山手ゲーテ座:「港の見える丘公園ローズガーデン」の紫陽花たち

山手ゲーテ座の入口は岩崎ミュージアムの正面入り口の左手の坂を少し降りたところにあります。
すぐ近くに「港の見える丘公園ローズガーデン」があって、アジサイやバラがきれいです。

b0131968_23540049.jpg

b0131968_23530582.jpg

b0131968_23544832.jpg

b0131968_23522389.jpg

この週末は『間違いの喜劇』にちらりと出演します。




[PR]
# by sk_miyuki | 2017-06-24 00:01 | 2017年5月からの演劇活動 | Trackback | Comments(0)

Young "Macbeth" : school production

Luckily had an opportunity to watch "Macbeth" as some international school production.
Happened to know about the production, sent an e-mail to the school asking if I could have permission, and was accepted.
It was worth trying.
The performance was really good and I liked it very much.
Amazed when I found that the actors were between 12 to 14.
Since I have been interested in drama education in other countries, it was a precious opportunity to me.




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-06-22 21:08 | Shakespeare | Trackback | Comments(0)

THE COMEDY OF ERRORS : Summary

THE COMEDY OF ERRORS : Summary

Egeon, a merchant of Syracuse, is condemned to death in Ephesus for violating the ban against travel between the two rival cities. As he is led to his execution, he tells the Ephesian Duke, Solinus, that he has come to Syracuse in search of his wife and one of his twin sons, who were separated from him 25 years ago in a shipwreck. The other twin, who grew up with Egeon, is also traveling the world in search of the missing half of their family. (The twins, we learn, are identical, and each has an identical twin slave named Dromio.) The Duke is so moved by this story that he grants Egeon a day to raise the thousand-mark ransom that would be necessary to save his life. ・・・・・






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-06-20 18:38 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

Japan’s tourism, real estate sectors actively seeking foreign workers

Japan’s tourism, real estate sectors actively seeking foreign workers





[PR]
# by sk_miyuki | 2017-06-20 18:11 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

ほんとに必要なの、降圧剤?

この間、ブログの「カテゴリ」の名前や順番をいじっていたら誤って「健康」カテゴリを消してしまった。
まぁ、単語で検索すれば問題ないけど。
降圧剤がなくなりかけたのでいつものクリニックへ。
実はここしばらく飲まないでいたので1か月以上経っている。
ドクターが気づいたので
「実は飲まないこともあるので」
と言うと
「飲んでくださいよ」
今日の血圧は125-78くらい
問題ないよね。
今検索したら
「1か月だけ」ってことで薬を強くしたんだった。
今も「ユニシア配合HD」
ここ数か月行くたびに
「飲まなきゃダメですか?せめて弱い薬に」
って言ってるのに
「まぁもうしばらく」ばかり。

この時に予約制をやめてたけど、また先月から予約制にしたんだと。

ほんとにこの「降圧剤」って必要なのかね?
「飲み続けると認知症になる」
なんてゆうのも目にするし。
なんかなぁ、医者に行っても血圧測って処方箋出して、数分で「はいおしまい」、で医療費も薬代もバカにならず。
血圧なんて人によって違うんだろうし、ちょっとググると、血圧が高くても低くても脳卒中になる確率はさほど違うわけではないってゆうし。認知症に至ってはあーだこーだと情報が飛び交ってるけど、結局なんだよ?って感じだし。そもそもクスリで多少長生きしてもなんだよ?とも思ったり。高齢者が増えて医療費が嵩むだの少子化で年金が払えなくなるだの、その割にバカな税金の使い方したり、だったら議員や官僚の数と給料をまず減らしなさいよ、とか、そもそも原発とか戦争とかやめなさいよ、とか、企業ばっか儲けてんじゃじゃないわよ、とか、あたしたちはささやかに平和に楽しく暮らしたいだけだわよ、とか、あちこちに思いが飛ぶのだけれど、なんでもそんな八つ当たりをつぶやいても捕まっちゃうぞ、なんて世の中になっているらしくて、そんな世の中で長生きしてもなぁ、なんてトシヨリは思っちゃうじゃないねえ?

あらあら、なんで医者に行くとこう思いがあっちこっちに行くんだろ?
生きるとか死ぬとかってこと考えちゃうかしらね。
ま、生きてる間は楽しむけどね。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-06-20 12:38 | 健康 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。次回出演2017年6月24日~25日YSG大14回公演『間違いの喜劇』@山手ゲーテ座


by sk_miyuki
プロフィールを見る