<   2012年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2012年もありがとうございました

2012年もあと2時間足らずになりました。
長い時の流れの一区切りですが、どこかで区切るのも生きる上では必要なのかもしれません。
今年もたくさんの幸運な出会いがあり、多くの人に助けていただきました。本当にありがとうございました。
このブログにもご訪問ありがとうございました。励みになっています。

個人的にはおかげさまで充実した1年だったのですが、いつもどこかで言いようのないいやぁな感じがつきまとっていたのも確かです。2011年3月11日に起きたこと、それ以後も起き続けていることを忘れないようにしなくてはと思います。今年はお仕着せではないデモにも初めて参加して何かが変わって来ているのを感じました。何を信じていいのかわからなくなった年でもあります。つい先日の選挙ではまたしても残念なことになりましたがそれでも時は流れます。外に洗濯ものを干す時や外に出る時に風向きが気になり、買い物する時しつこいくらい産地を気にし、原発、放射能という言葉に敏感になり・・・。自分たちはまだしも子どもたちや孫たちのこれからを思うと一体何てことをしてくれたんだと思う。今まで無関心で無知だった自分にも歯がみする。忘れっぽい私だけどちゃんと覚えておかなくちゃと思う。軍隊作ろうとか憲法変えようとか勇ましげに拳を上げるおぞましさから目をそむけないようにしなくては。

そんな何を信じていいのかわからない時だからこそ、ひとつの作品のために目の前で生身の人間が格闘し目の前にいる観客と時間と空間を共有する演劇は信じることができると思う。目の前にあることにひとつひとつ取り組んでいくしかないのだと思う。

今年も1年無事に過ごすことができました。
本当にありがとうございました。
見えない力にも感謝します。

良いお年をお迎えください。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-31 22:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2012年の演劇生活メモ

今年も充実した演劇生活を送ることができ、新しいすてきな出会いも多くありました。
ひとに、家族に、何か大きな目に見えないものに感謝します。

大きな公演としては2つ。
たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。
★5月3日~6日
  楽塾公演「楽塾歌舞伎☆十二夜」@座・高円寺2
★9月28日~10月8日
  劇団はえぎわ「ライフスタイル体操第一」出演@三鷹星のホール

