<   2012年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

超ウルトラ原発子ども―ゲンパツは止められるよ:伊藤 書佳

家中本であふれかえっているので整理しないとなぁとあちこちひっくり返しているといろいろと出てくるのですが・・・。
この本、著者の伊藤 書佳さんが20歳の時に書いた本で1989年の発行です。

超ウルトラ原発子ども―ゲンパツは止められるよ

伊藤 書佳 / ジャパンマシニスト社



すっかり変色してかろうじて読める帯には

「日本で一番わかりやすい"原発"の本」
「大人になるまえに読む絵本」
「無知でダメな大人と心中するなんてイヤざんす~」
「原発はない方がいいけど、電気はなくなったら困る。
そう思っていたワタシは、きびしい学校にはいきたくないけど、学歴は欲しいと考えていたときのワタシと同じだった。-あとがきより」
とあります。

【目次】(「BOOK」データベースより)
はじめまして 原発 すこし長いまえがき/「原発に賛成する」おとなの意見は聞くものです/「原発に反対する」お子さんは、こう考える、こう行動する/原発を知らない人へ、少し知っているフミカから「原発」Q&A/反原発運動編 フミカは日本中を走りまわった/「原発反対!!」には賛成だけど危ない「反原発」のゆくえ/暗くなんかないさ、電気がなくても楽しい日

とあるように
原発賛成派の意見ひとつひとつにふみかさんが反論する章あり
原発に反対してさまざまな行動ととっている子どもたちを紹介する章あり
原発に対するQ&Aの章あり
で、子どもの目線から非常にわかりやすく読みやすく書かれています。

 20年以上に書かれた本ですが、あまりにも状況が変わっていなくて愕然とします。
そしてこの時から電力会社は「大丈夫」「日本では原発事故は起こらない」「安全です」と言い続けていた。

ふみかさんは不登校の経験もあるそうですが「すこし長いまえがき」の中でこう書いています。

「・・・原発事故が起きて、何十年後かに自分がガンになるかもしれない。今、食べてる食べ物に放射能が入っているなんてイヤだ。ワタシはとってもコワイ。だけど、それだけじゃない。今、原発がワタシに直接被害を与えてなかったとしても、原発を止めたいワケがある。
 そのわけは、ワタシが学校で感じた苦しさと、原発が同じなんじゃないかということ。
 学校はひとりひとりがたいせつにされるところじゃない。全体の中でみんなに合わせてうまくやるところ。要領がよく、合理的にものごとを考えたり、わりきれたりする子には楽しい思いができる。けれど、能率の悪い、テンポのトロい子、人とちょっと変わった子は苦しい思いをする。
 原発だって同じことがいえる。
 原発が建って電気がつくられても、みんなが楽しい思いをするワケじゃない。人口が少なく仕事があまりないような土地に原発が建つ。そこに住む人たちは、事故が起こらなくても放射能の害を受ける。そこに住む動物も草も。そして、原発の原子炉で働く日雇いのおじさんたちは、そこで働いただけで確実に被爆する。
 やっぱり原発も学校もひとりひとりが大切にされているんじゃないんだ、と思う。・・・」

Q&Aの中でも
「・・・電力会社の人たちは『それ以上の地震は起きない』という考えだから、絶対に安全だっていってるけどね。自然のことだから、もっと大きい地震が起きることだってあるかもしれないよ。そんときは、う~ん・・・。」

「原発反対!!」には賛成だけど危ない「反原発」のゆくえ・・・の中には

「・・・その中でも、一番コワくて、本当に危ないのは、
『もうこういう世の中になっちゃったんだもん。今さらどうしようもないよ。考えてられない。もっとやることいっぱいあるし、楽しく生きなくっちゃ』と思ってる人が結構たくさんいることじゃあないだろうか?」


 ふみかさんのように原発の危険性を訴えてきた人たちはたくさんいたでしょうに、現実に事故は起きてしまった。胸にささる言葉がたくさんある本です。この本が書かれた当時の子どもは大人になりその子どもたちの未来は今危機にさらされている・・・。

 でも、今は「このままじゃいけない」と思っている人は確実に増えている。




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-31 11:31 | | Trackback | Comments(0)

