「表と裏と、その向こう」 イキウメ

今日のレッスンのあとの観劇は
「イキウメ」というおもしろい名前の劇団。
前にも書いたけどふとしたことで名前が印象に残っていた劇団です。
去年これもふとしたことで見にいった「散歩する侵略者」がおもしろかったんですねぇ。
今回も楽しみにして行きました。
実を言うとこの前の「眠りのともだち」はいまひとつだったのですが、今回はまたまた不思議な魅力全開でした。SFものでおもしろいと思う舞台ってそうそうないように思います。
ストーリーや詳細は↓のサイトを見ていただくとして、
今回は紀伊國屋ホールということで劇場もぐっと大きくなりましたが、客席はほぼいっぱい。若い人が多かったけど年齢層も広かったようです。
シンプルだけどちょっとずれている舞台セット。その斜め具合を生かして不思議な世界が展開します。二階構造の使い方も有効でおもしろかった。
この劇団の役者さんたちの、肩に力が入らない(ように見える)熱くない(ように見える)飄々とした、と言うか、淡々とした、と言うか、それでいて間合いが絶妙で、一瞬のうちに時間と空間を飛ばすことができる演劇の利点を縦横無尽に使って、ごく自然にSFが成立する力量はすごいと思います。
舞台は近未来ですが、例によって荒唐無稽、いや、でもひょっとしてあるかも、とも思え、ありえない展開なのに引き込まれ、クールなやり取りなのに切なく、どんでん返しも意外な展開も問題の解決もなくラストを迎えるのだけれど、物足りなくもなく。こういうホンを書けるのってすごいなぁ。
「お祖母ちゃんの長生きの秘訣はね、
誰も見ていない時、死んでいるのよ」
って・・・

私は特にSFファンではありませんが「時間」ものはけっこう好きかも。
時間どろぼうは一体だれかな。モモみたいに灰色の男は出てきません、念のため。

ええっと、スカッと爽快な芝居が好きな人にはどうかしら?
めんどくさい話は苦手という人にもどうかなぁ。
あくまでも個人的な好みですので。
私はこの不思議な味の舞台が気に入っています。

残念だったのは暗転がちょっと多くて長いので緊張感が途切れたところがあるのと、上手の手前の袖の出入りに幕が動くのは好きじゃなかったなぁ。

前田さんのインタビューも興味のある方はどうぞ。↓



作・演出:前川知大
出演:浜田信也、盛 隆二、岩本幸子、森下 創、緒方健児
西牟田 恵、内田 慈、安井順平
紀伊國屋ホール

イキウメ公式サイト

前田知大さんのインタビュー


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-07-04 00:33 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

ダッハウ強制収容所ードイツ旅行(2)

ミュンヘンに着いた翌日にダッハウ強制収容所に行きました。ミュンヘンから電車とバスで40分ほどです。
ドイツで最初の強制収容所でその後のナチスの収容所の基本形になったということです。
観光客や見学授業らしい学生がたくさんいました。

b0131968_891531.jpg
ダッハウ強制収容所入り口。バス停。
b0131968_894479.jpg

この長く続く並木の左右に収容施設が並んでいた。その広さに驚く。
b0131968_8104275.jpg

すっかりきれいになっているが、むき出しのコンクリートの床やロープをつり下げていた天井の梁などが残っているガス室。実際には使われなかったそうだが。
b0131968_811833.jpg

火葬場の内部。終盤には焼ききれなくなり穴を掘って埋めた。
b0131968_8112871.jpg

収容されていたベッド。この中にどれほどの人が入れられていたことか。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-07-02 08:29 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

2008年6月(7)

今月は上旬はドイツ旅行に出かけ、
楽塾の新人ワークショップが始まり、
合間に熱を出して寝込んだりしてあまり出かけられず、
家にもいないからDVDも見られず・・・でした。


ローテンブルグの人形劇場
「ジェントルマンズキッチン」劇団6番シード
安房直子朗読館
「A MIDSUMMER NIGHT'S DREAM - THEじゃなくてAなのが素敵 」翻訳・演出 G2
「楽塾版☆十二夜」 2006年上演DVD
「ふるあめりかに袖はぬらさじ」シネマ歌舞伎
「ザ・マジックアワー」


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-30 22:38 | 観劇・映画月間メモ | Trackback | Comments(0)

楽塾3回目

今日は(って日付が替わってるけど)楽塾新人ワークショップ3回目。
飲み会もあって今帰ったところです。

ワークショップに流山児さん初登場。
今まで自分たちでつくったものを見るなり、
「まったく何やってんだかわからない。」
「だれに話しているのかわからせろ。」
「相手を聞け。」
「とにかく1秒でも待たないことを考えろ。」
と次々と提案されました。

目からウロコがボロっと落ちた気がしました。
こうすれば否応なく相手を聞くし、そうすると自分の中に感情も生まれてくる。
「演劇で遊ぶ」ってこういうことかぁ。
とんでもないことに見えるアイデアも出され、
そのまま宿題になりました。
もちろん次までに台詞は全部入れること。
歌も踊りもあるしなぁ。
大変だけどなんだか楽しいぞ。ワクワク。

今日はそのまま稽古場で飲み会。
メンバーたちはすでにすっかりうちとけています。
みんな芝居に熱いったら。
一応中高年向けの劇団ということですが、みんな少年少女です。
お出かけしていた流山児さんも戻って来られてさらに盛り上がりいつ終わるともつかず。
油断していたらあやうく終電になるところでした。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-30 00:52 | 楽塾 | Trackback | Comments(2)

上演DVD

楽塾創立9周年記念公演 Space早稲田開場10周年記念公演VOL.1
『楽塾版☆十二夜』

2006年4月28日(金)〜5月6日(土)  
【原作】 ウィリアム・シェイクスピア(松岡和子訳ちくま文庫より)   
【翻案・台本・演出】流山児祥
【出演】 
いそちゆき/伊藤しずよ/川本かず子/桐原三枝/菊池磨菜/小森雅子/杉山智子/関口有子
高野あっこ/内藤美津枝/二階堂まり/西川みち子/めぐろあや/冨澤力/柏倉太郎/木暮拓矢
【音楽】Sky Walkers 【照明】ROMI 【舞台美術】小林岳郎 【振付】竹村絵美
【衣裳】鈴木真紀子 【舞台監督】冨澤力 【音響操作】堀之内啓太 【美粧】木内尚                       
【宣伝美術】山中桃子 サワダミユキ 【制作】流山児★事務所 
【助成】芸術文化振興基金

なんとも元気いっぱいに歌い踊り、走り回っています。
舞台を日本に置き換えていますが、違和感なし。シェイクスピアはほんとに懐が深いわ。
私は残念ながら舞台を観ていないのですが、この上演DVDは楽塾メンバーさんからお借りしたものです。

この6月から楽塾に入団し、現在新人ワークショップに参加中です。この作品に出演されている先輩メンバーさんや新人メンバーといっしょです。
明日はワークショップの3回目。レンタル屋でCDを探しに行って秘かに歌ってみたり、台詞をぶつぶつ言ってみたり。明日は流山児さんもいらっしゃるとのこと。どうなるのかなぁ、ドキドキ。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へ
にほんブログ村 演劇ブログへ

人気ブログランキングへ
[PR]
# by sk_miyuki | 2008-06-28 23:32 | 楽塾 | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る