「シェイクスピア劇の翻訳 ―ページからステージへ」

·
2018年度シェイクスピア祭演劇講座

2018年度シェイクスピア祭演劇講座

「シェイクスピア劇の翻訳 ―ページからステージへ」
講師:松岡和子(翻訳家・演劇評論家)
を受講しました。



会場の小野記念講堂に着くまでに例によって、道に迷い、構内で4人の方に道をお聞きしたのですが、みなさん自信を持って違う場所を教えてくださいました。あちこち歩いて良い散策になりました。本当はもっと早く着いて演劇博物館もゆっくり見たかったのですが。


b0131968_00092058.jpg

b0131968_00100606.jpg


松岡和子先生のお話はシェイクスピア好き、演劇好き、マクベス好きな私にはたいへん面白く、興味深く、使われていた貴重な舞台映像にもわくわくしました。「舞台で演じるために」書かれた台詞、「聞くための」台詞を日本語に乗せるご苦労を楽し気に語られたのが印象的でした。

以前から気になっていた "When the battle's lost, and won."や "The night is long that never finds the day/" などなどの勇気ある訳出や、To-morrow Speechの、さまざまな演出による「明日」の表現などたいへん興味深く聴きました。

そのさまざまな演出のTomorrow Speechを映像と一緒に、松岡先生と演出家や俳優との生のやりとりを聞けたのも楽しかった。

「解釈(翻訳)はするけど演出はしない」
「原文がよく理解できると自由になれる」

という言葉が印象的でした。

翻訳をなさるたびにすべての役を頭の中で演じていらっしゃる熱い思いが伝わってきました。


b0131968_00094313.jpg


[PR]
トラックバックURL : https://misakichi4.exblog.jp/tb/28318220
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2018-05-18 00:15 | Shakespeare | Trackback | Comments(0)

50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモや日々のあれこれ。2018年から「仮想定規」メンバー。2018年エジンバラフリンジに参加しました。Member of KASO JOGI. Perform at 2018 Edinburgh Festival Fringe.


by sk_miyuki