★6月からAct in 英語に参加
 英語での演劇ワークショップに今年は14回参加しました。
 講師のAndyさんと参加者のみなさんから多くを学びました。

観劇など演劇関連のメモ
1月  
観劇(1)東京乾電池「ハムレット」@スズナリ  
観劇(2)「昭和歌謡エノケン・笠置のヒットソングレビュー」@コシタカシアター
(3)演劇講座シリーズ「日本の劇」@新国立劇場
2月
観劇(4)流山児★事務所「田園に死す2011」@スズナリ 
3月
・台湾映画「父の初七日」@ニューテアトル関内
4月 楽塾連日夜稽古も開始
5月  楽塾公演「楽塾歌舞伎☆十二夜」@座・高円寺 
・台湾映画「12蓮花」 @シネマート六本木 オープニングイベント 
観劇(5)劇団はえぎわ「I’m (w)here」@スズナリ
観劇(6)真夏座「わが町」@文京区シビックホール(酒井さん出演)
      ・17時から同大ホールでコスモスカイオーケストラ第4回定期演奏会
 (アメブロで知ったゆげみわこさん出演)
観劇(7)青年劇場「臨界幻想2011」@サザンシアター
6月  
観劇(8)流山児★事務所「さらば、豚」@スズナリ
観劇(9)「女の平和」@シアターKASSAI(伊藤靖郎さん演出)
・ まあさマイムワークショップ参加@野方
・Act in 英語 初参加(Facebookとネットで知った)
観劇(10)扉座「つか版忠臣蔵スカイタワー編」@すみだパーク 
・「つかこうへいの70年代」上映会@早稲田大学小野公会堂
観劇(11)チャリT企画「12人のそりゃ恐ろしい日本人2012」@座・高円寺
7月  ・流山児さん「大人のためのワークショップ」
・「中国に残された元韓国人従軍慰安婦」写真展
観劇(12)WS発表会「地球☆空洞説」
観劇(13)流山児★事務所「イロシマ」@Space早稲田
・歌舞伎体操教室@月島
観劇(14)「怪人フ―・マンチュー」@座・高円寺1
8月  
観劇(15)天才劇団バカバッカ「ファミリーウォーズ」@中野ザ・ポケット
・日本劇作家協会公開講座2012夏WS@座・高円寺2(横内さん)
観劇(16)同上「SHINSAI」第二部@座・高円寺
観劇(17)流山児★事務所「花札伝綺インターナショナルバージョン」@Space早稲田  
・「寺山修二幻想写真館」@ポスターギャラリー 
・劇団はえぎわオーディション@太子堂区民センター
観劇(18)少年王者館「累・かさね」@スズナリ
観劇(19)劇団6番シード「ボイルド・シュリンプ・クラブ」@シアターKASSAI
・石丸だいこさん「ココロとカラダの踊り方」@相鉄本多劇場
観劇(20)OUDS「から騒ぎ」@神奈川芸術劇場大スタジオ
・SYNDIさんのJPAL日本出版美術家連盟展   
9月
・劇団はえぎわ稽古参加
・「東京福袋」出演@東京芸術劇場(リニューアル公演)
・28日~10月8日 劇団はえぎわ「ライフスタイル体操第一」@星のホール
10月
観劇(21)「リチャード三世」@新国立劇場 Z席1500円
観劇(22)演劇集団ふおんて20周年記念公演「想稿~銀河鉄道の夜」@テアトルフォンテ 
11月 
観劇(23)流山児★事務所「地球☆空洞説」公開稽古見学@豊島公会堂
観劇(24)「病は気から」@SPAC静岡芸術劇場
・映画「最強の二人」@MMシネマズ横浜
観劇(25)「霊感少女ヒドミ」@アトリエ春風舎
観劇(26)「るつぼ」@新国立劇場
観劇(27)「吉例顔見世大歌舞伎」@新橋演舞場
・小池博史創作ワークショップ4日間「注文の多い料理店」に参加 
観劇(28)「星の息子」@座・高円寺   燐光群 坂手洋二さん作・演出
・映画「希望の国」@渋谷「EDEN」@新宿
・「地球☆空洞説」手伝い
観劇(29)「ソコヂカラの使い方」@目黒
観劇(30)「へちゃむくれと台風」@恵比寿エコー劇場  テアトルエコー
観劇(31)「ミュージカル蝶々さん」@シアター1010
観劇(32)流山児★事務所「地球☆空洞説」@豊島公会堂
12月 
アジア舞台芸術祭2012@東京芸術劇場 シアターウエスト
観劇(33)「Waiting for Something」中野+フランケンズ
観劇(34)「全事経験恋歌」 矢内原美那 演出
観劇(35)「大事な話」@下北沢駅前劇場
観劇(36)ひげ太夫「トラジャ百香拳」@下北沢Geki地下Liberty
観劇(37)ヨーロッパ企画「月とスィートスポット」@本多劇場
観劇(38)第二回演劇早慶戦@牛込箪笥区民ホール
・日本劇作家協会最優秀賞審査会@座・高円寺2
観劇(39)最終候補作品リーディング
・公開審査会
・ブルーノプロデュース『My Favorite Phantom』ワークショップオーディション@急な坂スタジオ
観劇(40)楽塾自主発表会「部屋」「もろびとこぞりて」
観劇(41)「泳ぐ機関車」桟敷童子@すみだパークスタジオ



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-31 13:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

はえぎわ忘年会

昨日は劇団はえぎわの忘年会に参加してきました。
今年はえぎわさんと関わりのあった人たちとの忘年会ということで
私たちアンサンブルメンバーもおよばれしました。
久しぶりの再会でしたが、わいわいと楽しく過ごしました。
みなさん、それぞれに外部出演などでお忙しそうです。
スナップを数枚アップします。
「ブログ見てるわよ」と言っていただくのもうれしかった。
b0131968_14542214.jpg

