<   2014年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

『田園に死す』再再演にして最終上演&初演の思い出

今週の金曜日いよいよスズナリで最終上演が始まります。私ももちろん行きます。
そんな開幕直前の週末楽塾稽古に流山児さんが駆けつけてくれました。そのあたりは楽塾ブログにアップしました。
公演の詳細は流山児★事務所のサイトにありますが

そのサイトの『田園に死す』のページにあるこの画像は
b0131968_1262449.jpg

2009年の初演のものなんですねぇ。
中央奥の大内さんと直美さんとの間で大きな口開けてるのが私です。
うう、懐かしいよう・・・。
b0131968_1282749.jpg

若い子にまじっていたんだよぉ。

今回の田園のウリはイタコの若さと疾走感、
とカナミさんや流山児さんがあちこちで書いていますが
そうだろうなぁ、みんなおっきいし。迫力だろうなぁ。
楽しみだなぁ。
夕沈ダンスもすっかり変わったそうな。
もちろんあの疾走感はそのままなんだろうなぁ。

わたしなんてほんのちょこっとのダンスの稽古も息も絶え絶えだったし、シーザーさんの歌を1曲歌うとぐったりだったし、芝居の稽古は緊張しまくりだったし、他の出演者のすんごい芝居の稽古に見ているだけで心臓バクバクだったし、スズナリの楽屋での待ち時間はワクワクだったし、まだまちゃんと裏の仕事するのも楽しかったし、とにかく今でもまざまざと思い出すほどすごい経験だった。
この時は公演中に北海道の祖母が亡くなり葬儀に行けなかった、という思い出もある。

再演で客席から見るのも新鮮だった。

今回の最終上演、ぜひぜひお見逃しありませんように!


自分用のメモで初演の時のカテゴリーリンク

あ、DVDダイジェスト動画も初演のだよ。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-25 12:22 | 流山児事務所 | Trackback | Comments(0)

DVDメモ「昭和歌謡大全集」

な、なんだ、これ?
しかも、なに、この豪華キャスト。
なに、このシュールな展開。
オタクとおばさんの殺し合い?!
殺し合い映画なんて普段は嫌いだけど
ここまでバカバカしくて
好きな役者陣が大真面目にやってくれると
唖然としている間に終わりました。
武器があそこまでエスカレートすると逆に笑える
ちょこちょこっと出てくる役者もうますぎてニンマリしてしまった。


2002年制作
原作
村上龍
キャスト
イシハラ:松田龍平
スギオカ:安藤政信
ノブエ:池内博之
ヤノ:斉藤陽一郎
スギヤマ:村田充
カトウ:近藤公園
スズキミドリ:樋口可南子
タケウチミドリ:森尾由美
トミヤマミドリ:細川ふみえ
イワタミドリ:鈴木砂羽
ヤナギモトミドリ:内田春菊
ヘンミミドリ:岸本加世子
スガコ:市川実和子
サカグチ:古田新太
金物屋の店主:原田芳雄
刑事:寺田農
自転車屋:ミッキー・カーチス
パイロット:津田寛治
千石規子
鰐淵晴子
内田朝陽
水木薫
小市慢太郎
サード長嶋
木下ほうか
山中聡
土屋久美子
黄川田将也
眞島秀和
氏家恵
永嶋美佐子
ほか
スタッフ
監督 - 篠原哲雄
脚本 - 大森寿美男
制作 - 光和インターナショナル
製作 - 鈴木光
撮影 - 高瀬比呂志
編集 - 深野俊英
照明 - 赤津淳一
美術 - 小澤秀高
音楽 - 池頼広
劇中に登場する歌謡曲[編集]
白い蝶のサンバ
また逢う日まで
恋の季節
君といつまでも
星の流れに
チャンチキおけさ
有楽町で逢いましょう
錆びたナイフ
骨まで愛して
アカシアの雨がやむとき



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-24 16:43 | DVD | Trackback | Comments(0)

DVDメモ「石内尋常高等小学校~花は散れども」

「石内尋常高等小学校~花は散れども」
2008年4月に96歳を迎えたベテラン監督、新藤兼人による半自伝的ドラマ。

96歳!   す、すごい。

時間118分
公開日 2008年9月27日(土)
監督新藤兼人
製作新藤次郎
川城和実
石川博
李鳳宇
原作新藤兼人
脚本新藤兼人
撮影林雅彦
美術金勝浩一
音楽林光
出演柄本明
豊川悦司
大竹しのぶ
六平直政
大杉漣
渡辺督子
吉村実子
原田大二郎
川上麻衣子
田口トモロヲ
角替和枝
りりィ
根岸季衣



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-24 16:25 | DVD | Trackback | Comments(0)

