ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

劇団イキウメの舞台作品『散歩する侵略者』が映画化されカンヌ映画祭の「ある視点」部門で公式上映されたそうです。
この作品はいろいろな面で印象に残っています。
この劇団名とこの作品名・・・。
自分のこのブログ以前のブログで検索してみたら・・・
ありました!

私が観たのは2007年9月14日、残念ながらなくなってしまった青山円形劇場での公演だったらしい。
あの時の印象は今も強烈です。

その時のブログ記事から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「散歩する侵略者」イキウメ
2007/9/14 (金) 7:00PM
会場: 青山円形劇場(東京都)
[劇作・脚本][演出]前川知大 [出演]岩本幸子/浜田信也/盛隆二/國重直也/宇井タカシ/安井順平/瀧川英次/内田慈/日下部そう/町田晶子

先週に続いてまたまた円形劇場。
今回はまたなんとも不思議なお芝居でした。
SFの舞台なんてめったに観ないのですが、
脚本もよく書かれていて、ストーリーがどう展開していくのか興味を引きました。
役者さんたちも、肩に力の入らない、ふわっとした
不思議な魅力があって。
いえ、もちろん入るところは入ってましたけど。
台詞も聞きやすいし、声の使い方もよかったです。

ラストはやはり、「愛」でした。
せつない「愛」でした。

ここ数年で力をつけてきた劇団と思われます。
・・・・・引用ここまで・・・・・・・

個人的にどんどんさかのぼりますが
この公演を観に行ったきっかけは、
同じ日の昼間に文学座の自主企画公演「久保田万太郎の世界」(「雪の音」「不幸」)
 於:サイスタジオコモネAスタジオ
それを観に行ったのは、「祈り」で共演した赤司まり子さんが出演してらしたから。
で、
(その日のブログによると)
・・・・・・・・・・・
その観客席で文学座関係者の大ベテランとおぼしき方の口から
「いきうめ、おもしろかったよ。」
との言葉が・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、その足で渋谷の劇場へ行って当日券を求めたらしい。

で、どうして「いきうめ」に反応したかというと
その数年前に高校演劇の大会の時の審査員のおひとりから
「ぼくの友人に『イキウメ』って劇団をつくったヤツがいるんですよ。」
と聞いたことがあったのが妙に残っていたから。
(その時の私たちの作品に対する彼のご講評は「良い」とはいえないもので少なからず生徒たちは傷ついたのでは?
という気がしたのを今思い出した。)
(ま、この「イキウメ」ってことばを聞いたのもブログで確かめるまで「パラダイス一座」を観た「スズナリ」だったとなぜか思い込んでいたので私の記憶なんてあてにならないけど)

「イキウメ」の旗揚げは2003年だそうだから、その頃に聞いたんだわね。

何が、どう、ってことじゃないんだけど、こんなふうに(個人的に勝手にだけど)つながっていくのが面白いなぁと思って。
この作品は生で舞台で観た時に演劇の凄さを観た思いがしたので、これが映画になって有名な俳優たちが演じてどれだけ視覚的に壮大になるのか、それは映画の予告編を見ても予想がつくのだけれど、それはきっとすばらしいのかもしれないけど、生の舞台で見る人それぞれの想像力を刺激してくれたあの時の衝撃はないような気もする。


そうそう、2008年にはこんな記事も書いていました。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-05-23 12:15 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

Dominic Cooke explains the essential choices a director has to make about a play when creating a production for the stage. Using his production of The Comedy of Errors as an example, he discusses how the director’s central vision connects the work of the cast, the designer and the production team.






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-05-20 00:59 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

How can I say?

It is often far easier to express myself in English than in Japanese, talking with people I don't actually know like online English teachers. With some of the teachers I have made good friends with and can talk what I think but do not say to Japanese friends.
Well, that does not mean I can speak fluently enough to express what I want to say, but still, I feel that way. And it will happen.
I sometimes find uneasy to straightforwardly express my personal opinion when I speak Japanese especially when my opinion is different from what most of the people are supposed to believe.


b0131968_19030867.jpg

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-05-19 19:08 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

去年の9月以来行けてなかった真実先生のストレッチスタジオへ。
今日は代講のえみせんせいだったけど、ダンサーのストレッチはじんわりきくわぁ。
肩甲骨やインナーマッスルをじっくり使うんだけど、この使い方が難しい。
こういうストレッチは自分じゃできないからありがたい。
全身を使ったから気持ちがいい。

そのあとジムでバイクでもこごうかと行く前は思っていてシューズも持って行ったけど
無理。
帰りの電車で爆睡。
結局お風呂だけだったけど、
これがまた気持ち良かった。

これからしばらくはこのスタジオにも週1くらいは行けるかな。



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-05-18 18:01 | フィットネス | Trackback | Comments(0)

どうも、その
「ボランティア」って言葉に昔からしっくりこないものを感じる。
無償ならそれ、ってことでもないような。

でね、特にここ数年
人様のお役に立つこともなにかできないものかしらん、とは思ってるのね。
でも、ほら、「自分を犠牲にして」とかは無理。
たいそうなことは出来なくても、ささやかでも、なにかって。

で、少しずつ始めようと思ってるんだけど、
「人様のお役に」ってさ、
結局「自分のため」になってたり
そのこと自体がすでにすごく楽しくなったりするもんなんだね。


そういえば
仕事やめて今のバイトの面接受けた時に
「ボランティアですか?」
なんて言われたんだった。

「オカネを稼ぐ」って概念をなくすと人は好きなことしかしなくなるからストレス減るかも。
でも、霞食べて生きられないし。
みんなが普通に食べられるだけちょこっとずつ働くって、だめかしらん?




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-05-18 00:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)