ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

<   2017年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

「浅間山荘」って聞くとなんかザワザワするんだよね。
思い出すのは

テレビの画面
受験勉強
確認するまで大学受験だと思い込んでたけど実は高校受験だったらしい。
間もなく受験であたしはおべんきょうしなきゃいけないのになんだかテレビでずっと薄ら寒そうな雪山の風景とぶっそうな風景と銃声やらなにやらでべんきょーできないじゃないよ、
なんて思ってたあたしは北海道の片田舎でまじめにおべんきょうがしたい中学生女子だったようだ。
『赤頭巾ちゃん気をつけて』を読んだのもその頃だったのだろうか。安田講堂とかゼンガクレンとかデモとかすべてが遠い世界のできごとでさっぱりピンと来なかった。
大学に行った頃にはそういうこともも遠くへ行き始めていたころで,
それでもカクマルとかちゅーかくとか一部の人が時々なにやらわめいていたり、わけのわからんビラ渡されたり、今でいえばウザいことこの上なかった。

てな当時の雑多な記憶が断片的に戻って来たのは
『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』のDVDをうっかりレンタルしたからだ。「うっかり」というのはその舞台版が今上演されていて「見に行こうかなぁ」と思っていた時に目にしてしまったから。レンタルしたのはいいけれど「ちょ、190分?3時間以上じゃん」それにあの事件(事象?何?)については断片的な良くない情報しかなく、それを映像で見たいとは正直思っていなかった。
前半のニュース記事をふんだんに使った部分は断片的な記憶が少し整理されて「ああ、あの頃こっちのほうではこんなことになっていたんだなぁ」と自分が小学生や中学生だった時を思い浮かべながら見た。
でも、その後に続く山岳ベースだの軍事訓練だのましてそーかつという名を付けられたリンチだの殺人だのが延々とリアルに続くシーンは正視に堪えないというか、席を立てない映画館じゃなくてよかったと思えるほどだった。

子供の頃の私のまわりには実直に毎日を生きる保守的な大人が多かったし彼らからすれば連合赤軍だの共産主義だの革命だのは「お上にたてつくバカな若者たち」だった。
成田空港建設反対闘争のニュースを見ていた時に
「あんなに反対している人たちがいるのに無理やり建てるなんておかしいんじゃないの?」
って呟いたら大人に聞きとがめられて
「お前はアカか?」
と言われたのを今思い出した。
冒頭のニュースシーンを見ながら思ったのは
ほんの45年前には(方法は間違っていたけど)真剣に国をよくしようとしていた人たちがいたんだなぁという妙な感慨だ。
でも、それが銃や爆弾になったり暴力になったり個人攻撃になったりしていったことに人間の弱さや危うさを感じる。
今では「お上」は正しいとは限らず、ただおとなしく従っているだけではより多くの人にとっての幸せはやってこないと気がついているし、気づかないふりをし続けている結果がどんどんおかしな方向に行かせているんじゃないか、とか。

てなことを考える機会をくれた映画だった。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-13 21:20 | DVD | Trackback | Comments(0)

卒園ありがとう!

孫の保育園の卒園式は
「6年前の昨日私たちが感じたことをこれからも忘れずにいましょう。」という司会の言葉と黙祷から始まった。
小さな子もたくさんいたのに1分間の静寂が生まれた。

お仕着せのハタもウタも印刷された証書もなく
子供たちひとりひとりに保育者たちが一生懸命考えた詩にこの保育園を応援する音楽家たちが曲をつけ、保護者たちや卒園した子供たちが週末に練習した合唱があり、保護者や保育者や協力者たちの生伴奏があり、父親たちが踊るソーランがあり、保育者たちの和太鼓と踊りがあり、保育者が染めた紙に園長さんが1枚1枚手書きした卒園証書がある。
この保育園の子どもたちは世界にひとつしかない卒園証書と自分だけの歌を贈られて卒園する。
ひとりひとりの卒園児が見守るひとたちの前を駆け、劇をし、それぞれの歌と仲間の歌を歌い、踊り、ひとりずつマイクを持って堂々と将来の夢を語る。どの子も誇らしげで見ているこちらが幸せな気持ちになる。
卒園おめでとう!
ありがとう、大きくなってくれて。

