カテゴリ:読み聞かせ( 5 )

高学年の読み聞かせ:「魔女がいっぱい」ロアルド・ダール

今日は5年生の読み聞かせ。
昨年度は低学年が多かったけど今年度は高学年もそこそこ入っています。
小学生は1年生と6年生では全然違うから面白い。
子供ってほんとすごいね、成長が早くて。
大人になると6年たったってちーっとも成長してないように感じるけどね。

去年は読み聞かせがある日は毎回全学年対象だったんだけど、今年度は低学年の回と高学年の回がある。

で、今日はこれ。
私はかなり前からロアルド・ダールが大好きで、「あなたに似た人」をはじめとしたちょっと怖い短編がお気に入りだったのですが、子供が生まれてからは子供向けの絵本にはまって寝る前に読み聞かせていました。
時に「怖いからやめて。」と言われても。
子供たちは「ママも魔女なの?」
と聞いてきましたが、長いこと答えをあいまいにして「さぁ、どうかしら?」なんて言ってたものだから、ちょっと不安がらせていたみたいです、後から聞くと。←良いママはマネしちゃいけません。

長いお話なので15分にはもちろんおさまらないので、今日はロアルド・ダールの紹介のつもりで初めから時間までいけるところまで読みました。
絵も少ないので、どうかな~?と少し心配だったのですが、みんなとても集中してよく聞いてくれました。
ところどころで心配そうにざわめきながら。
読み終わって教室を出ると、教室の中から担任の先生に話しかける声が聞こえました。
「先生は魔女じゃないよね?」
「先生は男だから魔女じゃないよ。」
ですって。ちゃんと聞いててくれたのね。

読み始める前に映画になったいくつかの作品のことを聞いてみると、「チャーリーとチョコレート工場」は知っている子が多く、「BFG]のことを教えてくれた子もいました。

在職時代にはこの「魔女がいっぱい」の英語版「Witches」を選択授業などで少しだけ読んだこともありました。
後になって、在学中は英語になんて興味ないって顔してた当時はちょこっとワルぶっていた男の子から、卒業してずいぶんたってから「『ロアルド・ダール』読みました。」なんて言われてうれしかったり。

ロアルド・ダールのひねりは私のツボで、子供をこの世から消すことが使命、っていう魔女たちや、とんでもなくおバカな大人たちや、その大人たちをコテンパンにやっつけちゃう子供たち、優しい巨人、などなど、奇想天外でちーとも教育的なんかじゃないところがお気に入り。
って、やっぱり自分が好きなものしか読んでないなぁ。

b0131968_19042414.jpg


b0131968_19044447.jpg



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-19 19:30 | 読み聞かせ | Trackback | Comments(0)

2018年度初読み聞かせ:じごくに行ったことある人?!

2017年度から始めた孫の小学校での読み聞かせ活動、2年目が始まりました。
お世話係さんも新しくなり、新メンバーも加わっての顔合わせと写真撮影もありました。
今年度は全学年がすべて一斉に読み聞かせの時間を持つのは少なくなったようで、低学年と高学年に分かれてどちらかになる日が増えました。
今回は全学年一斉です。
1年間のうち1度だけ自分の子供や孫のクラスに行けるようで、今日がその日でした。
去年も読み聞かせだけでなく授業参観やら学校行事やらお迎えやらでなにかと小学校に行く機会が増えたおかげで顔を覚えてくれる子供たちも増え、教室に顔をのぞかせただけで
「〇〇のおばぁちゃんだ!」
と口々に言ってくれます。

今日読んだのはこれ。

b0131968_14063751.jpg

実は去年もいくつかのクラスで読んだのですが孫のクラスでは違う本だったので。
時間配分もわかってきたので、読み始める前に
「じごくって知ってる?」
と聞いてみると
「しってるー!」の声しきり。
「行ったことあるひとー?」
なんて聞いてみたら
なんと複数の子が
「夢で行ったー!」
と言うではありませんか!
「えー!どんなところだったの?」
と聞くと、手がたくさん上がって
「はい、どうぞ。」
に、出るわ、出るわ。
「えんまさまがいた。」
「閻魔様に人が食べられてた。」
「人が死んでた。」
「マグマがあった。」
「釜に人が入ってた。」
などなど、読み聞かせの時間が足りなくなるいきおいでした。

読み始めると子供たちは
ほんとうに「お目目キラキラ」
口あんぐり
大笑い。

もうね、これ、ほんと、たまりませんわ。
メンバーの自己紹介の時も
「自分のためにやってます。」
「自分の楽しみです。」
と、自分の子供が卒業してからも長く続けている方々が言っていました。
「自分の心が浄化される瞬間です。」
と言った人も複数。


自分の反省としてはいろいろあるのですが、ありがたい機会が今年もいただけてうれしい限りです。





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-05-30 14:28 | 読み聞かせ | Trackback | Comments(0)

読み聞かせ今年度最終日

2017年の4月から始めた小学校での読み聞かせ、今日で今年度は最後でした。

担当は2年生で今日は
「おしゃべりなたまごやき」

子どもたちが小さい時の本なのでところどころ汚れているのですが、こんなふうにまた読めるなんてうれしいことです。

今日も子どもたちは
「知ってるー!」
「王さまー!」
「たまごー!」
なんて言いながら、聞いてくれました。

来年度も継続することにしました。


b0131968_15563897.jpg




にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]

by sk_miyuki | 2018-02-27 23:36 | 読み聞かせ | Trackback | Comments(0)

読み聞かせ:後期が始まりました。

小学校の読み聞かせ、後期が始まりました。
なんだか急に秋を通り越して冬になったかのように寒くなりましたが
子どもたちは元気です。

今日読んだのはこれ。
b0131968_12432661.jpg
この「じごくのそうべえ」は上方落語『地獄八景亡者戯』をもとにしていますが、ことばのリズムが楽しく、絵がまた素敵で読んでいる方もワクワクする絵本です。

今日は低学年でしたが、表紙を見せただけで「わぁ~」「こわいの~?」「しってる~。エンマ大王!」
読み始めると
口あんぐり、目ぇまん丸、大きな口を開けて大笑い、きゃぁきゃぁ、ケラケラ。

あ~、観客のこの素直な反応、たまりません。

読み終わると
「おもしろかった~!」
と最高の賛辞。

こちらのほうがほんとにほんとにありがとう、です。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]

by sk_miyuki | 2017-10-17 12:51 | 読み聞かせ | Trackback | Comments(0)

読み聞かせ始めました。

近頃小学校では「読み聞かせ活動」なるものがあるそうで、そのボランティアの募集があり、今年から参加することにしました。
子どもたちが学校に通っていたころはとにかくこちらも仕事との両立で余裕もなく、そのような活動もなかったようですが、今ならできるかなと応募しました。

先日
28人の小さな観客のワクワクキラキラお目目に迎えられてデビューしました。
「私のこと知ってる人~?」
「○○のお話知ってる人~?」
「これはなぁに~?」
に、
「はーい!」
「知ってるー!」
「だって、・・・じゃぁん!」
と元気いっぱいの反応。
そして要所要所に素敵な笑顔と笑い声。
素晴らしい観客さんたちのおかげでこちらが幸せな気持ちになりました。
ありがとう!楽しみが増えました。

これからいろいろなクラスを回るので、本を選ぶのも楽しみです。

思えば子育て中も寝る前の本読みだけはまったく苦になりませんでしたが、あれは自分が好きな本を好きなように読んでいたわけで子どもたちのほうが付き合ってくれていたのかもしれません。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]

by sk_miyuki | 2017-05-31 15:59 | 読み聞かせ | Trackback | Comments(0)