<   2018年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

眼科定期健診とぜいたくそうめん

いつもの眼科の定期健診。
ところで今日で関東・甲信越は梅雨が明けたらしい。
すごい日差し。
今日は稽古の前に作業に行くつもりだったんだけど、今朝またちょっと右脚の調子が悪く、炎天下の長距離歩行は不安なので別の形のお手伝いにしてもらった。

視力は左が見えにくくて眼鏡をかけて右1.0、左0.9
診察では特に変わりないのでいつものタプロスと前回から増えたアイファガン。

b0131968_15072038.jpg
薬局で処方してもらって、3本ずつで4000円以上。
「目薬ってお高いですよね?」
と言ってみたら
「後続の薬が出ると下がるのですが、これはまだしばらくこのままだと思います。」
とのこと。

帰り道で、今日のランチ「ぜいたくそうめん」の看板にひかれて、ついふらふら~とはいってしまった。

b0131968_15070803.jpg

トマトとかつおだしのそうめん。
総菜の味付けもエスニック。
ボランティアさんたちで運営しているカフェ。
デザートの柑橘のゼリーも涼やかでした。





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-29 15:16 | 健康 | Trackback | Comments(0)

DEMPA MANPO

なぜか、また歩数計を買ってしまった。
あらま、前回買ってからまだ1年も経ってなかった。
スマートブレスレットやらスマートウォッチやらも見たんだけど、そんなにやたら機能はいらないし、だいたい字がちっこくて見にくいし、基本的な機能だけでいいし。今回は旅行に行くのになんか安い腕時計買おうかな、そんなら歩数計も一緒でいっか、という安易なことでした。わざわざ歩数計持ってくのもなんだし。
しっかし、今回の旅行は歩数が増えそうだなぁ。ここ数か月ジムにも行かず、ウォーキングもろくにしてないから、体力落ちてるしぃ。ちょっと心配。7月はがっつり稽古があるから稽古しながら体力つけるしかないか。

ところで、一緒に行ったオットがsurfaceを衝動買いした。
そこでオニィさんがいろいろ説明してくれたんだけど、弁舌さわやか立て板に水。私も2か月前にLENOVOを買ったんでついでにちょいちょい質問したらそれにもていねいに答えてくれて参考になった。








b0131968_22061352.jpg





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-28 22:37 | 健康 | Trackback | Comments(0)

「亀と観覧車」:脚本・演出 佃典彦

佃さん脚本・演出の「亀と観覧車」を下北沢で観てきました。
終演後佃さんにもちらっとごあいさつできました。
原作は読んでいないのですが、大いに興味をひかれるストーリーでした。

不幸を一人で背負っているかのような女子高生と孤独な初老の男との交流が生々しく、明るいエロティシズムで、なにより佃さんらしい明るいユーモアで描かれています。筋だけだとどんだけ暗いんだという話がこれだけカラッと痛々しくなく、共感すら覚えさせる手腕。
私が観た回は安川さんだったのかな、軽やかな熱演で良かった。
何役もを早変わりで演じる小宮さんがすごかった。どの役を演じても生々しく、でもいやらしくない。
この小宮さんの早変わりを手伝ったり、時折ちょろっと登場していたのが夏八木さんなのかな。
って、出演者のことが気になりだして検索したら、こんなインタビューが見つかりました。
なんと夏八木さん、これが初舞台ですと!
実は舞台の下で小宮さんの早替えを手伝ったり、小道具を出し入れしているときから、席が彼女を見やすい位置だったというのもあるのですが、妙に気になっていました。男子高校生役で舞台上に登場したときはセクシーな女優さんだと思いました。
このインタビューでの彼女の言葉もいいですね。
出演者と演出の佃さんの4人のインタビューで、読めてよかったです。


b0131968_12163832.jpg

小宮孝泰プロデュースvol.8「亀と観覧車」
原作: 樋口有介(中央公論新社)
脚本/ 演出:佃 典彦( 劇団B 級遊撃隊 主宰)
劇場:小劇場「楽園」(下北沢)
料金:前売り3800円/当日4000円/通し券6,000円 (日時指定自由席)
出演:小宮孝泰
夏八木映美子※
安川里奈※
※=ダブルキャスト
公演期間:2018 年6月22日(金)~7月1日(日
★タイムテーブル
6/22 (金)19:30
6/23 (土)14:00/18:00