子供たちがお世話になった同じ保育園を孫も卒園する。
フルタイムでの子育て時期はどんなにこの保育園に助けられたかわからない。園長さんはじめ保育者のみなさんにはいくら感謝してもたりないほど。
すべての保育園や幼稚園や学校がこんなふうに子供と親たちを支えてくれたらどんなに世の中が変わるだろうかと思う。
ありがとうございました。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-12 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

けど、まだ少し歩いてもぎこちない気がする。
そして
ギプス無しで混んだ電車に乗ったり雑踏を歩いたりするのは思っていたよりコワイ。
誰かにちょっと押されたり足を踏まれたり、滑って転んだりしたら、と思うと気が気ではない。

今日はちゃんとその時間(午後2時46分)に黙祷できた。
だれかのツイートに
丸6年が7回忌です。
高齢の住職に、最高の供養とはなんですか?と聞いたら、残された者が笑顔でニコニコしてることが最高の供養だ、と教わりました。ご参考までに。」
とあって、なんだかホッとした気持ちになりました。

だれかがたいへんな目にあっている時に
ただ心配するだけで何もできないと無力感や罪悪感に囚われたりするけれど。
でも、それではだれもどこへも行けないものね。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-11 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Six years on, Fukushima child evacuees face menace of school bullies





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-11 15:08 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)


Only 22% of new seawalls are finished in areas hit by 2011 tsunami






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-11 14:34 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

米田さんがブログで紹介してくださったからでしょうか
2011年3月に書いた「いろいろあり過ぎて・・・」の記事にアクセスがありました。
この記事に貼ったいくつかのリンクはもう閉じられているようです。

個人的にも「いろいろ」の一つには孫の誕生がありました。
その1年前に小さく小さく生まれた命はおかげさまで元気に育っています。
身近なところに小さな「命」があるとその大切さもより身近に感じることができます。
2011年3月11日に起こったことでその小さな命の将来のことや
失われた多くの命について考えました。

それから3年が経った2014年3月11日に
こんなことを書いていました。
それからさらに3年が経った今年・・・
「おかしなほう」や「おかしな渦」にさらに飲み込まれて行っている気がする・・・
相変わらず無力ではありますが、
この間にあきらめない強さやさらに進んでいこうとするひとたちを直接間接に知ることもできました。
私の場合は「演劇」を通しての機会が多いですが、その片隅にまだ居ることに感謝します。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-11 13:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

健診ではレントゲン撮ったり心電図撮ったり血ぃとったりするでしょ?
で、そういう検査は今日はひとりの看護師さんが担当でそこのクリニックでは初めての人だったのですが。
初めはなんかあたふたしてるなぁって親近感を覚え、ちょっとした話をしているうちに
「小指折ったんですか? ウチの主人もね・・・」
とか
「え?お芝居?どういうのやってるんですか?」
なんて話になり
私の腕の血管を見て
「わぁ!きれいに血管が出ていますね。ありがたいです。」
注射針を射す時もなんかうれしそう
「ああ、よく出ていますね。
あ、勢いがある。射しやすいです。ありがたい。」
ちょ、ちょっ「勢いがあるって、血が???」
「はい、弱い人だとチョロ、チョロってしか取れないんですよ。」
てな、話がはずみ・・・(?)
なぜか持っていた公演チラシを渡すと
「え!いいんですか?興味津々。」
だって。
ぜひいらしてねん。

b0131968_22084846.jpg
実はここのクリニック、今日の担当医じゃないけど私の公演を観に来てくださったドクターもいるんですよん。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-10 18:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

いわゆるメタボ健診ってやつですね。
3月で滑り込みだけど血ィ抜いたりレントゲン撮ったり心電図とったり。
申し込んだ時に
「ミャクハやコツミツドの検査もできますよ」
と言われたので骨も折ったことだしやってみることにした。
すぐに結果がわかるものもあって
血管や骨密度は一言で言うと
「トシ相応」
なんだそうだ。
まぁ言い換えると
「特に心配はない」

