ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

日本の大学のMOOC

無料オンライン講座の受講は続けています。
次々と面白い講座があって飽きません。
世界中の大学の専門家の講義が居ながらにして聞けるなんて(しかも無料で!)ぜいたくな話です。

最近は日本の大学の講座も少しずつ開講しているようです。
今受講しているのは

FutureLearnの
Japanese Culture Through Rare Books(慶応大学)

7月18日から始まったばかりです。
日本語での講義に英語字幕。
MOOCで英語以外の講座は少ないのでめずらしいです。
漢字、ひらがな、カタカナの始まりから日本書紀や万葉集など古書の紹介。
使われている紙や書物の綴じ方など知らなかったことも多く、貴重な資料の数々を動画で見ては
「へえ~」となっています。
コメントは当然ながら日本以外の国の受講生のもので日本の文化を熱心に学んでいることに感心します。

こちらはedXで東京大学
Visualizing Postwar Tokyo, Part 1
b0131968_15545313.jpg

edXはなかなか手ごわいので時々のぞく程度なのですが
日本の大学(東京大学)の講座ということで好奇心から登録しました。
戦後の東京の様子を写した無残な写真がたくさん紹介されています。
edXは動画の右側にテキストが流れていくので見やすいと言えば見やすい。

講師の英語には字幕が付いていて、こう言ってはなんですが日本人の英語なので聞き取りやすくわかりやすい。内容も日本語の漢字だらけの堅苦しいテキストよりわかりやすいです。
しかも今の日本の状況にも密接につながる時代の話で勉強になります。今の沖縄と東京の温度差が生まれた背景などもわかりやすく解説してくれていて勉強不足を痛感しています。
1つのvideo講義を聞いて1つのQuizに応えるという形式も今まで(私が受講した中で)のedXにはないシンプルさなのでこれなら続けられそうです。

これはまだ開講前ですが
Understanding Japanese Philosophy

中国の教授からのJapanese Philosophy 紹介というのも興味深い。
ちょっと難しそうだけど。


こうしてみると英語は本当に世界語だと改めて実感します。
とんでもなく他分野にわたって技術は進んでいくけれど
語学の勉強なんか苦労してしなくても自動で翻訳や通訳ができるようになるとも言われるけれど
ことばはやはり人間が使ってこそ、面と向かってコミュニケーションしてこそ、と思います。
たいして上達もしないのですが、こうした講座ひとつとっても英語を勉強していてよかったと思います。
英語「を」学ぶじゃなくて英語「で」学ぶ、が出来るようになりたいと若い頃に思っていたことを今思い出しました。
いまだに英語が「受験のため」「就職のため」「仕事のため」の手段の面ばかり強調されるのが残念です。
それに何についての知識でもそうですが、少しでも学べば人が一人では生きられないように「国」もひとつでは存在できなくて大昔からいくつもの文化が交流を続けて受け入れ合い尊重し合いながら進んできたはず。
それなのになんで今世界はこんななんだろう。こうして自由に学ぶことも出来るのに、わかり合うことは出来るはずなのに、なんでへんな具合になっているんだろう。そしてますますおかしなほうに向かいそうなのはなぜだろう。人間は色々な面を持っているのが面白いんだけどもっと穏やかでのんびりとした世界にはならないものか。







にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-24 16:19 | 語学 | Trackback | Comments(0)

夜のライブに一人参加なんてめったにしないのですが
『SUPI~スーピー』でご一緒した
小林未季さんのライブ『今夜はやさしい気持ちでいよう』
ピースカンパニークルーのスペシャルイベント
とあって出かけてきました。
SUPI上映イベントの時のご縁で未季さんのMVにも出演させていただいて、もちろんその曲も最後に演奏されて感激でした。
ヘッドフォンで聞くライブなんて初めてでした。
未季さんの演奏する姿を間近に見つめながら歌声が耳元で聞こえていい意味で緊張しました。
後半はピーカンのみなさんのアニメ作品の上映と生アテレコという、こちらも楽しい企画でした。
撮影の時にお世話になった中野監督やスタッフさんたちともお会いできてうれしかった!
b0131968_1182183.jpg

b0131968_11911100.jpg



映画「SUPI スーピー」 予告編はこちら

[MV] 愛のかたち / 小林未季 (short ver.)