6/24 (日)14:00
6/25 (月)19:30
6/26 (火)19:30
6/27 (水)14:00/19:30
6/28 (木)14:00/19:30
6/29 (金)19:30
6/30 (土)14:00/18:00
7/1 (日)14:00
※開場は開演の30分前。未就学児入場不可。
一般発売日:4月21日(土)
情報解禁日:2018年1月5日(金)
プレイガイド:ぴあ、イープラス、他
お問い合わせ(SETインフォメーション):03-6433-1669(平日11時~18時)



この公演のチラシの中にこんなお知らせがあって、これも妙に気になります。

b0131968_12352431.jpg
終演後は仮想定規ファミリーとしゅうさんにも会えました。

b0131968_12165913.jpg




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-27 12:55 | Trackback | Comments(0)

仮想定規合唱部(KASO JOGI Team Chorus )募集

歌と言えば、なんと!
仮想定規が合唱部を募集します。
以下、仮想定規のFacebookより詳細です。

b0131968_23322319.jpg

仮想定規合唱部(KASO JOGI Team Chorus )募集

・年齢不問
・経験不問
・国籍不問

「学生時代にコーラス部だった」「大きな声で歌ってみたい」「楽譜読めないけど…」

大丈夫です!

この度発足する新しい合唱部は全て1からスタート、初心者には音譜の読み方からレクチャーします。
そして、経験者の方にもこれまでにない音楽体験となります!!

仮想定規は国内外で活躍するミュージカル集団です。
全編オリジナルの楽曲を使用し、作曲家ほんだまことの創るその独特な旋律は高い評価を受けています。

合唱部では既成の楽曲ではなく、オリジナルの書き下ろし曲を歌っていただきます。

指揮は仮想定規の作、演出家でもあり演劇ワークショップ講師として全国で音楽指導やリズム指導を行っている青木砂織がつとめます。

ロングドレスや白いブラウスで歌うこれまでのコーラスではありません

皆様の声をミュージカル作品の屋台骨として、これまでに見たこともない、聞いたこともない、そして経験したこともない合唱のあり方を一緒に模索してみませんか?

あなたの歌声を待っています。

稽古:月に3~5回(海外ツアー中はおやすみ、曜日はランダム)
時間:18:00~22:00
場所:東京都世田谷区内
参加費:1000円/月(稽古場代)
*おやすみされる月は必要ありません。
発表会:年一回

お問い合わせ先
kasoujyougi@gmail.com

どしどしお問い合わせください、ご応募お待ちしております。

仮想定規


引用、以上。

と、言うことで、ちょっと興味ある、という方はこのブログへのコメントや以下の仮想定規HPお問い合わせフォームでどうぞ。








にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-26 23:33 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ボイトレ&歌声サークル初参加

地味に気が向いたときにアメブロも更新しているのですが、このアメブロで(自分が勝手に)再会した川島由美さんのボイストレーニング歌声サークルに初参加してきました。

こちらのボイトレ&歌声サークルに初参加してきました!