楽塾

久しぶりに楽塾ブログを更新しました。
しばらく放置していたら広告がで~んと出ていて焦りました。

先週久しぶりに集まりがあったんです。
来年の公演のことを話しあいました。
例によって(?)二転三転四転しながら一つの方向へ。(←多分)
流山児さんとも海外ツアーから帰られて初のごあいさつでした。
はえぎわに出演することもメールのご報告だけで失礼していたものですから。
楽塾ブログやFacebookにも載せちゃったんですけど
はげしくぶれたのですが妙にかわいらしく撮れちゃったのでもう少しサイズ小さくしてここにも載せちゃおう。
b0131968_11203576.jpg


あ、来年の公演はゴールデンウィークではなく7月下旬になりそうです。
Space早稲田。
他にも何か新しいことがあるかもしれません。

で、楽塾ブログも少し手直ししたリンクの確認をしたりして
TOPの記事に載せている
「せりふの時代」2006年夏号 流山児祥+楽塾創立メンバーインタビュー。「演劇の原点へ」
を読み直してみました。

楽塾創立10周年の時のインタビューです。私は2008年から楽塾に入ったのですが、その2~3年前にこの記事を見つけて、いいなぁ、私も入りたいなぁと思ったんですね。その時はまだ仕事もしていたし、楽塾は新人募集をしていなかったし、で単なるあこがれだったのですが。まったく人生何が起こるかわかりませんね。2007年に仕事を辞めて、2008年夏にまさかの楽塾新人募集。そして今年の15周年記念公演に自分が出演することになるなんて。

改めて思いました。流山児さんはこの時から(多分その前からも)変わってらっしゃいませんね、さらにもっともっと前に進んでいる。
それから先輩たちも。多分他のメンバーも「流山児さんと(演劇)やりたい」から続いているんでしょうね。




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-30 11:28 | 楽塾 | Trackback | Comments(0)

人情噺『端敵★天下茶屋』:劇団扉座

そういえばこの間も当日券ねらいで突然思い立って行ったのは
劇団扉座でした。今回は座・高円寺
b0131968_15231027.jpg

仕事を辞めて自分が演劇生活始めてから
皮肉なことにチケットが高すぎると観られないなんていう、あんれまあ、ってこともあるのですが
扉座さんは前売と当日が同料金なんで思い立ったら行きやすいのと
4500円っていうギリギリな(←何の?私の?)設定。

あ、公式サイトはこちらですので
詳しくはそちらを見ていただくとして。

上手いですねぇ、とにかく、役者さんが。
当日券は最前列の上手側はじっこと後ろから2、3列目があったのですが
今回は迷った末に最前列。
全体は見渡せないし、時々役者さんの表情が見えないし、
とは思ったけど今回は近距離で飛び散る汗とか飛沫とかが見たかったんですね。
見えました、しっかりと。
あ~上手いなぁ、プロだなぁと思った。
なんだろなぁ。熱、かな?
空間を制圧する力かな?
命がけで台詞言ってるなぁ、って思えるもんね。

六角さんは『相棒』でファンになったんだけど
この舞台では小悪党っていう、もうぴったりの役どころでそれを
朋友の横内さんが書くんだから面白くないわけないんだよね。
ほんと、悪いんだ、こいつが。
でも、悪さするたびに
「ああ、悪いヤツだな、こいつ。」
「それ、やっちゃうのかよ?」
「ひどすぎ、ひどすぎ。」
なんて思いながら一緒にドキドキして共犯者みたいな気分なんだよね。

で、この小悪党にだまされちゃう下積みの脇役専門悪役専門の、でも芝居が好きでたまらない
役者たち(を演じる役者たちね)がまたいいんだ。
で、六角さん演じるワルが死んでからも公演の邪魔をしようというシーンがあるのですが
その妨害でSEが出なくなった時に岡森さんと有馬さんが自分でマイクで音作るの。
これぞ役者の底力、って感じ。
中原さんとか出てきただけですごい迫力だし
伴さん、え、そこ?!ってとこもツボでした。
なんで、ここ?ってとこでウルっときました。