はぁ、まあ。それはなにより。
骨密度は「若年齢標準偏差比較値」からすれば当然減っており
「同年齢標準偏差比較値」からすれば「まぁそれなり」に減っているわけだ。
しっかしこの「偏差」って言葉、やっぱいけ好かない。偏差値教育のやなイメージかな?
血圧脈波検査結果は
「動脈の詰まりの程度」は正常範囲
「動脈の方さの程度」は「右脚と大動脈に動脈硬化の疑い」なんて赤字で書いてあるけど
ドクターによると「誤差の範囲」なんだそうな。
ま、右側の違和感はたまにあるからなぁ。
胸のレントゲンを撮ると「心臓が大きい」と言われたことが何度かあるんですけど?
「今回はそんなことありませんよ。胸の写真はきれいです」(←レントゲンね。あ、そりゃそーだ)

さらに詳しい検査結果は後日郵送だそうだ。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-10 18:01 | 健康 | Trackback | Comments(0)

昨日ギプスが取れて
左足だけ6週間も3センチくらい高かった(長かった)わけだから取れてしばらくは違和感が。
今日はだいぶ慣れたけど今度は腰がやたら痛い。
これはこの6週間で歪んだカラダを腰が調整してくれようとしてるのかしらん?

こんななんてことないことまで書いてるのは自分がすぐ忘れるからなんだけど
このブログを見て
「骨折?大丈夫?」
なんてメールくれる友人もいてありがたい限りです。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-08 23:57 | 健康 | Trackback | Comments(0)


「1万人のゴールド・シアター2016」で出会った米田佐代子さんのことは何度かブログにも書かせていただいていますが、ゴールドシアターが終わってからもメールやブログでのやり取りが続いています。(ちなみに米田さんからのメール返信はだれよりも早いです)
その米田さんがGWの楽塾公演にいらしてくださるとのことでうれしい励みになっています。
公演チラシをお送りした時に米田さんが編集に協力なさった冊子を申し込んだところ、即翌日に発送してくださいました。
b0131968_14554476.jpg
b0131968_15020353.jpg
あのさいたまでのゴールドシアターの稽古期間中にこの文集の編集までなさっていたとは想像以上のスーパーレディです。稽古の合間の短いおしゃべりからもお忙しい方なんだなぁとは思っていましたが。


『あの日から・・・そしてこれから - 岩手県大船渡市轆轤石仮設住宅の1800日』
というこの冊子は岩手県大船渡市の「轆轤石仮設住宅」での4年11か月の思い出を住民有志のみなさんがまとめた記録だそうです。
同封されていたご挨拶文が米田さんのブログにアップされていますのでリンクします。
米田さんも書かれていますが、私も一読して意外に思ったのは「仮設の暮らしはよかった」という部分です。
2011年3月11日に起こったことは実際に被害にあった方々にはかける言葉も見つからないのですが、あの日を境になんだかよくわからない不安を抱えるようになった人は多いのではないでしょうか。繰り返し流された津波の映像、次々に入って来る悲劇的な情報、情報そのものが操作されることによって起こる疑心暗鬼。自分には何もできないという罪悪感と無力感。
「いつどこでだれに何が起こるかわからない」という思いは私もずっと持っています。
あの頃は個人的にもいろいろあった年で将来に不安を感じてもいました。
何かたいへんな災難があった時に当事者のインタビューなどが流れることがありますが、私がいつも思うのは被害に合われた方々の「笑顔」です。あまりにもたいへんなことに遭遇すると人は笑顔になるのかもしれない。それは笑顔にならないと耐え切れないのかもしれないし、それが人間の「強さ」なのかもしれません。

この文集からは「悲痛」よりも「優しさ」と「強さ」を感じます。起こったことを嘆くばかりでなく「これから」に向かっていく強さ。そして生の人と人とのつながりのあたたかさを感じました。
仮設住宅での生活について生の声を聞く機会はなかったので、この文集を読むことが出来てよかった。
米田さん、ありがとうございます。
b0131968_15025581.jpg


b0131968_15032412.jpg

この冊子を出版した「戸倉書院」のサイトはこちらです。







にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
by sk_miyuki | 2017-03-08 15:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)