「亀と観覧車」:脚本・演出 佃典彦

佃さん脚本・演出の「亀と観覧車」を下北沢で観てきました。
終演後佃さんにもちらっとごあいさつできました。
原作は読んでいないのですが、大いに興味をひかれるストーリーでした。

不幸を一人で背負っているかのような女子高生と孤独な初老の男との交流が生々しく、明るいエロティシズムで、なにより佃さんらしい明るいユーモアで描かれています。筋だけだとどんだけ暗いんだという話がこれだけカラッと痛々しくなく、共感すら覚えさせる手腕。
私が観た回は安川さんだったのかな、軽やかな熱演で良かった。
何役もを早変わりで演じる小宮さんがすごかった。どの役を演じても生々しく、でもいやらしくない。
この小宮さんの早変わりを手伝ったり、時折ちょろっと登場していたのが夏八木さんなのかな。
って、出演者のことが気になりだして検索したら、こんなインタビューが見つかりました。
なんと夏八木さん、これが初舞台ですと!
実は舞台の下で小宮さんの早替えを手伝ったり、小道具を出し入れしているときから、席が彼女を見やすい位置だったというのもあるのですが、妙に気になっていました。男子高校生役で舞台上に登場したときはセクシーな女優さんだと思いました。
このインタビューでの彼女の言葉もいいですね。
出演者と演出の佃さんの4人のインタビューで、読めてよかったです。


b0131968_12163832.jpg

小宮孝泰プロデュースvol.8「亀と観覧車」
原作: 樋口有介(中央公論新社)
脚本/ 演出:佃 典彦( 劇団B 級遊撃隊 主宰)
劇場:小劇場「楽園」(下北沢)
料金:前売り3800円/当日4000円/通し券6,000円 (日時指定自由席)
出演:小宮孝泰
夏八木映美子※
安川里奈※
※=ダブルキャスト
公演期間:2018 年6月22日(金)~7月1日(日
★タイムテーブル
6/22 (金)19:30
6/23 (土)14:00/18:00

6/24 (日)14:00
6/25 (月)19:30
6/26 (火)19:30
6/27 (水)14:00/19:30
6/28 (木)14:00/19:30
6/29 (金)19:30
6/30 (土)14:00/18:00
7/1 (日)14:00
※開場は開演の30分前。未就学児入場不可。
一般発売日:4月21日(土)
情報解禁日:2018年1月5日(金)
プレイガイド:ぴあ、イープラス、他
お問い合わせ(SETインフォメーション):03-6433-1669(平日11時~18時)



この公演のチラシの中にこんなお知らせがあって、これも妙に気になります。

b0131968_12352431.jpg
終演後は仮想定規ファミリーとしゅうさんにも会えました。

b0131968_12165913.jpg




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]
トラックバックURL : https://misakichi4.exblog.jp/tb/28408453
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by sk_miyuki | 2018-06-27 12:55 | Trackback | Comments(0)

50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモや日々のあれこれ。2018年から「仮想定規」メンバー。2018年エジンバラフリンジに参加しました。Member of KASO JOGI. Perform at 2018 Edinburgh Festival Fringe.


by sk_miyuki