「かあちゃんの唄」

土曜日はこの間「谷間の女たち」に主演された後藤加代さんの一人芝居を観に福島は仁井田まで日帰りの強行軍で出かけました。
仁井田には田園風景が広がり黄金の穂が輝いていました。
田んぼの中の小学校の体育館での公演は地元の人たちで大入りの盛況でした。みなさんこの日を楽しみにしていらした様子、私は観たのは二度目でしたが今回もよかった。
加代さんすてき過ぎ。お山で猫ちゃんと暮らす加代さんと主人公の早苗とがかぶり、谷間の稽古場でいつも楽しいお話をしてくれた加代さんがかぶり、もちろんすばらしい演技に感動でした。
「谷間」メンバー10人で押しかけ、加代さんと再会できました。加代さんもとても喜んでくれて、みんなで行けてほんとによかった。
あらためてこんなすてきな女優さんと一緒に稽古場や劇場でご一緒できた幸運に感謝しました。

b0131968_11124528.jpg


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-10-06 11:14 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

アヒルと鴨のコインロッカー

何の期待も前情報もなく何気なく観たのですが

よかった! 
印象に残るシーンもたくさんあって得した気分です。
原作も読んでいないのですが、この仕掛けはおもしろかったですね。

不思議な映画だなぁ。せつないわぁ。

濱田くんのけなげさと
あのワンシーンのセンスに 泣けた。
あそこであんな演技を、監督の期待をいい意味で裏切る演技を、
監督を説得してまでやるなんてすごい。
ひとことの台詞に やられた・・・
そこだけ文字で読めばなんてことない台詞なのに。
すごい・・・

メイキングでの楽しそうで仲のよさそうな現場の風景や舞台挨拶の様子もよかったなぁ。
出演者たちのコメントや監督のインタビューもおもしろかった。

ボブディランの曲も効果的に使われていてなつかしかった。


監督・脚本 中村義洋
主題歌 ボブ・ディラン
原作 伊坂幸太郎

出演 濱田岳・瑛太・関めぐみ・松田龍平・田村圭生・関暁夫  他



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-10-03 23:32 | DVD | Trackback(1) | Comments(0)

ベビーとベリー

昨日はベリーダンスのレッスンの日でした。
グループレッスンの前に30分ほど個人レッスンで基礎の動きを教えていただいています。
初心者なのでいろいろな振りの名前を覚えるのも大変です。
おなかや腰だけでなく指先まで身体の各部を動かすので健康にも良さそう。

グループレッスンの時間になってメンバーが集まってきました。
その中に赤ちゃんを連れた人が。
私は初めてお会いしたのですが、ショーダンサーもなさっていた方で昨日は2年ぶりのベリーだったとか。
赤ちゃんは3ヶ月。
レッスンの間フロアで寝かされていましたが、
もちろんみんなのアイドルに。
ダンスを見ていっしょに手足を動かしたりしてニコニコでした。

音楽は流れてるし、おへそを出したおねえさんたち(?)が踊ってるし。
ベリーダンスにはヒップスカーフを使いますからシャラシャラいい音もするんです。
衣装の色も原色が多いし。
(私はまだヒップスカーフだけですけど、ベリーダンスの衣装はレッスン着もかわいいので人のを見ているだけでも楽しいです)
レッスンのあとは代わる代わるだっこされたりして終始ご機嫌でした。
ちなみに赤ちゃんは男の子でした。

赤ちゃんがいても一緒にベリーダンスなんていいですよね。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-10-03 00:26 | Trackback | Comments(2)

楽塾の稽古は・・・

今日はひとりをのぞいてみんな集合したのでにぎやかでした。
来週には流山児さんに前半を見せる、ということで・・・
もう大変。
だってまだ全員そろったことないし・・・
稽古はたった4回だし・・・(私はそのうち2回お休み・・・汗)
歌も踊りももちろん台詞も覚えなきゃならないし。

楽塾の稽古では落ちこんでたり、めげたりする余裕はまったくナシ。
だって、やんなきゃなんないんだもん。
ひたすら歌う、ひたすら踊る、ひたすら台詞言う。
それがまたみんなであーでもない、こーでもない、と言いながらなんとはなしに形になっていくというのもおもしろい。
あー、なかなか合わないなぁ。
ひとりひとりが自主稽古をしっかりしなきゃ、だわ。

これがまた来週の流山児さんの登場でぜ〜んぶひっくりかえったりするのかもなぁ。それもまた楽しみのような、こわいような・・・



にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-09-29 00:32 | 楽塾 | Trackback | Comments(0)

キャスティング

昨日

トムスタジオ「45歳からのアクターズスタジオ」
第2回公演「蒼いランドセル」

のキャスティング発表がありました。

「45歳からのアクターズスタジオ」は劇団6番シードの演出家松本陽一さんが主宰する45歳以上を対象にした演劇ワークショップで1年間で基礎から始めて公演までもっていこうというものです。今年の2月から2期生として参加しています。
この9月からキャスティングのために役を替えながらの立ち稽古が始まっていました。

このスタジオの講師は劇団6番シードの現役バリバリの演出家や役者さんたちです。30代を中心とした若い人たちですが、劇団は今年で15周年を迎えたそうです。このワークショップに参加したのを機会にいくつかの公演を見ましたがエネルギーと勢いのある劇団です。持ち味はキレのあるスピーディーな芝居、そして松本陽一さんが生み出すどこか憎めない普通の人たちが織りなす人間模様。笑って泣いて、最後にはあたたかい思いが残る魅力的な舞台を精力的に重ねています。

2月から始まったレッスンでは発声、呼吸、滑舌、エチュード、台本稽古など、本当に基礎の基礎からていねいに教えていただきました。いわゆる「シニア演劇」がここ数年ちょっとしたブーム(?)のようになっていてさまざまなワークショップや劇団ができているようですが、「趣味で演劇」を越えた誠実に演劇と向き合う姿勢を教えていただいています。

メンバーは初めて演劇に取り組む人、ずっと演劇一筋で来た人、ここ数年以内に始めて他のワークショップや劇団を経て来た人などさまざまです。

そんなメンバーと講師とで1年間をかけて創る舞台。
メンバーたちは今までのレッスンを通じ、夏の中間発表(私は「谷間の女たち」公演のため参加しませんでしたが)を経て、舞台への情熱と闘志をふつふつとたぎらせています。(多分みんなも私と同じ気持ちなら)

さて、そんな中でのキャスティング発表。
このキャスト決めも緊張感のある丁々発止の(?!)立ち稽古の末、作・演出の松本陽一さんから発表されました。
なにしろ台本はまだ1シーンのみ。どうやらミステリー風の1幕芝居、ほとんど全員出ずっぱり。廃校になった小学校に偶然(?)集まった人々。美術展覧会の企画に、取り壊し問題あり、自殺予告あり、の波乱含みな幕開け。

こんなふうに台本が少しずつ渡される中での芝居創りは始めてなのでこれからどう展開していくのか楽しみです。作家が私たちをここ半年見てきてくれた人というのもこわいような楽しみなような。松本さんがおっしゃるように、稽古を見ながらストーリーやキャラクターや台詞なども変わっていくであろうことも十分あるでしょう。
これはうかうかしてはいられない。仲間たちともいい意味で切磋琢磨していくライバルとなることでしょう。
私がいただいた役は今のところ地味な印象ですが、自分の役になってから読み直してみるとアヤシイところがちらほら見えてきます。ひょっとしてこの人けっこうくわせものでひとくせあるんじゃなかろうか。
だといいな。

なにはともあれ楽しみなことです。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-09-26 11:41 | トムスタジオ | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る