シナリオクラブ成果発表会

さいたまでの稽古の後は中野に移動して演劇教室の成果発表会へ。
知人が出演しているので声をかけていただいたのですが、なんと公演はあっという間に満席完売になったとのことでゲネを見せていただくことに。
ゲネと言っても本番さながらで、開場前に劇場外には人がいっぱいでまずびっくり。
その列の中にノゾエパパさんを発見してまたまたうれしいびっくり。

公演に出演している知人と言うのは劇団はえぎわの「ライフスタイル体操第一」で共演したA子さん。
彼女とはさいたまの「1万人のゴールド・シアター」でも同じグループでした。
この前の記事に書いた2012年の『病は気から』にも一緒に行きました。
ノゾエパパさんというのはノゾエ征爾さんのお父様で、はえぎわ公演の後もなんやかやとつながりがあってうれしいことです。

劇団はえぎわのみなさんとはその後も何かとつながりがあり、「1万人のゴールド・シアター」でも今回のワークショップでもスタッフの中に劇団員さんがいて強力なサポートをしてくれています。稽古に行ってお会いするのもとっても楽しみなんです。

そしてこの成果発表会のシナリオクラブは俳優の清家栄一さんがアドバイザーをなさっていて、演出も出演もされていました。
清家さんは「1万人の〜」にもご出演でした。

いやぁ、ものすごく気合の入ったすばらしい発表会でした。
4本の演目があったのですがどれも力作ぞろいで、3時間くらいの上演時間でしたが長さを感じさせない迫力でした。


さいたまでのワークショップといいこの成果発表会といい、さまざまな演劇のかたち、参加の仕方があってどれもこれも面白いですねぇ。

b0131968_13451018.jpg

[PR]

by sk_miyuki | 2018-02-05 13:45 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://misakichi4.exblog.jp/tb/28075090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 仮想定規の稽古に初参加してきました。 「ノゾエ征爾演劇ワークショップ... >>