青木砂織さんには「十二夜」の時に毎日道化メイクとヘアをしていただいていました。(また載せちゃお)
b0131968_2343286.jpg



流山児★事務所、今度は「イロシマ」!
作者(鹿目由紀さん)も演出も出演者もほとんどが女性なんていいでしょ。
しかも流山児★事務所の女優さんたちですからね。タダじゃすまないよね。


7月7日からです。
詳しくは流山児★事務所のサイトへ!

流山児★事務所の稽古場日誌
もおもしろいですよ。





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-25 23:49 | 流山児事務所 | Trackback | Comments(0)

今日の楽塾は午前中。(午後は「イロシマ」の稽古がありますからね)
今日は楽塾の過去の作品から2つ読みました。
私はどちらも初見でした。

終わってから何人かで近所のインドネパールレストランでランチ。
私はネパール定食にしました。
b0131968_22563641.jpg


お腹がいっぱいになったところでそのまま何人かは
これも近所の早稲田大学小野記念講堂へ。
『現代演劇シリーズ第39弾 つかこうへいの70年代展』の一環の
関連 演劇講座
〈上映作品〉
第1回(6/24):『ストリッパー物語』(1975)/『戦争で死ねなかったお父さんのために』 (1977)

を見て来ました。
1時間前に行ったのにもう列が出来ていて上映時間にはほぼ満席でした。(定員200名)
1本目はかなり画像が古くてあまり聞きとれず、役者さんの顔もよくわかりませんでしたが、当時の小劇場の熱のようなものは感じることができました。一緒に笑えなくて残念でしたが。
2本目はNHKの「若い広場」(ありましたねぇ、そういえば)の映像でしたので、きれいでした。(ほっ)
若き日の風間杜夫さん平田満さん加藤健一さん三浦洋一さんが生き生きと演じていました。

先日扉座さんの「つか版忠臣蔵」
を観て来ましたが、ああやっぱりこういう感じだったんだなぁと思いながら見ました。
70年代は私はアングラ演劇にはとんと縁がありませんでしたが元気でおもしろかったんでしょうね。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-24 23:18 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(2)

で、昨日は観劇の前に
ACT in 英語
というワークショップに参加しました。

この前のパントマイムワークショップもそうですが、ネット上でたまたま見つけておもしろそうだったから。

仕事辞めてから英語のほうはなまりっぱなしですからねぇ。
英語の教材はひところは片っ端からやったりもしましたが、
結局どんなにお金をかけても関係ないんですよね、
要は、やる気、根気、それだけ。

英語と演劇が両方というのはおもしろそうでしたからね。

学生の頃Drama Methodを使って英語を学ぼうという方法に興味があってワークショップに行ったり、そこの教材で見よう見まねで大学の英語サークルで紹介してみたりしたこともありました。今回の先生もそことも関係あるみたいです。
英語の勉強まっしぐらだった時(あったのか?!)もやっぱりDrama(演劇)だったんだなぁ。
 
あ、それでね、今回のワークショップもそっち系かな、と思って参加したのですが

それよりもしっかり「演劇ワークショップ」でした。
日本語じゃなくて、英語を使っているっていうだけ。
そういえばサイトに「あなたの演技の幅を広げるお手伝いをします」
ってちゃんと書いてあったわ。

英語の戯曲や映画のシナリオから抜粋した短い台詞をペアやグループで演じるのですが
登場人物の関係やキャラクターや状況を自分たちで考えて演じて、お互いに見せあって意見を言い合ったり、先生からアドバイスがあったりします。
簡単な数行のやりとりでもそれを話すのが人間である限り演じ方が限りなくあるのは同じこと。

しっかり言うこと
相手を受け入れること
相手を聞いて反応すること
関係性を考えること
「なぜ」そう言うのか考えること
観客を意識すること
などなど・・・

"Acting is the easiest. Just do it. But it is the hardest because it is easy."(←うろ覚え)

自転車に乗ることになぞらえて「演技は習うものではない。自転車の乗り方を言葉で言い表すのは難しいが、乗れるようになってしまえば簡単なことだし、一度乗れればその後はずっと乗れる。」(←うろ覚え)

というようなことを優しく、わかりやすい英語で話してくれます。

流山児さんや他のワークショップなどで言われることとかなり近いのですが、
一番大きな違いは

"That's a good question!"
"That's the point!"
"Exactly!"

というようなほめ言葉がbig smileとともに贈られることでしょうか。

それがあってから別の可能性が付け加えられます。
こんなことないもんなぁ、久しく。(←そこかい!)

