ブログトップ

演劇生活しちゃってます。Miyuki's Blog

いわゆるメタボ健診ってやつですね。
3月で滑り込みだけど血ィ抜いたりレントゲン撮ったり心電図とったり。
申し込んだ時に
「ミャクハやコツミツドの検査もできますよ」
と言われたので骨も折ったことだしやってみることにした。
すぐに結果がわかるものもあって
血管や骨密度は一言で言うと
「トシ相応」
なんだそうだ。
まぁ言い換えると
「特に心配はない」

はぁ、まあ。それはなにより。
骨密度は「若年齢標準偏差比較値」からすれば当然減っており
「同年齢標準偏差比較値」からすれば「まぁそれなり」に減っているわけだ。
しっかしこの「偏差」って言葉、やっぱいけ好かない。偏差値教育のやなイメージかな?
血圧脈波検査結果は
「動脈の詰まりの程度」は正常範囲
「動脈の方さの程度」は「右脚と大動脈に動脈硬化の疑い」なんて赤字で書いてあるけど
ドクターによると「誤差の範囲」なんだそうな。
ま、右側の違和感はたまにあるからなぁ。
胸のレントゲンを撮ると「心臓が大きい」と言われたことが何度かあるんですけど?
「今回はそんなことありませんよ。胸の写真はきれいです」(←レントゲンね。あ、そりゃそーだ)

さらに詳しい検査結果は後日郵送だそうだ。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-10 18:01 | 健康 | Trackback | Comments(0)

昨日ギプスが取れて
左足だけ6週間も3センチくらい高かった(長かった)わけだから取れてしばらくは違和感が。
今日はだいぶ慣れたけど今度は腰がやたら痛い。
これはこの6週間で歪んだカラダを腰が調整してくれようとしてるのかしらん?

こんななんてことないことまで書いてるのは自分がすぐ忘れるからなんだけど
このブログを見て
「骨折?大丈夫?」
なんてメールくれる友人もいてありがたい限りです。






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-08 23:57 | 健康 | Trackback | Comments(0)


「1万人のゴールド・シアター2016」で出会った米田佐代子さんのことは何度かブログにも書かせていただいていますが、ゴールドシアターが終わってからもメールやブログでのやり取りが続いています。(ちなみに米田さんからのメール返信はだれよりも早いです)
その米田さんがGWの楽塾公演にいらしてくださるとのことでうれしい励みになっています。
公演チラシをお送りした時に米田さんが編集に協力なさった冊子を申し込んだところ、即翌日に発送してくださいました。
b0131968_14554476.jpg
b0131968_15020353.jpg
あのさいたまでのゴールドシアターの稽古期間中にこの文集の編集までなさっていたとは想像以上のスーパーレディです。稽古の合間の短いおしゃべりからもお忙しい方なんだなぁとは思っていましたが。


『あの日から・・・そしてこれから - 岩手県大船渡市轆轤石仮設住宅の1800日』
というこの冊子は岩手県大船渡市の「轆轤石仮設住宅」での4年11か月の思い出を住民有志のみなさんがまとめた記録だそうです。
同封されていたご挨拶文が米田さんのブログにアップされていますのでリンクします。
米田さんも書かれていますが、私も一読して意外に思ったのは「仮設の暮らしはよかった」という部分です。
2011年3月11日に起こったことは実際に被害にあった方々にはかける言葉も見つからないのですが、あの日を境になんだかよくわからない不安を抱えるようになった人は多いのではないでしょうか。繰り返し流された津波の映像、次々に入って来る悲劇的な情報、情報そのものが操作されることによって起こる疑心暗鬼。自分には何もできないという罪悪感と無力感。
「いつどこでだれに何が起こるかわからない」という思いは私もずっと持っています。
あの頃は個人的にもいろいろあった年で将来に不安を感じてもいました。
何かたいへんな災難があった時に当事者のインタビューなどが流れることがありますが、私がいつも思うのは被害に合われた方々の「笑顔」です。あまりにもたいへんなことに遭遇すると人は笑顔になるのかもしれない。それは笑顔にならないと耐え切れないのかもしれないし、それが人間の「強さ」なのかもしれません。

この文集からは「悲痛」よりも「優しさ」と「強さ」を感じます。起こったことを嘆くばかりでなく「これから」に向かっていく強さ。そして生の人と人とのつながりのあたたかさを感じました。
仮設住宅での生活について生の声を聞く機会はなかったので、この文集を読むことが出来てよかった。
米田さん、ありがとうございます。
b0131968_15025581.jpg


b0131968_15032412.jpg

この冊子を出版した「戸倉書院」のサイトはこちらです。







にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-08 15:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

昨日で骨折して6週間。
レントゲン写真を見ながら
「もういいかげんに取りたいよね。」
「はい!!!!!!」
「取るか・・・。」
「!!!!!(わんわん!ぐらいな気分)」
「踊っても・・・?」
「運動はまだダメだよ」
「へ?動いていいって・・・?」
「それは日常生活ってことだよ。ダンスって走ったりジャンプするってことでしょ?
それ普通の動作の10倍の力がかかるんだよ。
同じとこ再骨折したら治るまでに倍かかるよ。」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「運動していいのは折ってから普通3か月後くらいだよ。」

昔若い頃に鎖骨折って治りかけに腕を引っ張られたら簡単にまた折れて半年かかって、ものすごぉく痛くて辛くて悔しかったのは何十年経っても忘れられない。
楽塾のダンスは集団で速く動いたりジャンプしたりするし、稽古の時はなかなかうまくそろわないからぶつかったり足踏んだり(お互いにね)するから正直何もなくてもちょっとこわい時がある。なによりステップが踏めないよね。
ふぅむ、何が出来て何が出来ないかを考えよう。

ところで今朝起きたら今度は寝違えたのか左手首がおかしい。今こうしてキーボードを打ってみたが手首を固定すれば打てる。指は動くもんね。
人間の身体ってのはどこかが少しでもおかしいと今まで何気なくしていた動作が出来なくなるんだね。いろいろ学ぶこと多し。この際カラダもアタマもココロも年取ったり弱ったりするとどうなるのか、自分がどう感じるかどうやる気がなくなるかなんてことも記録しとこって気になってる。あれ?これまたやる気になってんじゃん?






にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-08 14:09 | 健康 | Trackback | Comments(0)

目の奥は異常なし

健康メモ
眼科も定期的に行っていて今日はその検診日
だいたい2か月に1回
前回は1月の視野検査
今日は視野検査はないから視力検査があったんだけど
左目が少し視力が落ちていた。
どちらかというと右目のほうが視力が弱いんだけど。
どっちにしろド近眼だけどね。
前回もらった遠近両用コンタクトは骨折したこともあってなんとなくまだ使ってない。
あのあと1回だけなんか天気図の寒冷前線(?)みたいなちっさい▲がつながってるのが見えたんですけど・・・
と言ったら目薬さして10分待って目の奥を見る、っていうのをされた。
異常なし
連続して見えたりするとよくないそうだ。

いつものように緑内障用のタプロスとアレルギーのパタノール。

この検査の目薬をさすと外に出て数時間もまぶしくて見えにくくて危険だが。




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2017-03-07 21:33 | 健康 | Trackback | Comments(0)