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-24 01:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

再会ランチ

台湾在住でこの間の台湾公演にも来てくれたMiikoさんが一時帰って来ていて
再会ランチをしました。
彼女が卒業してからしばらくはお会いできなかったのですが
私が演劇を始めてから見に来てくれたことがあってそれからSNSなどでやりとりが続いています。
少し(?)年のはなれた友人とゆっくりおしゃべりを楽しんだ貴重なひとときでした。

b0131968_0382946.jpg


b0131968_039150.jpg



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-24 00:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

バランスって大事

トレーニングスタジオに行っている
なんて言うと、さぞかしやせたでしょう?
ってことになるんでしょうが・・・
見た目的にはたいした変化もなく
自分的にはささやかに
筋肉の新たな使い方を発見したり
可動域がかすかに大きくなったような気になったり
油断していると
「違う!」
とか叱咤されて凹んだりしつつ
それでも行かないとぐんと身体が重くなるような気がして
なんとか続けています。
ほとんど毎日来ている人もいて舌を巻きますが
無理しないように気をつけています。
すべてのことがそうなのですが、
それもこれも微妙なバランスが取れているからこそできること。
自分の健康や家族の健康はもちろんのこと、何かがほんの少しでも崩れれば
こういう生活はできないとは常々肝に銘じています。

このところ日本も含めて世界のあちこちでなにやらいやぁな空気になっているのが気になります。
いやぁなどころか本当に胸が痛くなるような苦しくなるような出来事も頻発していて
世界はどんどん狭くなってそれは素晴らしいことのはずだったのに
広いのに行くところ、居るところが狭くなっているようで何とも言えない気分になります。

向き合わなくちゃならないことは多々あるのですが
少なくとも自分の身体とくらいは向き合って
自分の体重くらいはひょいと運べる状態でいたいです。
そうそう、身体のバランス、バランスよく身体を使うのも大事ですよね。
どうしても前ばかり使って背中が丸くなったり肩甲骨がおざなりになったりしがちですしね。
筋力が弱くなるとひとは前かがみになって下ばかり見るようになって気分も下向きになるんだそうです。
カラダもアタマもバランスよく使いたいものです。ココロもね。
[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-24 00:35 | フィットネス | Trackback | Comments(0)

痩せるのは30歳まで?!

6月は坐骨神経痛になったりちょっと出かけたりして
スタジオエクササイズには6回しか行けなかった。
今月は順調に行けてるけど
ますますキツさを増している気が
特に腹筋がすごい
先週は4回行ったら週末はもう使いものにならない
なにしろくしゃみをしても笑っても
なんなら英語の音読しても腹筋が痛い
・・・でも、痩せない・・・
そんな時にイントラが
「痩せるのは30歳までです。
あとは自分の身体を運べる筋肉をつけてください」と。
レッスンも「立つため」「寝るため」「自分で起き上がるため」
など普段の動作に必要な筋肉がどこにあるかを伝えながら順序よく進む。
にしても、なんでそこまで?ってくらいキツイんだけどね。
でもやめようとはまだ思わないから不思議。
毎回「なるほどねぇ」と思うところがある。
体幹って思っていたよりずっと深いところなんだなぁと最近実感している。
個人的に「もっとお腹に力を入れる時間をもって」と言われたのですが
今まで思っていたお腹をひっこめるなんてのは全然足りなかったんだなぁ。
特にドカ食いするでもなくそれなりに食べるものにも気をつけている(つもり)なのに
ちぃとも痩せないのでたまに気落ちすることもあるけど
ま、元気に自分で動けているしこれがなるべく長く続けていられるといいかな。
今日は湿布して(なぜか右脚だけいつも余計に痛い)トレーニングは休み。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-13 12:09 | フィットネス | Trackback | Comments(0)

10日の選挙の結果はまたしても「がっかり」ではありましたが
今回ばかりは相当まずいのではないかと思いましたが
やっぱり投票率は低いんですね。
このことにまずいつもがっかりするのですが
やっぱりけーざいでしょ、と思う人は投票に行くんですかね
それと「組織票」っていう不気味な票
私は「そこそこみんなが幸せで平和ならいいなぁ」
というささやかなことしか望みませんが
これがまたそうそう簡単なことではないのですよねぇ。
キケンナ領域にどんどんはまりこんで行っているような
いやぁな感じはもうずっとしていて
本当に「がっかり」なのですが
それでも一部にはわずかながら光が見えていると思いたい。
身をもって危機感を強く感じているところではやはりちゃんと結果が出ている。
ぬるま湯に入れられて下に火がついているカエルの話はよく知られているけど
もうとっくに相当お湯は熱くなっているように思う。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-13 11:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ロミオ!

そういうわけなので今日はおとなしくfun learning中。
今年はShakespeare没後400年とあってShakespeare関連の記事や動画には事欠きません。もうね、いっくらでもあるって感じ。必要なのはネット環境と意欲のみ。
聞き逃したラジオ講座のまとめ聞きをしていたらこちらもシェイクスピアねたありでした。
シェイクスピアといえば日本で一番知られているのは「ロミオとジュリエット」でしょうが、中高生の時に初めて訳本を読んだ時はなんてつまらない話なんだと途中で投げ出した記憶があります。
それが大人になってからどうしたものかはまりっぱなし。
自分もいくつかの作品に出演出来たりしてほんと幸せ。
先日は某ワークショップ(というか稽古というか)に参加してジュリエットの台詞を言う機会がありました。
「ロミオ、ねぇ、ロミオ!」
なんて台詞を自分が人前で声に出して言う、なんて機会があるなんて思ったこともありませんでした。
この時は
「情感ではなく言葉を借りて思いをのせてください。とにかく思いきり元気に大きな声で」
という指示でしたので(とはいえ、100人以上の参加者のほとんどはついつい情感をこめてしまっているように見えました。それってすごくわかる。)
馬鹿正直に大声で言ってみたら
・・・なぜか笑われた
そりゃそうか。
でも、「それでいいんです」と言われた。
なにより自分が面白かった。
というわけで今から足をつっこみかけている企画はシェイクスピア関連の作品になるようだ。(まだ詳細は不明)
だったらやってみようかな~。