ま、演技に対する厳しさも言語にかかわらず同じことです。

今回の参加者は役者さんが多かったようで、みなさん想像力たくましくテンション高く、演じること大好き!で楽しかったですよ。

久しぶりに英語も話せてよかった。
そう言えば若いころ初めて海外旅行をして英語で会話した時に、日本語ではめったにない開放感を覚えたのを思い出しました。英語のほうがよけいなあれこれを考えずに本当のことをストレートに言えるから単細胞の私には楽なのかもしれません。(間違いだらけで、語彙がないため複雑なことは言えない、とかいう細かいつっこみはなしですよ。)



ワークショップのことうまく説明できずすみません。
( I'm sorry if I didin't remember your words correctly!)


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-22 16:27 | ACT in 英語 | Trackback | Comments(0)

と、いうことで
昨日はそのうちのスカイツリー篇を観に行ったわけですが。

そびえたっていましたねぇ、スカイツリー。
しっかし、目と鼻の先まで行きながら、ツリーには見向きもせず(とりあえず写真は撮った)「すみだパークスタジオ」の前に当日券のために並んで無駄に蚊に刺されるという目に合いました。

まぁ、おかげで当日券1番だったので、1枚だけあった桟敷ではない席に座れてしかもそれが最後列のど真ん中、という全体を見渡すにはナイスな席でした。
木で組んだ(?)客席の上でその下が花道になっているので役者さんたちの出入りもよく見えました。
(高所恐怖症の私にはちとコワカッタですが)

開演1時間前にようやく中に入れましたが、ロビーになっているところはかつてはカフェだったらしく名残のテーブルとイスがそのまま置かれています。
中には着物姿のきれいなオネエサンと職人風のかっこいいオニイサンたちがなんやかやと案内してくれます。そこから芝居が始まっているというわけです。
客席では行商もおこなわれて(?)いるわけですが、そこで売られていたのは上演台本はともかく、この大判焼き。威勢のいいオニイサンたちのかけ声につい買いたくなりますが私は普通に売店で買いました。
b0131968_1437442.jpg

劇場内は祭り提灯が吊るされのぼりの旗がはためいて昔なつかしい雰囲気。イスも固い。隣の人に遠慮がないと腕が当たるので2時間15分ちっちゃくなって座ってました。ま、そんなに気にならなかったけど。
私は上演の前のガヤガヤした客席や案内の役者さんたちをみながら置かれているチラシをパラパラめくる時間もけっこう好きなので、この点も楽しめました。

ギリギリに入るお客さんがいると席と席の間が狭いので全員の視線を浴びつつそろそろと奥まで入ることになります。

10分押しくらいで始まったかな。その行商のオニイサンたちがなんと赤穂浪士さんたちだったんですねぇ。
踊ってましたねぇ、レオタードのオネエサンたちが、タキシードのおにぃさんたちが。かっこいい殺陣も満載。この殺陣が男装の女優さんたちがかっこいいんだな、これが。オトコたちの優しさ情けなさけなげさいやらしさがまたかっこいい。
小気味いいセリフが次々に飛んできて、場面が音楽と共にパッと変わる。
これぞエンターテイメントって芝居でした。

「忠臣蔵」自体は昔から年末になると長~いドラマを放映しているけど、私はおもしろいとおもったこともなければどこに感動するのかもち~ともわからないのですが、このつか版も「なんで仇討やねん?」「何が大義やねん?」ってところをうまく使っていておもしろかった。お上が何をほざこうと、権力や名声やお金がどうだろうと、そこだよね、生きるってことはさ、っていう、人間が好きになれる芝居だった。

つかこうへいさんと言えば、「蒲田行進曲」の映画は何度も見ていますが、それを彷彿とさせる熱い舞台でした。
この芝居も横内さんのつかさんが「好きだ!」っていうのがよく出ていました。
パンフレットに「私が初めて書いた『つかさんへのファンレターです』」とありました。

役者さんたちがみんな個性的で特にメインのみなさんは濃くて強烈でした。

終演後はイケメンの男優さんからおみやげのお菓子をもらいました。もちろん着物の美女も配っていましたよ。
b0131968_14395686.jpg


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-22 14:41 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

昨日はタブレットから直接投稿したらタテヨコが直っていなかったりしたので
画像だけ修正します。
b0131968_11111264.jpg

b0131968_11115865.jpg

b0131968_11125214.jpg



今日はワークショップを一つ受けてから、芝居を観にはるばる移動。
例によってっどっちもヘンな道の迷い方をしておもしろかったよ。

今当日券に並び中・・・って、1番だよ。あと30分待てば買えるな。それからさらに開演まで時間があるけど、近くにマックもカフェもファミレスもないなぁ。スカイツリーはあんなに近いのに細切れ時間が半端すぎる。今日はこういう巡り合わせなのねん。雨もパラツいてるしなぁ。