実は講師の川島由美さんとは2010年あたりの三島ワークショップでご一緒していたんです。

その時はものすごく歌が上手い人だなぁと思って印象に残っていました。

その後数年してこちらのアメブロを自分も始めてから、偶然由美さんのブログを見つけて、ソプラノ歌手で、ボイストレーナーで多方面の音楽活動をしていらっしゃることを知って陰ながらすごいなぁと思っていました。そうしたらまたまたつい最近、町田市民フォーラムでボイトレサークルをなさっていることを知り(シェイクスピアの読書会で使っている会場なので親近感)、今回初という会場の時にようやく日程が合う日があって行ってきました。

いやぁ、素晴らしいご指導で楽しく声を出すことが出来ました。

なにしろ、歌うことにはコンプレックスだらけなので。歌うことは好きなのですが、自分に合った音域の歌じゃないと気持ちよく歌えない。

呼吸法や発声法もみっちり教えていただいて、なつかしい歌も歌えて、充実した2時間でした。

これからしばらくは公演が続いてあまり行けないのですが、落ち着いたらまたぜひ参加したいと思います。


アメブロ版「演劇生活しちゃってます。」


アメブロはリブログも出来るので由美さんのブログをリブログしています。




b0131968_23180260.jpg






にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-26 23:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

高学年の読み聞かせ:「魔女がいっぱい」ロアルド・ダール

今日は5年生の読み聞かせ。
昨年度は低学年が多かったけど今年度は高学年もそこそこ入っています。
小学生は1年生と6年生では全然違うから面白い。
子供ってほんとすごいね、成長が早くて。
大人になると6年たったってちーっとも成長してないように感じるけどね。

去年は読み聞かせがある日は毎回全学年対象だったんだけど、今年度は低学年の回と高学年の回がある。

で、今日はこれ。
私はかなり前からロアルド・ダールが大好きで、「あなたに似た人」をはじめとしたちょっと怖い短編がお気に入りだったのですが、子供が生まれてからは子供向けの絵本にはまって寝る前に読み聞かせていました。
時に「怖いからやめて。」と言われても。
子供たちは「ママも魔女なの?」
と聞いてきましたが、長いこと答えをあいまいにして「さぁ、どうかしら?」なんて言ってたものだから、ちょっと不安がらせていたみたいです、後から聞くと。←良いママはマネしちゃいけません。

長いお話なので15分にはもちろんおさまらないので、今日はロアルド・ダールの紹介のつもりで初めから時間までいけるところまで読みました。
絵も少ないので、どうかな~?と少し心配だったのですが、みんなとても集中してよく聞いてくれました。
ところどころで心配そうにざわめきながら。
読み終わって教室を出ると、教室の中から担任の先生に話しかける声が聞こえました。
「先生は魔女じゃないよね?」
「先生は男だから魔女じゃないよ。」
ですって。ちゃんと聞いててくれたのね。

読み始める前に映画になったいくつかの作品のことを聞いてみると、「チャーリーとチョコレート工場」は知っている子が多く、「BFG]のことを教えてくれた子もいました。

在職時代にはこの「魔女がいっぱい」の英語版「Witches」を選択授業などで少しだけ読んだこともありました。
後になって、在学中は英語になんて興味ないって顔してた当時はちょこっとワルぶっていた男の子から、卒業してずいぶんたってから「『ロアルド・ダール』読みました。」なんて言われてうれしかったり。

ロアルド・ダールのひねりは私のツボで、子供をこの世から消すことが使命、っていう魔女たちや、とんでもなくおバカな大人たちや、その大人たちをコテンパンにやっつけちゃう子供たち、優しい巨人、などなど、奇想天外でちーとも教育的なんかじゃないところがお気に入り。
って、やっぱり自分が好きなものしか読んでないなぁ。

b0131968_19042414.jpg


b0131968_19044447.jpg



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-19 19:30 | 読み聞かせ | Trackback | Comments(0)

夏アレルギー?の季節

降圧剤がなくなりそうなのでかかりつけの内科へ。
血圧は 124-72
いい数値だわ。
薬は今まで通りユニシア。
ま、夏はそう上がらないらしい。

そこの内科は皮膚科もあつのでついでにそちらも。
もう1か月以上も後頭部のかゆみが気にはなっていたんだけど放置していたけど、なかなか治らないので。
塗り薬とアレルギーの飲み薬も。
気温が上がってくると汗をかいたところがすぐに赤くなってかゆくなる。
これも一種の「蕁麻疹」だそうで、飲み薬は花粉アレルギーのと同じだそうだ。

