ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

けど、まだ少し歩いてもぎこちない気がする。
そして
ギプス無しで混んだ電車に乗ったり雑踏を歩いたりするのは思っていたよりコワイ。
誰かにちょっと押されたり足を踏まれたり、滑って転んだりしたら、と思うと気が気ではない。

今日はちゃんとその時間(午後2時46分)に黙祷できた。
だれかのツイートに
丸6年が7回忌です。
高齢の住職に、最高の供養とはなんですか?と聞いたら、残された者が笑顔でニコニコしてることが最高の供養だ、と教わりました。ご参考までに。」
とあって、なんだかホッとした気持ちになりました。

だれかがたいへんな目にあっている時に
ただ心配するだけで何もできないと無力感や罪悪感に囚われたりするけれど。
でも、それではだれもどこへも行けないものね。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-11 23:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

Six years on, Fukushima child evacuees face menace of school bullies





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-11 15:08 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)


Only 22% of new seawalls are finished in areas hit by 2011 tsunami






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-11 14:34 | ENGLISH | Trackback | Comments(0)

米田さんがブログで紹介してくださったからでしょうか
2011年3月に書いた「いろいろあり過ぎて・・・」の記事にアクセスがありました。
この記事に貼ったいくつかのリンクはもう閉じられているようです。

個人的にも「いろいろ」の一つには孫の誕生がありました。
その1年前に小さく小さく生まれた命はおかげさまで元気に育っています。
身近なところに小さな「命」があるとその大切さもより身近に感じることができます。
2011年3月11日に起こったことでその小さな命の将来のことや
失われた多くの命について考えました。

それから3年が経った2014年3月11日に
こんなことを書いていました。
それからさらに3年が経った今年・・・
「おかしなほう」や「おかしな渦」にさらに飲み込まれて行っている気がする・・・
相変わらず無力ではありますが、
この間にあきらめない強さやさらに進んでいこうとするひとたちを直接間接に知ることもできました。
私の場合は「演劇」を通しての機会が多いですが、その片隅にまだ居ることに感謝します。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-11 13:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

健診ではレントゲン撮ったり心電図撮ったり血ぃとったりするでしょ?
で、そういう検査は今日はひとりの看護師さんが担当でそこのクリニックでは初めての人だったのですが。
初めはなんかあたふたしてるなぁって親近感を覚え、ちょっとした話をしているうちに
「小指折ったんですか? ウチの主人もね・・・」
とか
「え?お芝居?どういうのやってるんですか?」
なんて話になり
私の腕の血管を見て
「わぁ!きれいに血管が出ていますね。ありがたいです。」
注射針を射す時もなんかうれしそう
「ああ、よく出ていますね。
あ、勢いがある。射しやすいです。ありがたい。」
ちょ、ちょっ「勢いがあるって、血が???」
「はい、弱い人だとチョロ、チョロってしか取れないんですよ。」
てな、話がはずみ・・・(?)
なぜか持っていた公演チラシを渡すと
「え!いいんですか?興味津々。」
だって。
ぜひいらしてねん。

b0131968_22084846.jpg
実はここのクリニック、今日の担当医じゃないけど私の公演を観に来てくださったドクターもいるんですよん。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-10 18:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)