まずは、続けること、かな。

昨日はスタジオレッスンの前に個人レッスンを受けるので
久しぶりにラッシュ時に電車に乗ったら、
相変わらずすごいですねぇ。
ホームからは人があふれんばかり
やっとの思いで乗り込むと
そのままぎゅうぎゅう押し込まれ身動きできず、
身体とはるかにはなれたバッグを必死でつかむ、
もちろん足の置き場もあるかなきか。
最もひどい時間は30分くらいなのですが
その長いこと。

こりゃあ朝から命がけだわ。
気もすさむわ。
よくこれで本が読めるなぁ。
ちょっとページが当たるじゃないの。
なんとかなんないの、この状況。
修行僧のようにじっと耐えて押し黙る人、人、人・・・
みなさまお疲れさまでございます。


午前、午後とレッスン。

以下自分メモ
なかなか背中が使えるようにならないなぁ。
深い呼吸のために背中を柔らかく使えるようになりたい。
呼吸が多少できるようになっても台詞を言う段になるといかせてないし。
もっとストン、と息を入れたい。
響きのある声を手に入れたい。
身体の深いところで感情を作り、声を出すときには余計なところに力を入れない、って難しい。
台詞まわしの悪いクセを直したい。etc.etc.・・・
課題は山積み。



夜は芝居で知り合ったNさんと久しぶりにデート
芝居の話がいっぱいできて楽しかった!
今、演劇を続けることについて、とか。
自分をしっかり持っている人と話すのは気持ちがいいです。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-25 07:38 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(2)

安房直子朗読館

ワークショップのあとは荻窪へ。
東西線で1本でした。
(帰りはまだ8時なのに直通はなくなっていました)

9月の公演で共演する越前屋加代さんがゲスト出演するということでかけつけました。

そもそも作者の安房直子さんを「あわなおこ」さんとお読みするのも覚束なかったのですが、アットホームな会場にシンプルな舞台装置。

「ねこじゃらしの野原」はなつかしい風景が目の前に広がるような
ユーモラスで心あたたまるお話でした。

「小さいやさしい右手」
は子どもの魔物の心の波が聞こえるような
不思議な味のストーリーに
アコーディオンの生演奏がよく合って
素敵なコラボでした。

サイトはこちら


ここでもまた演劇(的)なさまざまな表現、
さまざまな関わりを感じたのでした。





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-23 12:50 | 観劇 | Trackback | Comments(2)

楽塾と朗読と

楽塾新人ワークショップ2回目。
早速立ってみました。
とにかくやってみましょう、と
いうことで、みんなでワイワイ。ああでもない、こうでもない。
しかも歌と踊りを入れるように、との流山児さんの指示。
もっとも流山児さんは今回はなるべくタッチしないから
自分たちで好きなようにやってみろ、とのこと。

演出家がいて、公演に向けて厳しいダメ出し、
というのとはまったく違っていて妙な感じ。
これが楽塾流なのかしらん?
緊張した空気、というよりはみんな否応なく仲良くなっちゃって
和気あいあい。
これって、高校演劇部的なノリ?
「遊べばいいのよ。」
とは先輩メンバーのお言葉。
なんだかんだ言って
オープニングの歌と踊りもなんとなく出来あがり・・・
ひょっとして、楽塾にタブーはないのかも。

またしてもまったく違う世界だわ。
ここでは頭も身体も心も柔らかくして
芝居で遊んでしまうのがいいのかも。

終わってからは荻窪へ直行。
9月公演の共演者がゲスト出演する朗読の会へ。
公演の代表も来ていて、
「ちょっと頼みがあるんだけど。」
と仕事のお話でございました。
なんでもやらせていただきますです。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-22 22:49 | 楽塾 | Trackback | Comments(2)

ローテンブルグのゲストハウスードイツ(1)

順序立ててドイツ旅行の記事をアップしたいところなのですが、
パソコンの画像処理がちょっと調子がよくなかったり、まとまった時間がとれなかったりしているので、ランダムにアップします。

ローテンブルグは今回の旅行の実質的な最後の訪問地だったのですが、
そこのゲストハウスがとても素敵でしたので。

1枚目はベッドルーム。
ベッドメイクのかわいさにまず感激! でした。
b0131968_21523489.jpg

2枚目はリビングとダイニングキッチン。
ゆったりくつろげるソファやテレビがあります。
テーブルの上に見えるノートはゲストのコメント帳で
ローテンブルグの滞在を十分に楽しんだコメントがたくさんでした。
もちろん私も書いてきましたよ。
b0131968_22264498.jpg

3枚目はキッチン。
使いやすそうなキッチンに冷蔵庫、電子レンジはもちろん
なんと、電気釜まで!
お米を持参すればご飯が炊けます。
すぐ近所にお肉屋さんもパン屋さんもあるので好きなものを食べられます。
意外にドイツのホテルではお湯をわかすポットが備えられていないので、
このゲストハウスで初めて日本から持参したお茶が飲めました。
b0131968_22262276.jpg

4枚目。
中央お二人がこのゲストハウスのオーナーご夫妻。
右はスタッフのゆうかちゃんです。
とってもきさくなみなさんで単に泊まるところ、
というよりローテンブルグに親戚ができたみたいな感じです。
b0131968_22303074.jpg

オーナーのえく子さんは
すてきなお店も経営していらして、
私もかわいいおみやげたくさん買っちゃいました。

えく子さんのお店のブログはこちら
ゆうかさんのブログはです。こちらです。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-21 22:01 | 旅行 | Trackback(1) | Comments(8)

公演のチラシ

というわけで
9月の公演のチラシをいただいてきました。

今日の読み合わせで全体的に
ボロボロのお言葉を演出家からいただいて
連帯感を深め、
その後の飲み会では
今後のことや戯曲の解釈に花が咲き、
すっかり意気投合。

この「最低」から這い上がるべく
決意を新たにしたのでした。
b0131968_2324718.jpg
b0131968_23243251.jpg

公演のお問い合わせ・予約等は私まで直接メールやメッセージをお寄せください。
メールは sk_miyukiAexcite.co.jp (Aを@に変えて下さい) です。

にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-20 23:34 | 2008年9月公演 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。英語学習メモ。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなど。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る