で、Shakespeare関連の検索をしたらいろいろと面白いものが出て来たので
英語ブログにメモではっておきました。





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-09 23:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

昨日一昨日の連日のトレーニングで今日はバッキバキの筋肉痛です。
スタジオの中で女たち(多分30代から70代まで)がうめき声をもらしながら腹筋したり足上げしたり腕立てしたり・・・。
なぁんでこんな苦しいことしてんのよ?
と頭の中で突っ込んだりしてるけど、これは自分の身体を運ぶための筋肉をつけたいのとなぜか楽しいからやっている。
今日は笑うと腹筋が痛い。
昨日の夜は右足全体が痛くてちょっと焦った。気をつけているのですがつい目いっぱいやってしまった。

運動でも演劇でも多少しんどくても自分が好きでやるから楽しいので、これが強制的に「テキとタタカウ」ための「訓練」だったらジゴクになる。
学校の体育がなんとなくうさん臭くて嫌いだったのは
「言われた通りにみんな一緒に」
が子ども心に嫌だったんだろう。
「言われた通りにみんなと同じように」
「みんなそれでいいと思ってるんだよ」
なんていうのに流されちゃいけないよね。

「どうせ変わらない」
というあきらめがこんな国にしちゃったのかも。
「投票したって結局はどうにもならない」
という気持ち悪い空気にずっと覆われているような気がする。
今回もいやぁな感じがすごくする。
今までも投票率の低さと結果に何度ガックリしたことか。
「若者よ、選挙に行こう」って言うけど、大人だって今の大人が若者の時だって行ってなかったんじゃないの?
私も若い頃は
「どーせみんな自民党に入れるんでしょ」
って思ってた。
自分が投票したってなにも変わらないって。
でもその結果こんなになっちゃったわけで。
ほんとにずっと不思議なんだけど、
ほんとに「みんな」はこれでいいと思っているのだろうか?
それともオカネを持っている人々は票も買えるのだろうか?
だいたいオカネって人が普通に生きていくのにそんなにたくさんはいらないよ。
なんでちっとはまともなオカネの使い道を考えてくれる人が政治家にならないんだろうか?そんなにこの国にはまともな人材がいないんでしょうか?

なんか話が飛んだけど
とにかく投票には行こう。





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-09 23:49 | フィットネス | Trackback | Comments(0)

MOOC:英語で韓国語?

メモです。

First Step Korean


韓国ドラマにはまっているのでいっそのこと英語で韓国語も学べないものかと探したら
ヒットしたので登録してみました。
coursera自体も初めてなのでどうなりますか。
edxのように小テストも多そうなのでちょっと心配ですが、無理しないので。(←少しはしたら?)
今のところMOOCではFutureLearnが一番気に入っています。

とにかく楽しい面白いと思うものしか学ばないので。
しかも学んでも特に賢くなるわけでも身に付くというわけでもなく
学んでいる時間が楽しければそれで良し。
趣味です。
これはこのトシになって知る学ぶ楽しさですね。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-08 01:13 | 語学 | Trackback | Comments(0)

視野検査:横ばい89点

視野検査というものを始めて受けたのが2015年の11月
で、再検査
「緑内障のなりかけ」と診断され、タプロスの点眼を始める。
で、今日は普通の人が100点なら89点というところで「横ばい」だそうだ。
初回は90点だったからね。
左側の目の近くが見えてないんだそうだ。
この頃メガネをかけても近くが見にくいのはそのせいもあるのかな。

会計が自己負担3000円を超えていた。
受付で次の予約をするときに
この前のように「2か月後ですか?」
と聞くと
「そんなにしなくて大丈夫ですよ、半年後くらいで。
視野検査は高いですからね」
ああ、そうなんだ。
この視野検査、片目づつのぞきこんで
光が点滅すると手に持った機械を押すのだけれどけっこう疲れる。
今日は片目7分で、人によって違うそうだ。
初めのうちついつい光を目で追ってしまったし。
5分から10分なんだって。

で、このタプロス点眼薬を始めに処方された時
「副作用でまつ毛が伸びることがあります」
とドクターに言われたのですが
「この目薬、ほんとにまつ毛が伸びますね」
と言ったら
「嫌だったらクスリ替えましょうか?
女性は喜ぶ人が多いんですよ。
男性は困るんですけどね」
ああ、なるほど、男性は困るのか。
害はなくて薬を替えると元に戻るとのことで
とりあえずそのままにしておいた。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2016-07-06 09:13 | Trackback | Comments(0)