緑内障予防も歩くのが大事?

かかりつけの眼科定期健診。
以前から緑内障の疑いがあるってことで寝る前に目薬をさしている。
今日も眼圧や視力の検査。
視力はぼやけながらも眼鏡をかければ1.0前後。
もちろん眼鏡なしだとほとんど見えない。
今日は目の画像撮影もあって
検査のあとの診察では
「今日はちょっと違う検査をしてみました」
ということだったらしい。
「網膜の厚さは生まれたときは100なんですが、
上74、下42ですから、やはり薄くなっていますね。」
え?!それかなりやばいんじゃないですか?
「まだ悪化しているとか悪い病気とかではないです。」
「そういえばこの頃目が痛かったり、光るギザギザが見えたりするんですけど。」
「じゃあ、念のために瞳孔を開いてみてみましょう」
目薬をさして待つこと10分。
「悪い病気ではありませんね。」
「血圧が高かったりしますか?」
「はい。降圧剤を飲んでいます。」
「そうですか。血圧の高い人は血流が悪くなっている傾向があります。首の後ろあたりが。」
「はぁ。血流が。」
「目薬をもう1種類増やして様子をみましょう。」
ということになった。

で、薬局で薬をもらうときに
「血流が悪いって言われたんですけど。」
「そうですか。足を使うのがいいですよ。特にふくらはぎですね。」
「はぁ。」
「お散歩が一番いいですよ。」

ですよね~。
最近パソコンやタブレット見てる時間が長いしな~。

b0131968_17471166.jpg



いろいろ検索したらやっぱり生活習慣の改善とかって書いてある。
現代人がいつもやってるうつむき姿勢もよくない。そりゃそうだろうね。

某眼科ドクターが
「『目は心の窓』とは良い言葉ですが『目は体の窓』ですね。」と書いてらしてなるほどと思った。








にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]
トラックバックURL : https://misakichi4.exblog.jp/tb/28331601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2018-05-25 17:58 | 健康 | Trackback | Comments(0)

50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモや日々のあれこれ。2018年から「仮想定規」メンバー。2018年エジンバラフリンジに参加しました。Member of KASO JOGI. Perform at 2018 Edinburgh Festival Fringe.


by sk_miyuki