今日のワークショップも初めてだったけど、(演劇を使った)「英語のワークショップ」かと思ったら、 (英語を使った)「演劇のワークショップ」だったよ。こういうのも珍しいでしょ。
英語がなまったから、というのもあったんだけど、思ったよりずっと演劇寄りだったのでおもしろかったよ。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-22 11:13 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

さて、次の楽塾は・・・

GWの「十二夜」公演終了後は
しばらくお休みで

ココロとカラダのメンテなどしておりましたが

そろそろウズウズしてきた今日この頃。

久しぶりの楽塾集合でした。

Space早稲田はすっかり「イロシマ」仕様になっていました。
オトコ臭い「さらば、豚」の次の流山児★事務所の演目は
女優さんのみの「イロシマ」です。

詳細は流山児★事務所のサイトをごらんいただくとして。



今日の楽塾はもろもろの整理やら報告やらをすませまして。
これからのことをいろいろと・・・

なんて言ってたら
ホントにいろいろ!!!
やることになっちゃったような・・・

あれ?!一気にスケジュールが埋まったぞ。

そんなこんなでしたが、ともかく待ちきれないように
(一番待ちきれないのは流山児さんのようでしたが)

山元清多:作 『チャンバラ~楽劇天保水滸伝~』(1972年)

をみんなで読みました。

1回読んだだけじゃあ、なんだか要領を得なかったのですが

なんだかよくわからないけど、おもしろそう!
でした。

この作品は
☆Space早稲田演劇フェスティバル2012特別企画「1960~70年代傑作戯曲を読む」☆
で、流山児さんが演出する作品です。

ただ今出演者募集中!です。

おっと、その前に

○豊島区制施行80周年記念事業○11月公演寺山修司:原作「地球☆空洞説」プレイベント☆
流山児祥の「大人のための」演劇ワークショップ『地球☆空洞説』

もあります。

こちらは
【応募資格】40歳以上(経験不問) 全日程に参加できる方!
【日  程】2012年7月4日(水)~9日(月)

です。

応募締め切りは6月25日です。

いずれも詳しくは流山児さんのブログをチェックしてくださいね。


とまあ、なんやかやありましたが、

ちゃんと500宴会(500円会費のミニ飲み会のことです)はしましたよ!

これからまたいろいろと動き出しますよ。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-17 22:45 | 楽塾 | Trackback | Comments(0)

パントマイム初体験

昨日はパントマイムのワークショップに参加してきました。

GWの後、じっくり身体を動かす機会があまりなくてちょっと心配でしたが
久しぶりにレッスンで教えていただけてよかった。

おかげで今朝は期待通り気持ちのいい筋肉痛です。

全身ですが、主に肩まわりから腕が一番かな。
脚と胴まわりも適度に。

パントマイムはまったくの初めてでしたが、演劇と関係の深いものだし
どうやって身体を使うのか以前から興味がありました。

レッスンの初めのストレッチもちょっと変わっていて(ひょっとして難度高いのかも)おもしろかったし
身体のパーツをひとつひとつ意識して動かすのもよかったです。

メインのレッスンはおなじみの「壁」「階段昇降」「はしご」「ロープ」などの基礎練習でした。
ゆるやかな動きに見えますが、ひとつひとつの動作をていねいにやるとかなりあちこちの身体(筋肉?)を使いますし、そのコントロールが必要です。
何でも同じでしょうが、これもやはり基礎訓練の反復が大切なのでしょう。
ゆっくり動いて途中の動作で静止、って難しいですよね。
重心移動がゆっくりというのはそれだけ負荷がかかりますし。
これをスムーズな流れで出来るようになったら楽しいだろうなぁ。

今回のレッスンでおもしろかったのは、いただいたお題をマイムで表現するというものです。
それも「感情の流れを台詞を使わずに身体で表現する」ということ。

ひとりずつみんなの前で発表するのですが
観客がいると楽しいですねぇ、自分はできなくでも。
他の人の発表を見るのはいつも勉強になります。

身体を動かすのはやっぱり楽しいなぁ。

レッスンの後で先生から
「身体使えているから大丈夫ですよ。」
と言っていただけたのはうれしかった。

今回参加したのは
こちらのまあささんのワークショップです。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
by sk_miyuki | 2012-06-17 07:51 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)