第9回 猫・ねこ 写真展 Part 1:本日最終日です。

「猫・ねこ展」は今日までです。
最終日なので5時までだそうです。

第9回 猫・ねこ 写真展 Part 1
出展者:
 荒木絢子、漆山俊樹、阪口智聡、小滝卓央、島村恵美
 新谷祐樹、先崎多栄子、三谷育生、やすえひでのり
日程:
 2018年2月9日(金)から2月18日(日)
時間:
 11:00~18:00(最終日は17:00)
会場:
 Art Gallery 山手 横浜市中区山手100 サンセット山手1F TEL 045-628-0267
 みなとみらい線元町・中華街駅5番出口から徒歩3分の谷戸坂途中





にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-02-18 14:17 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」:チーム稽古&衣装合わせ

先週末連続3日間の全体稽古を経ての最後のチーム稽古。
そして衣装チェック。
撮影したい気持ちをぐっとガマン。
だって、みなさん、すごいんですもの。
特に女性は真っ赤や紫色のドレスあり、真紅のサリーあり、お花の髪飾りあり、レース、ひらひらの可愛らしいドレスあり、でそれはそれは華やかでカラフル。
今までも衣装はつけていましたから
「あら、素敵!」
「まぁ、かわいい!」
「自分で作ったのよ。」
「実はオペラを少々。」
「社交ダンスをしているの。」
「〇年前にね・・・。」
と、あちこちで話がはずんでいました。

(楽器を演奏するチームもあるのですが、全体稽古では、ギターや、オカリナ、三味線にチンドン太鼓などなどが登場してにぎやかでした。)

最後のチーム稽古とあって熱も一層上がってきました。

b0131968_17530492.jpg

そして、稽古には必ずたくさんのスタッフさん、若い俳優さんたちがついてしっかりサポートしてくださっています。
劇団はえぎわやネクストシアターのみなさんを中心にした俳優さんたちですが、実は彼ら彼女らに会うのがシニアたちの密かな楽しみになっています。(私だけじゃないよね?)
あちこちで
「あら、あの声の大きい人は今日はどうしたのかしら?」
「あら、今日は〇〇さんがいないのね。」
「あー、いたいた、ほら、○○くん」
と、朝一番に探していますもの。

スタッフさんたちのサポートもかゆいところに手が届く素晴らしさ。
本人は大丈夫なつもりでも、足腰はそりゃあ若い時のようにはいかない出演者のために、段差にはさっと小さなステップを作ってくださっていたりするんですよ。

たくさんのたくさんの人たちに支えられての成果発表会は2月24日(土)と25日(日)です。
私は24日(土)に出演します。
入場招待券の応募はもう締め切られています。







にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-02-17 18:15 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

第9回猫・ねこ写真展@Art Gallery山手

夫が写真、娘がチョークアートのマグネットを出展しています。


さまざまな視点で撮った

かわいい猫ちゃんがいっぱいです。


「Art Gallery山手」は元町も中華街もすぐそばで横浜散策に最適な場所にあります。

18日まで。




オットのブログリンクです。



b0131968_15200275.jpg

b0131968_15191003.jpg

b0131968_15193111.jpg


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-02-15 15:23 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」全体稽古②と「あるある?!」

「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」
先週末は彩の国さいたま芸術劇場大ホールで2度目の全体稽古。
それがなんと3日間連続でした。
毎回稽古の始まりにノゾエさんがごあいさつされるのですが、
客席に座る400人強の参加者をごらんになっては
「みなさん、今日もよくいらしてくださいました。」
と感無量のお声で話されます。
ポツリポツリと辞退される方が出ていて、それはご本人のご健康だったりご家族の介護だったりするようで
「こうしてみなさんが集まるだけでも奇跡のようなことなんですね。」
と話されます。
「だからこそ、どこにもない演劇をみなさんとスタッフで良いものにしたいと思います。」
とも。

芝居の中で個々の出演者の経験などを語る場面もあるのですが、ほんの数行にも胸をつくような言葉があり、ノゾエさんやそこにいる一同が静まり返ることもしばしばです。


で、
今回の本番での席は80プラスのおねぇさまがたとご一緒なのですが、みなさんとってもチャーミング。
ある日の短い休憩中の話題は

「最近は死ぬ人が多くて火葬が間に合わないんですって。」
「わたくしの知人は亡くなってから10日も待ったのよ。」
「他所へ回されることもあるのよね。」
「近所のマンションをこっそり冷凍した遺体の安置所にしてたのがバレて大騒ぎになったのよ。」
「冷凍にすると重ねてたくさん置けますものね。」
「空いてる時に死なないとたいへん。」

「予約するわけにもいかないし。」
「ほんと、オチオチ死ねないわね。」
「オホホホホ。」

と、実に楽しげにこの話題に興じてらしたのでした。

老人小娘の私としては返答に困るのですが、おねぇさまがたの

「もういつ死ぬかわからないんだから、楽しまなくちゃね。」

と、嬉々として演劇に取り組む姿にいつも励まされています。


にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ


[PR]
# by sk_miyuki | 2018-02-15 14:53 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」:チーム稽古

「ノゾエ征爾演劇ワークショップ2018」
先週末の大ホールでの全体稽古を受けての小グループ稽古。
私は2回お休みしたのでチーム稽古は3回目。
全体の流れが少し見えて来たのでチーム稽古にも力が入ります。
少しずつ台本を離す人も出てきました。
なにしろ100人以上だから一人一人の台詞はごく短いのですが、ノゾエさんの演出が入るとぐっと違ってくるのがさすがです。
演劇なんて今まで縁がなかったという人も多いのですが、この前も書きましたが演劇には人を元気にする力がありますね。
それにつけても「相手の台詞を聞く」ことの難しさを目の当たりにします。
演劇の場合は台詞ですが、人の話を「本当の意味で」聞くというのは難しい。
1人の台詞が一言ずつ割り当てられているからそれを一人の役にしていくのもたいへん。
なんなら段差を上ってセンターまで出ていくタイミングだってたいへん。人によって全然違うし。
あー、走ったらあぶない!とサポートの若い俳優さんたちもハラハラ・・・?
芝居をしている人から見たら考えられない間があったり、タイミングがはげしくズレたり・・・は当然あるのですが、でも、何だか、いいんじゃん、って思える。だって生きてるといろいろあるじゃん、思うようにならないし、自分がやってるつもりでもそうは見えなかったり、芝居的にはNGかもしれないけどなんか、いいじゃん、と思ってしまう。
「みなさんのしたいようにたっぷり大きく、大きな声で元気にやってください。」
というノゾエさんの言葉が、
「みなさん、それぞれそのままでいいんです。」
と言われているようでうれしい。

劇中歌も数曲あって、この日も全体で歌う曲が新たに追加になりました。
「そろそろ台本を持たずに出来るといいですね。」とも。
こんな歌あったんだ、そういえばなんとなく聞いたことあるけど、という曲が多く(って、古すぎて知らなかったり)、人気ミュージカルの曲があったりで楽しい。

b0131968_15381014.jpg








にほんブログ村 演劇ブログ 劇団・役者・裏方へにほんブログ村 演劇ブログへ

[PR]
# by sk_miyuki | 2018-02-07 15:59 | 演劇あれこれ | Trackback | Comments(0)

早期退職して50歳から演劇生活中の阪口美由紀のブログ。稽古・公演・映像・観劇メモ。2017年からシェイクスピアの原語上演やシェイクスピアを原語で読む会にも関わっています。ぼちぼち始めたモノ減らしや健康のメモなども。年々物忘れ力が上がるので備忘録ブログです。


by sk_miyuki
プロフィールを見る