『さいあい~シェイクスピア・レシピ~』:スズキ拓朗さん

b0131968_15473560.jpg


去年のKAATでの渋さ知らズダンスワークショップで一緒だった杏子さんからお知らせをいただいたのですが、「シェイクスピア」と名が付くととにもかくにもひかれてしまう私としてはたとえ知人が出演していなくても興味を持った舞台です。

詳細はシアタートラムのサイト
をご覧いただくとして。

まぁ、シェイクスピアはおかずとしても
結論から言うといい舞台でした。
みなさん、一生懸命で楽しくて明るくて(ストーリーはけして明るくありませんが)
ものすごく稽古したんだろうなぁ、鍛錬されているなぁ
イマドキの若者は・・・
なんて言う人(が、もしいたら)
見てみなさいよ!
と言いたくなる舞台でした。

個人的なツボはいくつかあるのですが
何と言っても
作・演出・振付のスズキ拓朗さん
という若い(28歳!)才能に出会えたこと。
そして彼はすばらしいダンサーですね。
彼の登場シーンでの動きにくぎ付けでした。
ずっと彼の動きを見ていたいくらいでした。
アフタートークでのお話にも好感を持ちました。

それから当日パンフに
さいあいメインテーマ「泣くな乙女よ」の歌詞が載っていまして
(「泣くな乙女よ 未練は捨てて
明るい笑顔を作っておくれ・・・(後略)」)

この曲が劇中でアコーディオンの生歌で歌われるのですが
これはナス役の清水ゆりさんの作曲だそうです。

実は2011年に発表会で「から騒ぎ」に取り組んだことがありまして
個人的にはいつの日かどこかでまたやってみたい作品で
この歌詞には思い入れがあります。



こういう、若い演劇人たちががんばっている舞台を観ると
まだまだ捨てたもんじゃあないなぁ
と思うのです。






CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-24 16:09 | 観劇 | Trackback | Comments(2)

健康メモ:シリコーンハイドロゲル素材のコンタクトレンズ

この間の雪で予約していた内科に行けなくなって降圧剤が切れたので、予約なしで行って薬だけ処方してもらった。病院の血圧計で測ったら160-85くらいだった。高めだなぁ。ま、体調はいいのですがね。

で、ふと気が向いて眼科にも。
コンタクトレンズ装用の相談をして視力検査やなんかをしてもらった。
ここ数年はずっとメガネで、いろんなメガネをかけ分けているのですが
その前はコンタクトもしてたんですよね。
なんか、トラブルが多くなってしばらくやめていて、買い置きしていたレンズは全部賞味期限じゃなくて、使用期限が切れました。
例によって自分のブログ内で検索してみたら
あった、あった。

2010年11月にコンタクトレンズの欠片が目に残ったことがあったんだねぇ。
もうすっかり忘れていましたよ。
それでコンタクトやめてたのかぁ。(←自分のことだろ!)

そういえばかなり無茶な使い方していることもあったなぁ。
長時間入れっぱなしだったり
電車の中で入れたまま寝ちゃったり
痛いのに無理したり
それでしょっちゅう角膜に傷つけたりしてたなぁ。

もうそろそろほとぼりがさめたかな
じゃなくて
う~ん、ちょっとメガネかけてない状態もしてみたくなった
メガネかけない役もやりたい(←だれにも求められていませんが)

それに、何かレンズの性能も上がったりしているかな?
とも思って。
で、シリコーンハイドロゲルなんですけども。
シリコーン?
ちょろっと見たけどようわからん。

でもまぁともかくお試ししてみることにした。
人によっては合わなかったりするみたいだけど
それはなんでもそうだしね。
今度はメガネをかけ分けてる(必要に合わせて)選択肢のひとつに加えるって感覚で長時間や連続の装用はしないように気を付ける。
今日4時間くらいしてみた感じでは大丈夫そうだけど。
やっぱり見え方が全然違うよね、メガネとは。
あとは視力をどのへんにするかだなぁ。
遠くも見えて近くもまぁまぁ、となると・・・

昔から目には苦労してるけど
この先年齢が上がるとどうなっちゃうのかねぇ。

そういえば、演劇始めたばかりの頃
目が悪い奴は役者になれない
と言われてショックだったけど
今はそんなこと言う人が周りにいなくてよかった。

まぁ全てがしっかり見えていなければならない
って、ことだったんだろうけどね。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-17 23:00 | Trackback | Comments(2)

黒木華さん、銀熊賞!

そして、その(このところ書いていたのですが)「小さいおうち」に出演された黒木華さんがベルリン国際映画祭で銀熊賞(最優秀女優賞)を受賞されたそうです。
まだ23歳、すごいなぁ。

Kuroki best actress at Berlin film fest(The Japan Times)





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-17 22:17 | 映画 | Trackback | Comments(0)

がリッ!ツルッ!

b0131968_9184610.jpg

おはようございます。
今朝も雪が残っています。
凍った雪の上を歩くなんて何年ぶりかしらん?
車は通ってない。

電車の中で、雪かきがたいへんだった話をしている。

近所の雪かきをどなたかがしてくれていて、駅まで道がありました。ありがたいです。

数日後、今度は平日に雪なんて予報も?