佐藤さんが手にしているのは缶アート。
作者は後列の宇津木さんです。なんと全員にそれぞれのキャラクターで作ってくださいました。
佐藤さんと言えば、やっぱりあのバイクですよね。
b0131968_1582153.jpg

b0131968_14562851.jpg

ノゾエさん、あれからもずっとお忙しそうですが相変わらずにこやかです。
b0131968_14575660.jpg

鳥島さん、やらかしてくれました。
b0131968_15122049.jpg




全員では撮れなかったのですが、たまちゃんから「阪口さん『希望の国』みてたでしょ?」とびっくり目撃されてた話とかたにぐちさんから「うちの母にそっくり!」なんて言われたりしました。

それぞれに次回公演のチラシを配ったり、近況を報告しあったり、とにかくわいのわいのとしゃべりたおして今年が終わるのは幸せなことですね。

この出会いも今年の最も素敵だったことのひとつなのは言うまでもありません。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-30 15:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

もうひとりのシェイクスピア


【「ロミオとジュリエット」「ハムレット」…あの名作を書いたのは別人だった
エリザベス王朝の愛と陰謀が交錯する歴史ミステリー】

製作国:イギリス/ドイツ

劇場公開(ファントム・フィルム)
‎129分‎‎
監督: ローランド・エメリッヒ -
出演者: デレク・ジャコビ, リス・エヴァンス, ジョエリー・リチャードソン, セバスチャン・アルメストロ, ジェイミー・キャンベル・バウアー, レイフ・スポール, ゼイヴィア・アミュエル, ヴァネッサ・レッドグレーヴ, デヴィッド・シューリス, エドワード・ホッグ -

ジャンル:ミステリー/歴史劇


2012年12月22日公開の映画。

オフィシャルサイトはこちら。
かのシェイクスピアは別人だった、
というおなじみの仮説をテーマに
「16世紀末エリザベス女王との禁じられた愛に生き、王位継承の陰謀に翻弄された貴族の物語」
ということなのですが・・・

当時のロンドンの劇場や街並みやシェイクスピアの劇や俳優や観客、王室や貴族たちの描写は映画ならではの贅沢さなので楽しく、王位継承問題や貴族のどろどろもおもしろいのですが、これは一般受けするのでしょうか?
イケメン俳優もそろってるし、男女の機微もそれなりにあって。

シェイクスピア作品が散りばめられて、その作品ごとに描かれる俳優、観客、劇場の描写にはやっぱりわくわくしてしまいます。意外と少ないのが私は物足りないのですが。


私としてはこんなふうにシェイクスピアを描いてはほしくないなぁ。
だってどうしようもない俗人(まぁ、それはいいとしても)で小悪党なんですもの。
まぁ、誰が書いてもシェイクスピアの作品には違いないのですが。
もっともメインになるのは戯曲(詩)を書くことに憑かれながら自らの名前で公表することを禁じられていた貴族の悲劇なので、シェイクスピア云々はあまり関係ないように見えます。

原題はANONYMOUS(匿名)ですしね。





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-30 13:47 | 映画 | Trackback | Comments(0)

Last "Act in 英語" in 2012

もう1週間前なのですが・・・

平日の昼間だったので参加人数は多くはありませんでしたが充実していました。

It happened to be the Mayan-predicted end of the world.
We laughed out the day, doing drama workshop.

b0131968_22574825.jpg


To join this workshop is one of the best experiences I had this year.
I started joining them in June for the first time and joined 15 times this year.
I had a good time every time I participated and feel happy to see new and nice people there.