今回は自分の
なんで、演劇やってんだよぉ、みんな、っていう・・・
気分にひとつ答えをもらったみたいな舞台でした。



当日パンフの六角さんと横内さんの対談(?)の中で
六角さんが最後にこう言っています。
「30.40代の頃は、自分が良く見えたり、面白いことが出来ればいいと思ってた。だけど、最近ね『この芝居が面白ければいいかな』って思うようになってきた。気づくのが相当遅かったと思うんですけど(笑)自分も誰かに渡す芝居をしたいですね。それが劇団に自分がいる意味のひとつとして、正しいことなんじゃないかな。」


それから今回の公演に
趣里(客演)
と出演者の最後に書いてあって、あまり気にとめていなくて
パンフに
「父が六角さんとドラマで共演していることもあり・・・」
を読んでも全くピンとこなかったのですが
水谷豊さんの一人娘さんなんですね。
芝居でもカーテンコールでも劇団員さんたちからたいせつにされてるんだなぁという空気を感じましたが
そのことを知らずに見てよかったです。
若くてかわいくて折れちゃうんじゃないかと心配なほど細くて
すっごいがんばっているな
って応援しちゃいたくなる高感度の高い女優さんでした。




出演:岡森諦、六角精児、中原三千代、有馬自由、伴美奈子、高橋麻理、累央、鈴木里沙、高木トモユキ、江原由夏、新原武、松本亮、趣里(客演)

脚本・演出:横内謙介


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-29 16:06 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

高円寺

昨日は雨でしたが、夜楽塾の集まりがあったので、
それならとまたまた発作的に観劇。
観たい舞台がたくさんあってもなんやかやで行けないのですが
そうだ、と思い立った時に行けるものって
タイミング、ですかね。
昨日は高円寺へ。
座・高円寺で当日券をぎりぎりで手に入れてからちょっとぶらぶら。
駅に降りたとたんからなにやら街が浮かれている(?)←いい意味ね。
楽しそうな親子連れやらカップルやらが行き来して
どこからかアナウンスやらお囃子が聞こえてきて
ミーハーな私としてはじっとしていられず
駅に引き返しますと・・・
え?! リング?交通整理?道を空けろ?だれ?
b0131968_156267.jpg

で、とーとつに(いや、予定通りなんでしょうけど、私には)
b0131968_1573467.jpg

女子プロレス?!

で、駅の反対側では・・・
b0131968_1510785.jpg


b0131968_15105125.jpg

ということだったみたいです。

小雨まじりでしたが楽しそうでしたよ。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-29 15:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Halloween Ghost is Coming!

After seeing the show and saying good-by to old familiar faces, I headed for ACT in Eigo.
Just when I stepped into the room, I saw Shogo and Ken attacked by a Halloween ghost !
b0131968_105452.jpg


There were still more newcomers today and a big crowd surrounded Andy!

Had lots of fun with another crazy skit. We tried a variety of ways when we said each line like tones, speed, emotions, statases and so on.

In the Scene Lesson I got lots of hints for acting.
Well, I should have been crazier and stranger, maybe.

今日はハロウィーンお化けがcool guysを襲っているのを目撃!
おっちゃめ~なW氏です。

新しいメンバーもさらに増えてにぎやかでしたよ。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-28 01:29 | ACT in 英語 | Trackback | Comments(0)

10年目の再演:20回記念公演

そういえば秋だった・・・スキン替えてみました。

今日は私が演劇を始めるきっかけになった地元の劇団の舞台を観に行きました。
なんと今回は20回記念公演!
年に1度の公演ですから、20年!
これはすごいことです。
それぞれが仕事や家庭はもちろん、もろもろの生活をかかえつつ
20年!
公演を続けるって・・・
並大抵のことではできません。
今回は10年前の公演の再演で10年前には私も出演していました。
今回半分の人は前回と同じ。
最高齢のNさんは85歳です。
一番若い人は10代かな?
客席にもなつかしい顔が。

とてもすてきな舞台でした。
こういう地に足のついた演劇活動って本当に貴重です。
これがあったから今の私もあります。
このメンバーでいられてよかった。

明日までです。どうぞおけがのないように。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-27 23:53 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