自分では勝手に「夏アレルギー」と思っているんだけど、汗をかかないというわけにもいかないしね。

てな、同じようなことを2010年、8年前にも書いていたのを発見。
なーんか早いわね、月日のたつのが。







にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-19 18:44 | 健康 | Trackback | Comments(0)

江の島で:Passed Through the GATEs in Enoshima

梅雨の晴れ間の先週の金曜日、久しぶりに江の島に行ってきました。
その前日の木曜日は仮想定規の稽古があり、エジンバラフリンジでの参加作品「The Gate」の台本をいただきました。
と、言うことでGATEをくぐりたくなったのでした。
その日はとても暑くて風が強く、持って行った日傘が役に立たなくて駅前で麦わら帽子を買いました。
麦わら帽子をかぶるのも何十年ぶり?
江島神社にはいろいろな鳥居GATESがあります。
いまさら検索したらたくさんパワースポットがあるようで、私は何の予備知識もなくのほほんと参道を登ったのでした(苦笑)こんなんじゃご利益は期待できませんが、基本私は神様にやたらお願いしても神様もたいへんでしょうし、ただ無事に生かしていただくだけでありがたいと思っております。
最近すっかり運動をさぼっているので岩屋までの階段の上り下りもいい運動になりました。
画像はすべてオットが撮ってくれたものです。ありがとさんです。
ちゃんと順番を付けてくれたのに、どれがどれだかわからなくなったのでかなりランダムですが(苦笑)。

b0131968_21232819.jpg


b0131968_21243729.jpg

b0131968_21252822.jpg

b0131968_21240776.jpg

b0131968_21263477.jpg

b0131968_21271723.jpg

b0131968_21282111.jpg


b0131968_21275059.jpg


b0131968_21285252.jpg

b0131968_21320215.jpg

b0131968_21312714.jpg






にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-15 23:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

6月の観劇メモ

オフィス300 40周年記念公演 『肉の海』

6月7日(木)〜17日(日) 本多劇場
シェイクスピア・カンパニー「アイヌ旺征露」

『ニンゲンご破算』








にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-14 17:26 | 観劇 | Trackback | Comments(0)

第69回全国植樹祭:「あどけない話のその向こう」

6月10日に福島県南相馬市で開催された第69回全国植樹祭が生中継されていました。天皇皇后両陛下の最後のご参加ということで大きくとりあげられたようです。
その中で福島県内の高校生130人が参加したミュージカル「あどけない話のその向こう」が披露されましたが、その構成と音楽を担当したのが仮想定規の青木砂織とほんだまことです。
作・演出は福島の高校の先生で劇団ユニット・ラビッツの主宰でもある佐藤茂紀さん。シゲさんとは何度かお会いしたことがあります。

このミュージカルではモチーフとして高村光太郎の「あどけない話」の中の有名な詩「智恵子は東京には空がないと言う」が何度もリフレインされています。
声高でなく、きれいごとでもなく、「空がなくなった」現実をストレートに伝える、高校生たちの生き生きとした躍動的な表現が爽快でした。
衣装は仮想定規でもおなじみの竹内陽子さんで、カラフルで活動的で素敵だった。
女子と男子の衣装が男女別に分かれていないところがさすがだと思った。

この時の映像からオットが抽出して編集してくれた画像を10枚、仮想定規のブログにアップしました。

b0131968_00445617.jpg



b0131968_00454631.jpg


b0131968_00462175.jpg









にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 役者へにほんブログ村 演劇・ダンスブログへ


[PR]

by sk_miyuki | 2018-06-12 00:48 | 仮想定規 | Trackback | Comments(0)