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-28 23:07 | ACT in 英語 | Trackback | Comments(0)

女たちの十二夜

‎1993年のメジャーリーグ制作「女たちの十二夜」
気になっていたので動画で見られてよかった。 ヴァイオラがWキャストだから10人で演じていたんですね。
個性の強い実力派ばかり。 
20年前なんですねぇ。
そうそうたるメンバーです。


 @池袋・サンシャイン劇場
 演出:鵜山 仁
配役:
 白石加代子(マルヴォーリオ/船長/役人)
 高畑淳子 (サー・トービー/延臣/神父)
 円城寺あや(オーシーノー公爵/召使い/役人)
 片桐はいり(サー・アンドルー/延臣)
 山下裕子 (アントーニオ/ヴァレンタイン)
 生瀬勝久 (フェステ/フェービアン)
 内野聖陽[俳優座] (セバスチャン)

 松本留美(オリヴィア/キューリオ)
 小川範子(ヴァイオラ/Wキャスト)
 青山雪菜(ヴァイオラ/Wキャスト)
 鈴木裕美(マライア/延臣/役人)





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-27 23:40 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

「泳ぐ機関車」バックステージツアー

今日で千秋楽だそうで、おめでとうございます。

私が観劇した回は終演後にバックステージツアーがありまして
これも劇団員さん総出で舞台の裏の裏まで惜しみなく見せてくれました。
ほとんどの人が残ったので、こんなに大勢舞台に乗せちゃっていいのかしらんと心配になったほどです。
しかも「写真はどうぞご自由に」という気前の良さでした。
ハジメ少年役の女優さんがハジメくんの部屋の案内をしてくれたり
大道具や小道具の説明を劇団員さんたちが誇らしげにしてくれたり
どの方も気さくに観客と言葉をかわしていました。
画像をネットに載せていいかどうかとお聞きすると「どうぞ~、宣伝してください」
とのお答えでした。
何枚か載せますね。
b0131968_23274214.jpg

b0131968_2328546.jpg

b0131968_23283774.jpg


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-25 23:30 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

「泳ぐ機関車」:劇団桟敷童子は接客があたたかいですね

b0131968_1120150.jpg

すみだパークスタジオは駅から少し遠いのですが、小劇場らしい雰囲気の劇場ですね。以前扉座さんの公演で行った時とは入口が違っていたので少し戸惑ってしまいましたが、劇団員さんたち総出の客入れになごみました。
劇団桟敷童子は初見で劇団のお名前もろくに読めない体たらくでしたが、流山児★事務所の「さらば豚」で初東さん&炭坑体験しました。
今回の「泳ぐ機関車」のネットでの評判が良くて気になっていたところへ紀伊國屋演劇賞個人賞受賞のニュースに、やはり観たくなって劇団に電話予約。その時の電話の対応も好感度高かったです。私は予約できましたが、その後パタパタと完売になったようですね。

当日は開場前は外に並んだり、満席で開演が遅れたりしたのですが、そこでも劇団員さんたちの客入れが気持ち良くて気になりませんでした。

公演は素晴らしくて、出演者一人一人の個性が光り誠実な舞台でした。
舞台美術がまたすごくてオープニングすぐの大量の雨、舞台上の水にびっくりします。転換はこの劇団ではおなじみのようでしたが、それも良かったです。
この日は終演後にバックステージツアーがあって舞台裏や大道具小道具を見せていただいたのですが、それも劇団員さん総出で誇らしげに説明してくださいました。

ストーリー自体はけして明るくなく悲惨なことが次々と起こり、社会の歪みも時代の流れも見えるのですが、それでも私たちは生きていくのだ、という強い意志をみせるラストで、主役の少年役の女優さんの魅力や舞台美術の効果と相まって、力づけられ、爽快感が残りました。
力のある役者さんが多く複雑なキャラクターを印象強く魅力的に生きてくれました。


CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-23 11:20 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

新宿駅で夜中の忘れ物が届く国

先週の土曜日の夜は楽塾の発表会の稽古に参加して稽古場を出たのが11時近くなりました。
土日は地元の終電が早いのであせりました。
メトロはそうでもなかったのですが。JRがものすごく混雑していて、普段でも遅い時間は混むのですが、なんでやと思ったら忘年会シーズンだったんですね。
で、新宿駅で降りる人の波にもまれ、乗って来る波に押されしているうちに、気づくと腕にかけていた稽古着とシューズを入れた布バックが流されてなくなっていました。降りるにも降りられないし終電は気になるしで、貴重品もなかったしあきらめてそのまま乗るしかありませんでした。頭の中では中身がばらまかれ踏みつけられあちこちに散乱してゴミとなっている図が浮かびました。
あ~あと思いつつTwitterでつぶやいたりしていたらら。、はえぎわ公演で知り合った美恵さんから「あきらめずに連絡したら?ここは日本だよ。」とのコメントが。