五島美術館と等々力渓谷

秋の1日ウォーキングがてら。
五島美術館とその周辺へ。
この美術館は初めて。
b0131968_1159455.jpg

入ってスグの愛染明王坐像は迫力ありました。
ありがたそ~な書がたくさんありましたけれども
無粋なもので・・・
源氏物語絵巻は後期の展示だったし・・・
b0131968_1281445.jpg

「庭園」は工事中・・・ 
あ、知ってたんですけどね。

それにしても700年、800年も前の書がこうして残っているというのはすごいことですね。
昔の人はこういう巻物で書いたり読んだりしていたんだなぁ。
今の電子書籍なんて見たらびっくりだろうなぁ。
あ、でも今から800年先には・・・
だめだ、想像つかないや・・・

それはともかく周辺の散策も楽しかったですよ。
豪邸がたくさんありました。
個人の家で両開きの玄関ドアなんてあんまり見たことないなぁ。
なんてびんぼーくさいことを考えながらたらたら歩きまして
ゴルフ橋
b0131968_12123476.jpg

等々力渓谷
b0131968_1213146.jpg

川に沿って歩きながら森林浴
まだ紅葉には早いけどお天気もちょうどよくて。

私、小学生まで北海道のすんごい山の中にいたので
こういう風景は好きですね。
東京の街の中にこんな風景がちょこっとあるのもいいですね。

で、久しぶりに12000歩も歩いちゃいましたよ。
でもってその後バイトだったんでさすがに疲れて
ばったり寝ちゃいました。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-26 12:27 | 日記 | Trackback | Comments(2)

「リチャード三世」」-2

新国立の「リチャード三世」」は21日で千秋楽だったようですね。

これも今さら特設サイトを発見。
でもって『新国立劇場・英国舞台芸術フェスティバル』 関連展示
などもありまして、早めに劇場についてもかなり楽しめました。
なんかもっといろいろあったみたいです。
PDFはこちら

ロビーにはグローブ座の模型とか
b0131968_20533193.jpg

シェイクスピア関連の年表とか
b0131968_2054431.jpg

日本史と並べてあっておもしろい。
b0131968_20582974.jpg


またイギリス行きたくなっちゃったよぉ。


5階の情報センターもまた行きたい。
演劇関連の資料や書籍が多くてわくわくしちゃいました。
 

CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-24 20:56 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

「リチャード三世」あれこれ-1

先日「リチャード三世」をひょんなことで観たことは書きましたが
わたし、シェイクスピアは相当好きでして
数年前にはシェイクスピアに特化したブログまで書いていました。
今はほとんど放置ですが。

中でも「リチャード三世」は気に入っていていろいろな訳で読みましたが
多分一番最初に買ったのはこれ。
b0131968_20292030.jpg

すっかり茶色に変色。でも捨てられない。
当時160円。
で、開くとすぐにこれ。
b0131968_2030428.jpg

思うに私、この写真のリチャード三世に惚れました。
今改めて見直したら
「ロバート・ヘルプマン扮するリチャード三世」
(オールド・ヴィック劇団公演、1956~7年の舞台稽古より)
とあります。
これも今さら検索したらあの「赤い靴」にも出演しているんですねぇ。

今の表紙は私が買った1970年代のとは違ってアニメっぽい優男ですね。

リチャード三世 (新潮文庫)

ウィリアム シェイクスピア / 新潮社





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-24 20:42 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

Letters to Juliet:DVD

ジュリエットからの手紙 [DVD]

東宝




よかった!

こういうの好き。

うんうん、そうよね、運命よね、愛よね、
みんな一生懸命生きてるのよね。
みんな、みんな、幸せになってね、
と言うような。

この予告動画に全部入ってるけどね。
こうなるんだろうなぁ~
こうなって!
を裏切らないでくれるのはいいね、心穏やかになって。
俳優さんたちもみぃ~んなすてき。
名前を言うだけの役者さんたちに至るまで。
イタリアの田園風景も街並も
こういうところは映画もいいなぁ。

あまりにも爽やかだ。

公式サイトはこちら


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-10-23 13:46 | DVD | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る