とにもかくにも、お気をつけて。
[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-16 09:18 | Trackback | Comments(0)

映画「小さいおうち」

この前の記事で
「小さいおうち」原作者・中島京子さんのインタビューをリンクしましたが
(追記:リンクが無効になっていたので貼りなおしました。2015年9月21日

やはり気になって映画も観て来ました。

折しも今日
ベルリン映画祭で山田洋次監督「小さいおうち」が公式上映されたそうですね。

そのニュースからの引用ですが

ー公式上映に先立って行われた記者会見で、山田監督は「日本が戦争してひいていた時代の市民生活や、人々がどう戦争に進んでいったのかを知る人が少なくなってきた。今の観客にそれをどうしても伝えたくて、この映画を作りました」と語った。ー

とあります。
私も「東京郊外で起こったひそやかな恋愛事件」よりは昭和の空気、戦争に突き進んでいった空気のようなものに興味がありました。
自叙伝を書き進める祖母に大学生の孫が教科書に載っている歴史上の事実を引いて
「日本は戦争中だったのに、そんなにのんきだったはずがないだろう。おばぁちゃんは間違ってるよ。」
と言うセリフが何度かあるのですが、良し悪しではなく、違和感と言うかズレと言うか不気味さと言うか、を感じました。登場人物の内的な葛藤やら秘めた思いやら見どころはいろいろあるかと思いますが、今この時期に見ると「歴史は繰り返す」とか「歴史に学べない人類」とか、当時と比べて格段に進歩しているだろう技術力だのが思われ、人の心や中身はたいして変わっていないだろうに、いや、だからこそ戦争をしたい人たちがいるのか、なんで、そこ気づかないかな?ほんとにしたいわけ、戦争?とか、いい加減に目ぇ覚ませ、とか思っちゃうわけです。そういうこと考えさせてくれるのもいいよね、映画。観客が少なくて残念。

b0131968_1552255.gif




CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-15 15:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)

そして、大雪の翌日の残念

稽古場で同じく北海道育ちの修吾君と
「北から目線」会話などしましたが

ま、年に数回のことだから毎回ちょっと雪が降るとたいへんなことになるのでしょうけれど

でもさぁ、もっともっとまれにしか起きないと思ってたことが起きちゃったわけでしょ
それでも、変わらないんだねぇ。

結果はもちろん残念だけど、それが予想されまくってた残念さだけにさらに残念なんだよね。
ああ、やっぱり、って
やっぱり変わらないんだ、って

この「やっぱり」ってさ、
「そうなるぞ、そうなるぞ、おまえらが何やったってそうなるんだぞ」
っていうさ、薄気味の悪い押しつけがましい予想、煽り、ってのがやだ。

選挙前も選挙中もそして結果が出た今も
いろんな人がいろんなことを言っている。

ちょっといやぁな予感がしていたのは
一体どの時代の話かと思うようなことを大真面目で言う人に
びっくりな票が入ったこと
まさかそんなことないよね、と思いつつも
もしや、と思っていた以上に入ってたから
さらに薄気味悪くなった。

いろんな意見の中で2月5日付けの東京新聞「本音のコラム」
齋藤美奈子さんの意見が印象に残っている。

「ったくもう。都知事選の熱気を伝えぬ新聞やテレビは話にならない。」
から始まって、ネットでの情報収集や周りの人に伝える大切さを
具体的に述べ
「『都知爺選』や『非一本化』を嘆いてもあと四日。・・・
二人分足した数で勝てば民意は示せる。脱原発もストップ安倍もそこからである。」
で結んでいる。

この「一本化」云々もなんだかなぁと思っていたから
このコラムはすんなり入ってきた。

なんかもうそうとうまずいところまで来ちゃってるんじゃないかと
不安は尽きないけど
そうそうシュンとしてもいられない。


あ、これも気になったインタビュー
「小さいおうち」原作者・中島京子氏が語る安倍政権の危うさ、怖さ





CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-10 14:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

大雪

b0131968_15503542.jpg


20年ぶりの大雪
って、ほどじゃぁないよなぁ。
と、北海道育ちの私は毎年思うけど
もう、とっくにこっちの生活のほうが長くなった。

家の中で見ている雪はきれいだけど
外に出て雪と風に逆らって歩くのはたいへん。

昔はこんな中を毎日学校に行ってたわけだ。
いや、北国の人たちは今もそうですね。
雪かきとか本当にたいへんですよね。

関東の人たちもどうぞ足元お気をつけて。



CoRichブログランキングにほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2014-02-08 15:50 | 日記 | Trackback | Comments(2)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る