その日はもう24時を過ぎていたので、翌日ダメ元で落とし物問い合わせセンターへ電話したら
どういう内容のものか聞かれた後
「データを調べますのでお待ちください。」
とのこと。
データ?布バックに入った稽古着とシューズの!?
そしてほどなくして
「ありましたよ。それらしいのが。タオルとハンカチも。」

びっくりしました。
あんなぐちゃぐちゃ状態だった駅のホームで薄汚れたバックを拾ってくれて、届けてくれて、データにして管理してくれてる・・・。
翌日までは新宿駅に保管でその後は東京駅に送られる、というので
発表会の日の朝いってきました。そして無事に手元に戻りました。
b0131968_13143050.jpg


この1件でなんだかいろいろ考えちゃいましたよ。

あ、まずは拾って届けてくださった方、ありがとうございました!


こういうのって、なんかすごいと思うんですよね。

おりしも選挙の投票日で
結果は、多分そうなんだろなと思ってはいても、でも、もしかしたら、もあって
残念は否めないものでした。
 
バッグがなくなったことに気づいたぎゅう詰めの電車の中で思わず隣のかわいらしい若い女性に
「今荷物が流れてっちゃったんですよ。」と話しかけてしまったら
多分ヘンなおばさんとは思ったのでしょうが、「混んでますものねぇ」と会話が続き、降りる時には「がんばってください」と声をかけてくれました。


なんと言うか、ひとりひとりはみんな真面目に一生懸命にそれぞれの仕事をしているわけですよ。毎日働いて年末には忘年会する。ひとりひとりにいろんな生活をかかえながら生きている。当たり前な、あまりにも当たり前なんですけど、この当たり前が当たり前であってほしいと思います。

なんだかきな臭い空気になってこれからが気になりますが、そんな人間の姿がちゃんと見えている政治をしてもらいたいものです。






CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-17 13:16 | 日記 | Trackback | Comments(2)

楽塾発表会&忘年会

無事に終了しました。
たくさんの方にご来場いただきました。
ありがとうございました。

楽塾ブログにも画像をアップしています。

今回もまた流山児★事務所のみなさんには強力なご協力ありがとうございました。
照明デビューの三四郎くん初め、稽古をのぞいてアドバイスをくれたり、舞台や客席を作ったり、前日や通しやゲネ、もちろん本番にお忙しい中駆けつけてくださったり。
続く忘年会にも。

私は今回はあまり参加できず、近くなって何回か音出しさせてもらったりしたのですが、流山児さんに久しぶりに怒鳴られながら音響卓に座るのは楽しかったです。
直前の通しに3回参加できていい経験させてもらいました。ムチャクチャ緊張しましたが音響卓から仲間が演じている姿を見るのはなんというか熱い気持ち、応援する気持ちになります。演技と合って音が出せた時は楽しいし。
 
今回は楽塾には珍しく二人芝居だったのですが、こういうのもいいなぁと思いました。じっくり芝居と向き合えそう。私もやってみたくなりました。
テキストもおもしろかったし、出演者を客観的(共演者としてではなく、という意味です)に見ると、また良さがわかるのもよかったな。

【上演テキスト】
『部屋~詩劇のためのスケッチ~』1958年(作:谷川俊太郎):出演/二階堂まり・川本かず子
『もろびとこぞりて』1996年(作:北村想):出演/めぐろあや・高野あっこ・河内千春・みかわななえ

流山児さんのどんどん変わっていく演出はやっぱりスリリングでおもしろい。
自分が出演するときはいっぱいいっぱいなのですが。

年明け早々にはキャスティングになりそう。わくわく。




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2012-12-17 12:30 | 楽塾 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る